エチ研TOP
Home > 体験談 > 【輪姦】友達と海水浴に行って、お昼…
投稿:2016-02-27(土)03:25

【輪姦】友達と海水浴に行って、お昼を食べに県道沿いのアメリカンな感じのお店に入ったら店員たちに犯されてしまった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:30,151回)
名無しさんからの投稿

夏に海水浴に行った時、友だちと二人、犯されてしまいました。

昨年、大学で知り合った友だちと車で一時間半ほどの海に行った時の話です。

女子ばかり6人で車2台で海に行きました。

その夏、初めての海水浴で、みんな楽しみにしていて、新しい水着を持って行きました。

男友だちは誘わず、女子だけでしたから露出の多いセクシーなビキニで海辺の注目を浴びて良い気になっていたんです。

お昼になり、各自が好き勝手に昼食を取ることになり、私は特に仲の良かったアユミと水着のまま歩いて行ける、海辺のすぐ脇を走る県道沿いのアメリカンな感じのお店に入りました。

原色多用の、水着のブロンドギャルとトラボルタみたいなガイが描かれた看板に惹かれたのかも知れません。

店の表はテイクアウトのかき氷やソフトドリンク、フランクフルトソーセージなどが売られていて、幼い子供が親に連れられて買っていました。

ドアを入ると壁際などに観葉植物が置かれていて、一人ずつ歩くのがやっとでした。

中には円形のテーブルが三つ並んでいて、やはり丸い背もたれのない椅子がそれぞれ四つ置かれていました。

カウンターがありましたが、五脚ほどの椅子が置かれていただけでした。

店員らしき男子が四人と表で販売している男子が二人いました。

私たちはクーラーの下にある一番奥のテーブルにつきました。

アユミがトイレに行くと言って店員らしき男子にトイレの場所を聞いて、向かいました。

何故か男子二人が注文を取りに来たと思いましたが、次の瞬間、私はテーブルに上半身を押さえ付けられ、水着の下をアッサリと剥ぎ取られました。

私の背中に一人が乗ったような形で押さえられ、もう一人が私の股間を手で開くと、いきなり挿入されてしまいました。

左右の親指で膣口を開かれ、そのままチンコを入れられたのです。

ぐーぐぐぐという僅かな抵抗感はあったものの、男の力で奥まで入れられたのです。

男の力には敵わないという事でしょう。

その後、ゆっくり出し入れされているうちに、愚かにも私は感じてきてしまいました。

分からないように我慢していたつもりですが、マンコが潤ってしまったのか彼らに分かってしまったのです。

「おい、記念写真」

と私を貫く男が言うと、表にいた男たちがデジカメを構え、私の姿を連写し始めました。

店に入ってから、ここまで多分5分経っていないと思います。

トイレを流す音がしてドアが開き、閉まる音がした時、別の男二人がトイレに向かいました。

すぐに左右を固められたアユミが現れました。

そして私のテーブルに同じように押さえ付けられると、同じように水着を脱がされ股を開かされ、すぐにチンコを入れられたのが見えました。

思っていたより親指で膣口を開くのは簡単なんだと知りました。

親指で左右に広げて穴が見えたら、そこに宛がって力で突き進む、という感じでした。

やはり、じきにアユミは感じ始めました。

アユミの喘ぎ声が聞こえてきました。

クチャクチャとアユミのマンコから音がして、男は激しくアユミを突き刺し続けました。

このまま、輪姦されちゃうんだと覚悟しました。

6人か、あ〜ぁ。

「こっちも行っちゃう?」

と私を後ろから犯している男が私のアナルに指を入れてきました。

私はアナルの経験はなかったので焦りました。

「そこはやめて、お願いだから。まだ、したことない」

と頼むと

「初か」

と私のアナルの中を指で掻き回しました。

そして、おマンコを突きながら指で肛門を左右に広げて、

「結構開くぜ。行けそうだ」

と言うと

「行っちゃう?」

と仲間に聞き、仲間が

「お好きに」

と言ったのを聞いて私は

「ごめんなさい、本当に許して。変態になっちゃう」

と頼みましたが、おマンコから引き抜かれたソレを肛門に宛がうと一息に入れられました。

「おい、写真」

と男が言うと

「撮ってるよ」

と返事がありました。

私の頭の横からも

「さっきから動画、回してる」

と言われ、声がした方を見ると私の顔、表情を撮影するビデオカメラが目に入りました。

男が

「どっちに出すかな?」

と言うと仲間たちが

「マンコでしょ?ケツの穴で逝ったら笑われるよ」

と言い、

「そうだな」

とアナルから離れると再びマンコに入れ直して、今度は激しく突かれました。

マジ、中に出すつもりなのがわかりましたが、押さえられているので為す術がありません。

出された気がしました。

男は暫く私の中に留まり、チンコを奥に奥にと突きます。

やがて萎えたらしく、スポンとマンコから抜けて行きました。

私は次を心配しましたが、マンコを犯される事はなく、私を押さえ付けていた男に口を犯されました。

口に出されて飲むように言われ、飲まされました。

アユミも同じでした。

そして、記念写真だと言って私がしゃがんだ姿勢で膝を開き、私の左右に立った男と手を繋いでいる姿です。

もちろん、私は裸です。

確保された宇宙人の写真に似ています。

アユミも同じでした。

男の話では、この夏だけで私を犯した男は私が七人めのマンコ、口も七人。

私の口を犯した男はマンコは六人、口は七人目で、一人の女をマンコと口で分担して犯し、次の獲物でマンコと口と交代しているようでした。

店を出る時は店の裏に着てきた水着や携帯、財布を布袋に入れて放り投げられてしまい、人目を気にしながら手で身体を隠して取りに行き水着を着て、走るように逃げてきましたが股が痺れたような感じでガニマタみたいな姿で逃げてきました。

帰り道、その店の前を通った時、店の壁に書かれた英字を見ると《enter bitch only》とか《welcome bitch》などと書かれていました。

その時は恐怖心の方が強かったのですが、帰りの車の中では、もう一度、経験したいと思うようになっていました。

今度は何人もの人に代わる代わる

「ヤられたい」

って望んでいます。

- 終わり -

メント

1:名無しさん #IRdTRWk :2017-07-18 17:51:15

もし、経験したら読みたいな

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告