エチ研TOP
Home > 体験談 > 寝ている彼女の娘に性的なイタズラ
投稿:2014-01-20(月)10:00

寝ている彼女の娘に性的なイタズラ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:5,016回)
名無しさんからの投稿

彼女の娘(亜美)に悪戯してる体験談をお話します。

俺(徹)45歳。

彼女の娘(亜美)1●歳。(ランドセルが可愛い)

一緒に暮らし始めて1年弱夏休みの夜、恐怖番組を見たせいで、亜美はビビりだから1人で寝れずに3人で寝た。

彼女は仕事疲れで、22時頃眠りに付いた。

夜中の1時頃、彼女はおおいびきで爆睡。

もちろん娘も爆睡。

まぶたをつついてもピクリともしない。

軽く腕からマッサージみたくしてみた…次第に足もマッサージみたくしていき、太ももまで…そしてパジャマの下から胸まで手を入れた。

軽く揉んでみたが反応なし。

彼女の様子を伺いながら娘のパジャマを捲り、少し膨らんだ胸を出した。

やんわり揉んで行くと、1人前に乳首がコリコリ。

むしゃぶりついてみた。

ほんのり

「う〜ぅん」

可愛いすぎる…。

昨日、2人でお菓子を買いに出掛けた。

マッサージしてやるといい、太ももを際どいとこまでマッサージした。

嫌がる素振りは無かった。

家に帰る頃は、際どいとこだけマッサージをしていた。

娘は、

「寒い」

と俺と彼女が寝る布団に潜り込んだ。

俺も眠かったので、布団に入った。

彼女が居るけど、太ももをマッサージしてみたが嫌がらない。

それどころか、際どいとこを俺がやり易いように肩幅に開いてくれた。

彼女が風呂に入った時に

「気持ちいいか?」

と聞くと頷いたので、イケナイ部分をマッサージしてみたが逃げない!どころかグショグショ!

「亜美…もっと気持ちよくしてやろうか?」

亜美が頷いた。

俺は、毛布を顔に被せズボンとパンツを一気に下げ激しく指を動かした。

何かを我慢するように身体に力が入った。

動きを辞めクンニしてやると…

「オシッコが出る!」

って…。

クンニを止め指でグショグショにしてやると、また身体に力が入り

「う〜ぅっ!」

って言い、力が抜けた。

ガキの癖にイッたようです。

「また、やってやろうか?」

と聞くと頷いたけど、

「母さんに黙っとくなら」

って言うと

「言わないからまた、やって♪」

今夜、またしてやる約束をした。

これから彼氏が出来るまでに調教が楽しみです。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告