エチ研TOP
Home > 体験談 > 返済期限になっても金を返さなかった…
投稿:2016-08-24(水)11:21

返済期限になっても金を返さなかった男の妻子を拉致

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:65,195回)
名無しさん(20代)からの投稿

前回の話:借金苦の母と娘に非情なプレイ

40代の男が返済期日になっても返しにこない

連絡すると妻に言ってくれと言ってそのまま連絡途絶えた

その男の書類みた

妻と娘二人

妻は42才、娘は18才と16才

自宅に行け、金回収できそうにないなら三人拉致ってこい。それと誰か二人着いていけ

三人でその男の自宅に行った

すぐ乗り込もうとしたらまだ夕方だし娘がいないかも。もう少し様子みてみようと言った

俺少し焦ってた

家の前に車停めて様子みる

暫く待ってると制服姿の女の子二人きた

たぶん娘だな

男の自宅に入った

行くぞ

自宅前に車停めてチャイム押した

ドアが開く

母親がいた

一気に中まで入った

何ですか?と慌てた様子

事情説明した

母親は何も知らないと言う

娘二人はビクビクしてる

とりあえず事務所まできてもらおうか

嫌ですと抵抗した

二人の男が娘を捕まえ制服のまま手際よく縛った

いやあと叫ぶのでタオルで口塞ぐ

もう一人の娘も縛り口を塞いだ

『おとなしくついてくるならあんたは縛らないけど』

母親はうなずいた

娘二人はバタバタ暴れる

ひょい、ひょいと担いだ

ワゴン車に放りこむ

母親は素直に歩いて車に乗った

兄貴に電話して三人捕まえたと報告

そのまま倉庫に行け

倉庫に着いた

兄貴達はもういた

母親と娘二人を降ろして倉庫内に連れていった

娘二人を正座させる

兄貴が母親に何か話してる

いきなりバチンとビンタ

娘はびくっとなる

母親の服をビリビリ破いた

(また何かやるのか)

娘が立ち上がろうとしたので押さえつけた

『おとなしく見てろ』

母親は『いやあ、やめてください』と叫んでる

男二人で服破き下着も取った

四つん這いにして一人が口にちんぽ突っ込む

もう一人は後ろからまんこをいじる

『いやと言いながらここは濡れてきてるぞ』

ちんぽを出しまんこに入れた

娘は泣きながら見てる

兄貴『あんたの旦那が金返さないからこんなことになるんだよ』

聞こえないのか?

もう母親じゃなく女になってる

最初は嫌と言ってたのに自ら快楽に溺れてる

ちんぽを必死にしゃぶり腰も振ってる

『おおう、出る』

バックで突いてた男が言った

『うりゃあ』激しく突いた後奥に突っ込んだまま止まった

中で出したな

フェラしてた奴も口に出した

『飲め』

んっと飲んだ

『休んでんじゃねえぞ』

まんこにバイブ突っ込んだ

『ここも空いてるな』

アナルにもバイブ突っ込んだ

『ひいひい、ああん』

妹の口を塞いでるタオルを外した

『ママ、ママ』

口にちんぽ入れた

『んぐぐ』

兄貴『おい、やってるな』

『はあ』

兄貴『セックスはまずいからやめとけよ』

『やってしまうかも』

兄貴『まあやりたけりゃやれば』

妹が口を離して叫ぶ

『それだけはやめて』

『なんだ、処女か?』

『はい』

『お前は?』と姉に言った

こくんとうなずく

『お前も処女か、フェラは?』

またこくんとうなずく

なんだ、二人ともまだ未経験か

姉の方もタオルを外し他の奴がちんぽ入れた

二人並んで姉妹の口を犯す

口に出した

べっと吐き出す

姉の方も口に出してべっと吐き出した

母親を見た

男の上に乗り腰を振ってる

『ママを見てみろ』

姉妹が母親を見た

『狂ったように腰振ってるだろ。あれが本性だ』

『ママ・・・』泣きながら見てる

バケツと浣腸器もってきた

また浣腸するのか

水5回注入

暫く腰振ってたがぴたっと止まった

母親『あっ、出ちゃう』

まんこにちんぽ入れたままぶしゃ~と出した

母親『あああ』

びゅっ、びゅっと何回か出した

浣腸した男がアナルに突っ込んだ

母親『ひい、ああん、痛い』

やってるうちに声が変わる

母親『はあはあ、あああ、いいい』

二穴攻められて感じてる

母親『いく~』

母親は頭をのけぞらしいった

『ママは変態だな』

『あんなのママじゃない』

『お前もやるか?』

『いや、やめて』

妹のぱんつを脱がした

『嫌だ』

四つん這いにした

『やめてえ』

『処女だからな、まんこには入れない。ここに入れるわ』

アナルをさわった

『入る訳ないじゃん、やめて』

『ママは入ったぞ』

指をつばで濡らしアナルに入れた

『痛いって』

『おっやるのか?俺もやろう』

姉の方もぱんつを脱がされた

『嫌だやめて』

『やめてって言っても無駄だよ』

同じようにアナルに指を入れてる

二人ともぎゃ~ぎゃ~叫んでる

ちんぽを口に入れた

『つばで濡らさなきゃ痛いぞ』

ぺちょぺちょ舐める

姉の方も同じように

『同時に入れるか?』

『いいね』

ちんぽをアナルに当てる

『三つ数えるぞ、いち、に、さんっ』

ずぼっ・・・

『ぎゃ~』

入った

『痛い』『嫌だあ』

まんこみたいに滑りが悪い

やっぱきついな

腰を押さえてぱんぱん突いた

ぎゃ~ぎゃ~叫んでる

『けつだから中だしでいいやろ』

『そうだな』

ぱんぱん突いて中で出した

ちんぽ抜くと血と少し茶色いものが着いてる

綺麗にしろと言って口に入れた

泣きながら舐めてる

兄貴『お前もやるようになったな』

『はあ、もう慣れました』

『娘らにも浣腸するか?』

浣腸好きな男が言った

『浣腸好きですね』

『ああ』笑ってる

『浣腸は嫌だ』

『嫌と言う奴にするのがいいな』

バケツと浣腸器持ってきた

『ほら尻出せ』

尻を持ち上げる

『初めてだから、二回で許してやる』

姉に二回浣腸、妹にも二回浣腸

『お腹痛い』

『二人連れてこい』

母親を相手してた奴が言った

二人を母親のとこに連れていく

スカートだけ脱がした

姉の尻を母親の顔の上に持っていき足の方に向かす

妹の尻をお腹の上に乗せ姉と向かい合わせにした

『ほら二人抱きあえ』

二人が抱きあう

『もう出る・・・』

先に妹が出した

続けて姉が出した

母親の顔と腹に出す

母親『あああ』

『娘の出したやつ飲め』

そりゃ無茶だろ

ゴクゴクと飲んでる

すぐげぼっと吐いた

姉妹はグッタリしてる

浣腸好きの奴が母親とやりたいと言った

『俺尻が好きなんだ』

この男アナル専門か

母親を四つん這いにしてアナルにぶちこむ

母親『ああ、いい』

アナルでも感じるようになったみたい

妹の手を掴んだ

『何するの?』

『お前が出てきたとこに手入れろ』

ん?て顔

『まんこに手入れろって言ってんだよ』

『無理、無理』

ッチな広告