エチ研TOP
Home > 体験談 > 巨尻のOLはバックが好き
投稿:2017-02-06(月)06:02

巨尻のOLはバックが好き

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:10,547回)
高知県/ボビーさん(50代)からの投稿

もう2年前の話。

当方、40後半会社員。

相手、同じ部署の事務職バツイチ私より4つ下。巨尻でそそる口の清楚系。

以降、さなえと呼ぶ。

さなえとは、同じ部署で同じフロア。

元々仕事上での接点はほとんど無かったのだが、当方が諸事情により嫁と別居した頃、さなえがバツイチになった頃から意識するようになった。

ある時、出張中に客先へと提出する資料提出に窮し、やむなく私用のメアドから、さなえの会社メールへと連絡したのが全ての始まり。

さなえはテキパキと依頼をこなし、期待に応えてくれた。

お礼に食事に誘ってから、互いに惹かれ合ったこととなる。

当方、部類の巨乳好きなのだが、さなえは見事なチッパイ。

しかしながら、巨尻とも言うべき見事な尻で、何時かは後ろから突きまくりたいと思うようになり、何度か目のデートの時に腰に手を回したら

「あん…感じる…」

その言葉が引き金になり、セックスへと持ち込んだ。

さなえはバツイチで、元旦那はかなりの巨根だったとか…。

当方、至って平均ではあったのだが、さなえ曰く、元旦那とは儀礼的なセックスのみで、感じることはおろか濡れることさえ無かったので、セックスは苦手だったとか?

抱いてみて思ったのだが、あの巨尻は、尻好きなら一度はお願いしたいぐらいの肉感で、ぷりぷりの尻をわしづかみにして、バックから突きまくりたいと誰もが思うのでは?と思うぐらい。

おまけに愛撫を丁寧にしたこともあり、濡れること濡れること。

ぐっしょりと潤って、まさしくヨダレを垂らしてるようなイヤらしさ。

あれほどセックスにはタンパクだと言ってたのに、狂ったようにバックから突かれることをせがみ、フィニッシュは正常位から足を思いっきりひろげ、淫語を言わせながら中出しされることを求めるような女になった。

「もっと突いて!後ろから突いて!」

ヒーヒー悶えながら中出しを懇願し、ものすごく淫乱になっていった。

巨尻はコンプレックスだったらしく、学生時代とかにも尻をわしづかみにされたり、刺さるような視線を感じてたそうだ。

やがて、ふとしたことで喧嘩になったこと、異動により会わなくなったことから別れに至ったわけだが、今でもあの巨尻をわしづかみして、バックで果てるのを思い出す。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告