エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 王様ゲームで彼女が寝盗られた
投稿:2011-06-12(日)22:00

王様ゲームで彼女が寝盗られた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:10,022回)
名無しさんからの投稿

一ヶ月程前の話ですが、大学の友達(♂3♀3)が僕の部屋にやって来ていきなり飲み出しました。

それでお決まりのパターンで王様ゲーム。

その内に下系へ。

僕はそっち系のノリはちょっと苦手だし、強引に部屋に上がり込まれて正直気が滅入っていました。

するといつもより度が過ぎた指示が飛びました。

これからトイレ(UB)で二人きり、15分経たないと出てきてはダメというものでした。

指名されたのは、いつも女にガッつき気味の友人と控え目で大人しい清楚系の女の子でした。

僕はドキドキしてしまいました。

一瞬、場に変な空気が流れましたが、その友人は照れながらも嬉しそうにしてるし、この女の子も押しに弱いっていうか…気丈に見せる為に照れ笑いをしていました。

指示した張本人の王様も引っ込みがつかず、気まずい空気を皆で揃って紛らすように、あとの二人の女の子達も一緒になって二人を見送りました。

実は、この女の子、僕の彼女でした。

この時は二人が付き合ってる事は皆には内緒にしてました。

彼女は周囲から結構人気があったから。

二人がトイレに入ってしまった後、残された皆は酔っ払いながらも調子に乗りすぎた事を感じていて、誰が言うでもなく、ゲームはやめて普通の飲みに変わりました。

皆、他愛のない話をしていましたが、段々無口になっていきました。

皆は気にしていないふりをしていましたが、本音はそんな訳なくて、女の子達もごまかしながら聞き耳を立てているようでした。

時間が半分くらい経った頃、微かにギシギシという音がしているのに気付きました。

何となくは会話をしてた皆が一気に無口になりました。

お互いに目が合わないように、それぞれが下を向いたり、あらぬ方向を向いたりしていました。

途中、ドサッという音がしたりしましたが、二人の声のようなものは聞こえてきませんでした。

時間は少し過ぎていましたが、指示した王様が思い出したように二人に聞こえるように終了の声を掛けました。

でもギシギシという音はすぐには止まりませんでした。

皆、無言でその音を聞いていました。

しばらくして音が静まり返りました。

そして水道を使う音、ジップを上げる音、ガサゴソという音がして、やっと二人が出てくる気配がしました。

皆、誰ともなしに大きく息をはきました。

友人はうっすら汗をかいていました。

彼女は、気持ち、髪の毛が乱れていて、メイクも少しはげていました。

二人はトイレの中で何もしていなかったかのように振る舞ってました。

その後は場の空気が持つ訳がなく、早々にお開きになりました。

皆が帰って30分くらいした後、彼女が一人で戻ってきました。

僕は何も聞きませんでした。

彼女も何も言いませんでした。

僕等はいつものようにほのぼのとした時間を二人で過ごしました。

彼女が不意に

「ゴメンね」

と小さく言いました。

僕は

「いいよ」

と言いました。

彼女はとろんとした目でにっこり笑って僕の首に抱きついてきました。

彼女はコロンと汗と酒の匂いがしました。

すると、彼女は抱きついたまま、僕の耳元で『犯して』と囁きました。

僕は『えっ…』と思って固まってしまいました。

正直に言えば、さっきの光景を目の当たりにして悶々としていました。

僕は彼女を床に押し倒し、襲い掛かりました。

彼女は小さく

「いやっ」

「やめて」

と僕を睨みながら、僕の腕に爪を立ててきました。

僕は彼女に本気で抵抗されました。

今度は僕が

「ゴメン」

と言って、彼女が

「いいよ」

と微笑み返してくれました。

そして彼女を優しく抱き寄せました。

するとまた彼女は

『犯して』

と耳元で囁きました。

今度は彼女が何を言っても、どんなに抵抗されようとも、僕は無言のまま止めませんでした。

彼女を押さえ付け、スカートをめくり、なんとかして彼女のパンツの中に手を入れました。

彼女のアソコはもう既にグショグショに濡れていました。

普段はこんな事はしないのですが、彼女のアソコに指を突っ込み、強引にかき回しました。

抵抗して彼女が着ていたセーターも伸びてしまっていましたが、それも強引にめくり、彼女の乳首に吸い付きました。

僕が吸い付く前にもう、彼女の乳首の周りの肌は何だかうっすらと赤く、少し荒れていました。

僕はなんとか彼女の両足の間に体を入れて、ゴムも着けずにアレを突っ込みました。

それでも彼女が腰を浮かして逃げようとするので、両足を肩に抱え上げ、まんぐり返し?みたいな格好に押さえ付けて力任せに腰を動かしました。

彼女は苦しそうに両手で自分の口を押さえていました。

僕は一瞬、彼女がなぜ自分の口を押さえているのかを考えてしまいました。

僕は一度、彼女の体から離れました。

ぐったりしている彼女を起こし、無理矢理トイレに連れていきました。

そして彼女の体を洗面台に押さえ付けながら、乱暴にスカートをめくり上げ、立ちバックで夢中で突っ込みました。

彼女は片手で僕の体を必死に押し戻そうとしながらも、もう片方の手は自分の口を押さえて声を押し殺していました。

僕はとてもいやらしい気持ちでいっぱいになって、もうイキそうでした。

彼女にその事を伝え、

「○△ちゃん(彼女の名前)、アイツにしたのと同じようにして!」

と言いました。

その時がきて、僕が

「イクよ…イクッ!」

と言うと、彼女はすっと体勢を変え、僕の前にひざまずき、僕のアレを口にくわえました…。

それから僕達は以前にも増して仲が良くなりました。

あの後しばらく、彼女に対して例の友人の猛アタックが続いたので、周りに二人の仲を公表しました。

皆びっくりしていました。

その出来事についてもそれ以上は二人の間で口にする事もありません。

それと、あんなにいやらしくて激しいHはそれ以来ありませんが、Hの時、以前と比べて彼女が少し大胆になりました。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告