エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 出会い系で「会ってから本当の歳を教…
投稿:2015-02-26(木)20:00

出会い系で「会ってから本当の歳を教えるよ!」って書き込みがあった

この体験談のシリーズ一覧
1:出会い系で「会ってから本当の歳を教えるよ!」って書き込みがあった
2:J◯3人とコインパーキングで中出しカーセックス

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:38,643回)
大阪府/名無しさん(30代)からの投稿

妻と離婚してから半年。

幸いに子供は出来なかったので、久しぶりの独身生活を満喫していました。

しかしまだ34歳、性欲の処理が課題でした。

オナニーばかりも飽きてきて、一度出会い系サイトに挑戦してみようと思い大手のサイトに登録、早速書き込みを見てみました。

夜も更けた0時過ぎ、その中に気になる書き込みが・・・。

「本当の年齢、会ってから教えるよ!」

登録は18〜19歳になってるし、大手のサイトだったので年齢認証もあるだろから

「まぁ18〜19でも十分若い!」

と思い返信しました。

10分程してメールがあり条件と待ち合わせ場所が書いてあり

「車内がいい」

と刺激的な返信でした。

車で30分程の少し田舎な駅での待ち合わせで、正直すっぽかされたら虚しくなるような場所に到着し、車の色とナンバーを送ると

「すぐ出ます。5分だけ待って下さい」

と返信がありました。

車の中でタバコを吸いながら待つこと10分程。

「あーすっぽかされたなー」

と思い始めた頃、バックミラーに人影が・・・コンコン・・・。

「あのーMさん(サイト内の名前)ですか?」

俺(若い!)

「Jちゃん?」

J「そうです。すみません遅れました〜」

「とにかく乗って」

と慌てて車に乗せて駅前から外れる。

車内で改めてJを見てみる。

冬なので上はモッズコート、下はミニスカートだろうか白いナマ足がスラッと出ている。

髪はショートで顔つきは・・・俺(絶対18じゃない!)ってくらい若い、いや幼い。

「Jちゃん会ってから教えるって書いてあったけど何歳なの?」

って聞いたところ、

J「今言うと帰されても困るから合体したら言うよ」

と何とも思わせぶりな返答が返ってきた。

「とりあえずカーセ出来るところを探そうか?」

と言ってハイエースを走らせる。

途中で自販機の近くに車を停めて飲み物を買いに外に出た。

その時ふと悪魔の考えが浮かんだ。

俺(生でしてみたい)

持ってきたコンドームの先にカッターで切れ込みを入れて直ぐに破れるよう細工し、再びポケットに直した。

しばらく走った所の林道の入り口から少し入った所でハイエースを停めて、後ろの座席を倒してエアーマットを敷いたスペースに移動した。

「じゃあよろしくお願いしますね〜」

J「ハーイ!気持ちよくしてねー!」

顔を近づけてキス、改めてJの顔を正面から見てみる。

可愛い・・・ムスコアイドルの真奈てぃのようなカワイイ系の顔をしている。

この時点で俺のムスコはバキバキになっていてズボンの中で苦しそうだ。

もう一度キスしながらコートを脱がすと何とも華奢な細い身体、少し胸を触ると胸の膨らみというかパットの膨らみ。

シャツの下から手を入れてブラの下に侵入する。

明らかに成長期の膨らみに(優しくしないと・・・)と思ってしまう。

ホックを外してシャツを脱がすとグレーのミニーマウスのブラが現れた。

J「胸はあまり強く触らないでね。強くされると痛いの・・・」

「わかってるよ。こんなに敏感そうなオッパイは優しくしないと・・・けど舐めたい」

J「優しくならいいよ」

ブラを外し舌先で転がすように舐めた。

味わうように5分ほど愛撫しているとJの口から

「あっ・・・いやっ・・・胸ヤバい・・・はっ・・・」

と顔に似合わない女の反応が聞こえてきた。

マットに寝転んでスカートを剥ぎ取ると、ブラとお揃いのグレーのミニーマウスのパンツが現れた。

薄明かりの中、お股の部分に顔を近づけるとシミが出来ている。

「濡れてるね・・・気持ちよかったんだ?」

J「だってあんなに胸ばっかり触るから・・・」

「汚れるよ、脱いじゃおうか?脱がしていい?」

J「恥ずかしいから自分で脱ぐ。Mさんも脱いでよ〜恥ずかしいから・・・」

「パンツはJちゃんが脱がせてくれる?」

J「いいよ」

俺はパンツ一枚でJの前に仁王立ちになった。

裸になったJが膝立ちになってトランクスに手をかける。

そして下に下ろすとバキバキになったムスコが現れた。

J「まだ何もしてないのに凄いね・・・ひょっとしてロ◯コン?」

実はロ◯コンだった俺は

「そうだよ。Jちゃんみたいな小さくて可愛い女の子が好きなんだ。今凄く興奮しているよ!」

J「そうなんだ。本当の歳教えてあげようか?ロ◯コンのMさんw」

「教えてくれる?」

J「14歳、中◯2年だよ!」

俺はやっぱりと思った。

J「お口でしてあげようか?」

「出来る?」

J「出来るよ、元彼にも上手いって言われたから・・・」

ムスコの先から舐めて裏筋、竿をペロペロと舐めてくれる。

そして小さな口でカポッと亀頭を咥えて上下に動かす。

少し歯が当たるがそれもまた気持ちいい。

J「どう?◯学生にフェラされてる気分は?」

「あぁー気持ちいいよ・・・このままだと射精しちゃいそう・・・」

J「いいよ口に出しても」

射精感が込み上げてきてもう耐えられない。

ビュルビュルッ!Jの口に大量の精を放つ。

Jはティッシュに俺の精液を吐き出す。

J「凄く濃いの出た。口の中がヌルヌルするよー」

もう我慢出来ない。Jを押し倒し股に顔を埋める。

マンコを確認するとスリットの上のほうに申し訳程度に生えたヘアー、少し大人に近づいているビラビラ、クリ。

もう夢中で舐めた。

J「あっ・・・そこ・・・ヤバい・・・」

「もう〜舐め・・・すぎ・・・」

10分程胸を愛撫しながらクンニしているとムスコも復活しそろそろ挿入してほしそうな雰囲気を出してきている。

「Jちゃん・・・挿入れたい・・・」

J「いいよ・・・」

脚の間に身体を滑り込ませ、亀頭でスリットをなぞる。

ゴム着けてって言わないんや。

生のまま腰を進める。

キツい・・・もう少しチカラを入れて押し込む。

ヌルッ!三分の一程ムスコが埋まる。

ゆっくりと動くと潤滑油で滑りが良くなってきた。

J「どう?Mさん・・・◯学生との生エッチは・・・・・・?あっ!大きい・・・凄い・・・ロ◯コンチンポ・・・生で入ってるね・・・」

「ごめん、どうしても生で挿入れたかったから・・・」

J「いいよ・・・多分大丈夫な日だから・・・その代わりお小遣い足してね・・・」

「わかったよ。その代わり中出しだ!赤ちゃん作るぞ。覚悟しろ!」

J「いいよ・・・ロ◯コンMさんの精子中出しして・・・」

ピストンが早くなる。

Jと繋がっている所からクチュクチュとイヤらしい音がしてきた。

見てみると殆どパイパンの穴に大人の黒い生殖器が刺さっている。

更にスピードを上げる。

「J!射精るよ!14歳に種付けするよ!◯学生に精子出すよ!」

J「うん・・・出して精子出して!赤ちゃん欲しい!」

「あーっ出るよ!出るよ!」

もう保たない、ビュルッビュルッ!Jの子宮めがけて叩きつけるように射精した。

J「あ・・・中出しされてる・・・」

しばらく繋がったまま余韻に浸る。

ムスコを抜くとバックリ開いた膣口から精子が流れ落ちた。

「ありがとう。気持ち良かったよ」

J「私もイクとかはまだわからないけど、中出しって凄いね・・・お腹の中が暖かいよ。大人のエッチって凄いね。今まで何人くらいの女の子とエッチしたの?」

「少女ってこと?ならJちゃんが初めてだ」

J「ロ◯コンなのに小◯生とか◯学生と会わなかったの?」

「このサイトに小◯生とかいるか?」

J「いないの?」

「いないと思うよ・・・」

時計を見るとAM3時前、そろそろ帰らないとヤバいか?と思い帰り支度を始めた。

約束の額の倍を渡してパンツをお土産にもらった。

お互いの電話番号とラインを交換し、親バレしないか確認したら母子家庭で母親は水商売で朝しか帰らないらしい。

俺のこと彼氏って言うから大丈夫らしい・・・信じよう・・・俺も独り身だから捨てるものないけど・・・駅から外れた団地の駐車場まで送って行った。

家はこの団地のどこからしい。

最後に抱きしめてキスしてバイバイしようと思っていたが、抱きしめてお尻、オッパイをまさぐってマンコを弄っていたら当然ムスコがバキバキに・・・Jのマンコはぬれぬれに!

その団地の外れの駐輪場まで連れて行ってムスコをJの前に突き出す。

そして青姦・・・それはまた次の話・・・。

■続き
別れ際に抱きしめて身体を弄っていると俺のムスコもバキバキに復活、Jちゃんのマンコも濡れ濡れになってきました。

堪らなくなってそのまま手を引き団地外れの駐輪場の方に行きました。

壁の影に入ってJちゃんをしゃがませおもむろに目の前にムスコを露出しました。

J「あん・・・まだヤリ足りないの?凄く大きくなってるよ・・・」

「折角◯学生と出会えたからなかなか治まらないよ!ここでもう一回良いかな?」

J「今何時かな?新聞屋さんとか来ない?」

「まだ3時くらいだから、まだ大丈夫と思うけど・・・」

J「ここじゃ少し怖いかな〜そこに大きい駐車場があるから其処でもいい?」

見るとトレーラーとか大型のトラックの駐車場でクルマとクルマの間は完全に死角になっている。

周りを気にしながらトラックの影に移動する。

クルマの中とは違いかなり寒いので、ズボンだけ脱いでJの前に仁王立ちになる。

小さな口が先っぼから竿、そして亀頭を刺激していく。

J「精子の味がする・・・」

「そりゃさっきヤったばかりだから・・・」

J「Mさん変態だね・・・◯学生に外でお口でさせるなんて・・・」

「Jちゃんも拒否しなかったから充分変態だよ。舐めあいっこしようか?」

アスファルトに自分のコートを敷いてシックスナインの体制になる。

Jのマンコをクンニすると苦い味がしてきた。

俺の精液の味だ・・・まさか自分で舐めることになるとは・・・J「あんっ・・・舐められたらお口で出来ないよ・・・」

「じゃあどこで気持ち良くしてもらおうかな?」

J「オマンコで・・・」

消え入りそうな声で呟く。

「どこ?聞こえないよ」

J「気持ち良いところ・・・」

「Jはどこが気持ちいいの?言わないとわからないよ」

J「オマンコ!挿入れて!」

「自分で挿入れてごらん、ほら、こうやってまたいで・・・」

騎乗位で挿入するように体制を整える。

Jの手をムスコに添えさせ貫く準備は整った。

「そのまま腰を落として・・・」

J「あっ・・・私自分で挿入れちゃうの?大人のチンポ自分で挿入れちゃうの?」

「そうだよ。Jちゃんのマンコを俺の形にして俺専用のチンポ穴に改造してやる!Jは俺のオンナになるんだ」

そう言ってJの肩を持ち下に押し下げる。

少し軋みながらJの膣内に侵入する。

対面座位になって奥の奥までムスコを突き立てる。

J「奥・・・凄い・・・ヤバい・・・」

「俺専用になるか?もう他の男とセックスしないか?」

J「Mさん専用になります!もう援交やめます!あっ・・・イキそう!イクかも・・・イキそう!」

Jの腰の動きに合わせて下から突き上げる。

やはり当たる箇所がちがうのだろか、それとも野外というシチュエーションからか明らかに一回目より感じているようだ。

J「あっあっあっあっあっ!」

喘ぎがリズミカルになってきた。

イクかもしれないと思い下からの突き上げも早くする。

しかし此方も三発目とはいえそろそろ限界だ。

「J!射精ぞ!」

J「いきそう!いきそう!いきそう!」

Jの最奥めがけて精液を打ちつける。

「!」

J「!」

・・・・・・・・・・・・

J「すごかった・・・外ってスリル有るね・・・」

「俺もこんな所は初めてしたわ!」

そう言いながらJの膣からムスコを抜き取る。

J「そろそろ帰らないと・・・」

「連絡するから次も会ってな」

J「うん。土日やったら学校休みやから大丈夫」

ズボンを履き互いに身支度してから駐車場を脱出。

Jは小走りで団地のどこかに消えていった。

家に帰ってからお土産に貰ったグレーのミニーマウスのパンツでまたひとりでしてしまった・・・。

それから一週間くらいして再びJちゃんと会うことになった・・・。

一週間程して再びJちゃんに連絡してみました。

土曜日に会う約束が出来たので、オナ禁と亜鉛のサプリで精液を溜め込んでいました。

前回待ち合わせた駅から2つ離れた駅前のイオンのゲーセンで待ち合わせになりました。

午前中は友達とイオンで遊んで昼から会おうという算段のようです。

約束の時間の30分程前にイオンに着いて本屋で立ち読みなどしていましたが、少し早めに約束のゲーセンに行ってみたところ、Jちゃんと友達二人の姿を発見しました。

見つからないように少し遠目に観察してみました。

三人ともミニスカやショーパンで美味しそうな太腿を晒していました。

後の二人もおいしそうやなぁ・・・3Pいや4Pしてみたいな・・・などと考えながら時間が来たのでJにラインを送りました。

『ゲーセンじゃなくて三階の本屋で待ってて』

と返信があったので移動、取り敢えず再び立ち読みして待つ。

しばらくして・・・

J「パパ!この本買って!」

とJが後ろから声をかけてきた。

「パパ・・・?」

J「早くレジ」

Jと一緒にレジに行ってローティーン向けのファッション誌を買ってあげる。

端から見たらどう見ても親子か・・・。

J「ありがとう。行こう」

「友達は?」

J「他の子は今からクラブとかの練習」

「そっか・・・クルマいこうか?」

クルマに移動してイオンを出る、今日のJは前のモッズコートにデニムのショーパン、黒のニーハイという出で立ちで相変わらずロ◯コン心をくすぐるスタイルだ。

あらかじめ調べておいた駐車場から直接部屋に入れるラブホに移動する。

行く途中に少し一緒に居た友達の事も聞き出してみる。

一人の子は高◯生の彼氏がいて最近ヤりまくりで、もう一人のおとなしめの子は処女で早く捨てたがってるそうだ。

良い情報を手に入れたと思ったが、今日はJとの情事に集中しよう。

ラブホに着いて部屋に入る、カラオケやらプレステやらで一通り遊ぶ横に座って軽いボディタッチからキス、良い雰囲気になってきたところで風呂が溜まったので二人で入る。

ボディソープで身体を洗う、泡を流して備え付けのローションでJの身体を愛撫する。

J「ローション気持ちいいね、Mさんのも洗ってあげる」

Jがムスコに手を添えて上下に擦る。段々大きくなってきた。

リズムと擦る強さを教える。

ローションの滑りと相まって気持ちいい・・・

「Jちゃん、射精るよ!口で受け止めて・・・」

Jが亀頭を咥えて射精に備える、そして一週間振りの大量射精を終えた。

Jがムスコから口を離す。

「Jちゃん、飲んで・・・」

J「ん・・・」

少し飲みにくそうにしながら何とか飲み込む。

J「何とか飲んだよ・・・」

俺は嬉しくなって抱きしめた。

すぐにムスコも元気を取り戻す。

Jを壁に手を着かせてお尻を突き出させる、ムスコをあてがう・・・抵抗しないローションのおかげか前回よりスムーズに膣内に侵入する。

風呂なので声がよく響く。

J「んあっ!大きい・・・」

「セックス気持ちいいか?ちゃんと言うんだぞ!」

J「セックス気持ちいい・・・Mさんの・・・気持ちいい」

立ちバックの体勢でJの尻に腰を打ちつける。パンパンという音が風呂に響く。

「出るよ!どこに欲しい?」

J「中・・・中だしお願いします・・・」

「Jは精液大好きだもんな!そらっ膣にたっぷり流し込んでやるぞ!」

J「お願いします・・・」

俺は再びJの中に大量に射精した。

「気持ち良かったよ」

J「腰が抜けちゃうかと思った・・・」

Jを風呂の縁に座らせ広げさせると膣口から少しだけ精液が溢れてきた。

身体を流してベッドでお喋りをする。

さっきの彼氏持ちの友達に援交を教えてもらったこと、その娘も彼氏持ちだけど結構遊んでいること、処女の娘と彼氏持ちの三人でパンツ生脱ぎでお小遣い稼ぎしたことがあるなど・・・俺はJの身体を弄りながら何とか他の娘とも遊べないか考えていた・・・。

続き
ベッドでJとまったりしていると再度復活してきたので、今回は競泳水着をJに着せてみることにした。

ワンサイズ小さめの水着で着用するとかなりハイレグ気味になる。

J「なんか小さくない?」

「そりゃ競泳水着だからこんな感じだよ」

しかも股布と胸の布を取ったカスタムなので乳首の位置とワレメの形がバッチリである。

ベッドに大判の防水シートを敷いて持参したローションをJに垂らす。

水着着用のまま乳首や太腿、背中脇などを重点的に刺激して敢えてマンコは触らない。

J「触って欲しい・・・」

懇願するが放置する。

目の前に少し大きめのバイブを差し出す。

Jはて手に取りスイッチを入れ自分自身に押し当てる。

男の目の前でオナニー・・・このプロセスが淫乱女を作る重要な点だと思う。

そして自分から水着をずらしバイブを挿入するJ。

夢中で出し入れを行い男を誘うように女の子の一番大切な部分を見せつける。

「もう立派な女になったね・・・」

J「え・・・」

そして手からバイブを取り上げムスコを挿入する。

俺の下で喘いでいるのは◯学生ではなくただのセックス好きな雌だった。

Jとの交尾を終えたあと俺は今日、一緒にいた友達と遊べないか?とJに持ちかけた。

Jは少し考えていたが別に俺とは付き合っている訳でもないし、きちんとお小遣いもくれるので一度きいてみると言ってくれた。

但し処女の娘はあまり期待しないで欲しい・・・との事だった。

会えたらJにも紹介料を渡す約束をして共犯者としての意識を持って貰った。

ホテルをでてJをイオンまで送り届けた。

俺はその足でウィークリーマンションの契約に向かった。

契約の際に怪しまれないように。

妻が入院していてその面倒を見に娘三人とここに来ている。

子供が居てるので隣、下は入居していない所が良い。

などを伝えてかなり交通の便の悪い人気の無い所をかりる事にした。

Jも彼氏持ちの娘は大丈夫そうかな‥という感触だったが、処女の娘にはまだ話せていない。

彼氏持ちの娘はHちゃんといい、彼氏とも最近別れたという情報を教えてくれた。

処女を捨てるチャンスと言って誘ってみるということだったので少し待つことにした。

再び一週間程経ってからJから連絡が有った。

Hちゃんは本番OKで処女の娘(Aちゃん)は手コキならということだった。

貯金から少し引き出して提示額より少し多めに渡すことにした。

Aちゃんは一緒の部屋には入らないかもしれないがとにかく一緒にいればチャンスはある。

クルマで前のイオンに待ち合わせしてその日を待った。

続き:J◯3人とコインパーキングで中出しカーセックス

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:出会い系で「会ってから本当の歳を教えるよ!」って書き込みがあった
2:J◯3人とコインパーキングで中出しカーセックス
[PR]体験談を読んでリアルSEXがしたくなったら・・・

体験談を読んでリアルSEXしたくなったら、人気の出会いサイトで今夜のお相手探し!

●オススメの出会いサイトは『イククル』

「本当に会えた!」と口コミが豊富なサイト、イククルがオススメです。

イククルは運営17年、会員数 1000万人の【18禁】の出会い系サイトです。


●出会う人は18歳以上だけ。完全匿名サイト

サイトでは男女とも、18歳以上の【年齢確認】を徹底しているから安心してSEXパートナーを探すことができます。

完全匿名だから、経験の少ない女子大生や欲求不満なOLが、普段オモテに出せないヒミツの募集が集まっています。

身バレを気にせず利用できるから、社会的地位がある男性にも人気です。


●女性無料 / 男性前払い制

女性はサイト利用は無料。

男性に側にいて欲しい..」「優しい男性に抱かれたい..」そんな時はサイトを使えば近所の男性がすぐ応えてくれます。

男性は有料のポイント前払い制(メール1通 = 50円)。

登録費や月会費は一切ナシ、料金はポイント購入費だけのシンプルなシステムです。


●即アポ・セフレ募集は『ヒミツ掲示板』で!

イククルには、メル友、恋人募集に使えるピュア掲示板と、アダルトの出会い募集ができるヒミツ掲示板があります。

即アポ・セフレ募集は、都道府県別のヒミツ掲示板をチェックしましょう!

特に即アポ系のカテゴリ「すぐ会いたい」「まずは食事から」が人気です。



●お得なポイント2倍キャンペーン

イククルは大手出会いサイトの中でも最安級。

今なら3000円以上でポイントを購入すると通常の2倍ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

例)3000円で購入 → 通常 300pt / キャンペーン利用で600pt


2倍のポイントキャンペーンはイククルだけ!今すぐヒミツの出会い出会おう!


▼匿名で誰にもバレず出会える! オトナの出会いサイト▼

※登録後はプロフィールの作成と年齢確認を忘れずに

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告