エチ研TOP
Home > 体験談 > 彼女の家に行ったら風呂上がりのお母…
投稿:2014-11-10(月)07:00

彼女の家に行ったら風呂上がりのお母さんに遭遇した

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:8,059回)
名無しさんからの投稿

10年前の実体験談です。

19歳の誕生日を迎え、初めて彼女という存在を持ち、さらに初めて彼女の家に行った時の事。

日曜の午前11時頃、付き合って2週間目でまだ肉体の関係も無く、当然まだ童貞だった自分は、少しそんな期待をしつつ家の中へ。

その時は両親と彼女の弟&妹は外出中で、誰もいませんでした。

居間へ座り、

「ちょっと待ってて」

と言って、彼女は自分の部屋へ。

間取りは玄関から入り、すぐ前に姉妹弟の部屋、玄関左脇がトイレ、風呂、その前を通り居間へ。

ただ、風呂出入り口は居間にあるので、使用時は試着室のように、そこだけカーテンが引かさるようになってました。

自分は頭の中がボーっとして、テレビの音も聞こえないくらいに緊張して彼女を待ちました。

その時、ガチャっと目の前の扉が手前側に開きました。

湯煙がもうもうと立ち込める中、女の人の裸体が現れました。

まだ体中水滴だらけで、濡れた長めの髪をまとめる為に顔は下向きで、ゆっくりこちら側に1、2歩踏み出し、手探りでタオルを探していました。

そして、

「さっちゃ〜ん?さっちゃ〜ん!!」

と彼女を呼ぶ声。咄嗟に彼女の母親だと認識しました。

小柄な体つきで全体に余分な脂肪はあまり無く、ウエストは割と引き締まっていました。

それでも胸は充分に膨らみと張りがあり、少し前屈み気味だったため、その膨らみは何の恥ずかしげも無く前後左右に揺れ、存在感を誇示していました。

そして後ろ向きになり、しわもたるみもほとんど無い真っ白なお尻が突き出され、やがてタオルを手に取り、頭を上げました。

自分は声を掛ける事も出来ず、ただ目を見開き、

「今声を掛けなくても、彼氏(自分)が初めて尽くしで緊張していた等と言い訳出来るだろう。それよりも、恐らくこの先もう二度と遭遇する事が出来ないであろう出来事だ」

と瞬時に判断し、この状況を脳内HDDに記録し続けました。

その間、約15秒。

彼女の走る音が聞こえてきて

「お母さんっ!!」

と叫び、即座にカーテンを引く瞬間、自分に気づいた彼女の母親が大音量の悲鳴を上げました。

しばらくしてカーテンが開き、白い半袖シャツにラフなゴムのパンツ(ズボン)を穿いた母親が現れ、まるで何事も無かったかのように

「こんにちは」

と声を掛けてきました。

その後は彼女とも母親とも一切その話題は出てきません。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告