エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 去年まで兄だった姉に犯された話
投稿:2013-01-27(日)15:00

去年まで兄だった姉に犯された話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
埼玉県/るるぼさん(10代)からの投稿

俺は今中◯2年生で、姉は大学1年生。

姉と言っても、去年までは兄だった。

去年の11月、性転換手術の他に、豊胸手術や顔の整形手術、喉仏の切除や発生練習をしていたらしく、家に帰ってきたのは1月になってからだった。

恥ずかしいからという理由で、兄は手術後帰ってくるまで会わなかったので両親は泣いていた。

帰ってきた兄は別人だった。

長く腰まで届くのではというくらいある髪。

パッチリした二重になって顎も削られて丸くなった顔。

毛の1本もない腕と足。

小◯校の時から女性ホルモンを飲んでいたらしいが、ほとんど効果の無かった胸も巨乳になっていた。

俺はどう話しかければいいのか分からず1週間が過ぎた。

親が2人とも仕事で出張したある夜。

俺は次の日に朝練があったので21時頃からベッドに入っていた。

ベッドに入ってから10分くらい経ったころ、兄が俺の部屋に入ってきた。

普通の服なので風呂には入っていなかったのだろう。

俺は眠った振りをしていたが、ベッドの横で服を脱ぎ始める。

その脱ぐ姿だけでアソコは立ってしまっていた。

下着姿になり、用意していたらしい電マを股間に押しつけ、もう片方の手で乳首を愛撫していた。

「んっ……はぁん…」

必死で声を出すのを堪えていた。

3分ほどしてから

「あはぁっ!」

とイったような声がした。

そして下着を脱ぎ俺の布団を剥いだ。

俺のズボンとパンツを脱がして、

「ふふっ…こんなに大きくしちゃって」

と言いました。

それからベッドに上がって俺に跨りました。

そして俺のチンコにマンコを合わせ腰を下ろしました。

愛液のおかげですんなりと入っていきました。

姉が体を上下させる度にじゅぷ!じゅぷ!と音をたてながら愛液が結合部から滴り落ちていました。

上下にぶるんぶるん揺れるおっぱいの乳首を自分で摘んでいる姉。

そして姉の膣が急に締め付けてきたけど、そのあまりの締めの強さに俺は出してしまった。

姉が俺のベッドから降り、愛液や精液をティッシュで拭き取ってから部屋を出ていった。

これが俺の初体験です。

- 終わり -

ユーザー投票率:0.10%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-04-22
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-04-22 3回 7,592位
2019-04-21 3回 -
2019-04-20 4回 -
週間 23回 8,342位
月間 116回 8,333位
年間 2,232回 9,033位
累計 8,798回 7,281位
全話:11,323件

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR