エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 万引き犯に仕立て上げて強引に犯した…
投稿:2017-01-24(火)02:34

万引き犯に仕立て上げて強引に犯した女子大生だが後輩の彼女として再会した

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:189,984回)
名無しさんからの投稿

前回の話:すげぇ綺麗な女子大生をスーパーで見かけ、万引き犯に仕立て上げて強引に犯した話

いやあ、奇跡ってあるんだね。

後輩が結婚することになって、「どんな相手?」と何気なしに訊いた。

彼はまだ20代で、なかなかの好青年。仕事も出来る良い後輩だ。

気恥ずかしそうに、彼女の写真をスマホで見せてきた。

2人で居酒屋にいた。

俺は、心臓が縮む思いがした。

それは、あの時の美人女子大生だった。

かつて、出張している時にたまたま見つけて、万引き犯だろと因縁をつけ、2日がかりで楽しんだ彼女だった。

今までの獲物の中でも最高の女だった。

写真の中の彼女は、飛び切り可愛い笑顔で写っている。

数年前と比べると、少し大人びた雰囲気になっていた。

"へえ、あんな事があっても、こうして笑ってられるんだ。よかったね。"と心の中でほくそ笑んでいると、後輩は「不安なんです」と打ち明けてきた。

「幸せに出来るさ」

俺は優しく励ましてやった。

「そうでしょうか……」

後輩の言葉を借りれば、彼女は辛い過去があったらしく、男性にトラウマがあるとの事。

やっぱり俺の事だろうか?

「どんな?」

「どうも、昔の彼氏が酷い奴だったようで…。話してはくれないんですが…。その、セックスもあまりしたがらなくて」

酒が入って、思わぬ暴露もしてくれた。

「そうか……」

昔の彼氏ねえ…。

彼女は嘘をついているか、はぐらかしているか、それとも後輩の早合点か、それとも本当に彼氏にトラウマがあるのか。

それは判然としなかったよ。その時はね。

「今、同棲しているの?」

「いいえ。でも、もうすぐ一緒に住むんです」

後輩は幸せそうに答えた。

それから、酒を飲ませて、さらに聞き出してやった。

彼女とはセックスはたまにする。しかし逝かせた事はないそうだ。

終わると泣いている事があるらしい。可哀想に。

彼氏である後輩ではなく、俺みたいなレイパーに何度も逝かされた経験を彼女は持っている。

泣くのもそのせいかもしれない。

これはもう運命だと思ったね。

話を聞く限り、警察には言っていないみたいだし、電話しても大丈夫かもしれない。

数日後、金曜日の夜に実行したよ。

「もしもし、○○さん?△△の上司の●●というものですが」

「え、はい」

彼女は怪訝そうだった。

当然だろう。

彼氏の上司から個人的な携帯に電話をかかってくるなんておかしいだろ。

それに電話番号も変えていなかったようだ。

「△△さんが、婦女暴行で訴えられそうなんです。デリヘル呼んだら無理やりされたと言われているらしい。もちろん俺も信じていないし、彼女さんにもそんな事するような人じゃないと、証言してほしいんだ」

「…え……え!?」

彼女の声は驚きと震えに満ちた。

「そうした場合、彼の普段の性生活について彼女さんも証言しなきゃならないし、その点も含めて、話し合いたいんです。上司である私も、彼がそんな夜遊びするような青年じゃないと証言するつもりだ。とりあえず今から来れますか?」

俺は呼び出し先を、喫茶店に指定したよ。

彼氏の方は酔い潰してマンションに運んでやった。

さらに酔い覚ましと称して睡眠薬を少々。

多分電話しても出ないだろう。

「彼には言わない方が良い。彼女さんにも分かって欲しいけど、こうした場合男のプライドってやつがあるからね。それに、警察から示し合わせたと言われたらアウトだ」

口からでまかせにも程があるだろう、そう思ったが、彼女は「分かりました……」と了承してくれた。

喫茶店に彼女が現れたのはだいたい22時くらいだった。

相変わらず、清楚で物凄く可愛い。

彼女は頭を下げて、コートを脱いで、俺の目の前に座った。

そして、俺の顔を見た。

その瞬間彼女の美しい顔が固まった。

「どうしたの?」

俺は何気なく言ってやった。

彼女は青ざめている。

「俺のこと覚えてるだろ?ビデオも一杯こっちに持っているよ」

彼女はきりっと睨み付けてくる。

だが、顔にはっきりと怯えが見て取れる。

「彼をどうしたんですか?」

「さっきの電話は本当だよ。俺が証言しなきゃ彼はもう駄目じゃないかな」

「電話します」

彼女はスマホを取り出した。

「いいの?」

俺はニヤついて言う。

「そうしたら、君と俺の関係は洗いざらい暴かれる事になる。君と彼氏の生殺与奪は俺が握っているんだよ?」

彼女は綺麗な手を震わせて、スマホをテーブルの上に置いた。

そして、綺麗な髪を垂らして俯いた。

「どうすればいいんですか?」

諦めと、投げやりと、絶望が入り混じった口調だった。

何をされるか分かっているらしかった。

あえて訊いてきたのであろう。

「俺の家行こうか」

俺の家はマンションで、彼女は中に入るとき、震えていた。

「何故、俺の家かというと、君にこれを見せたくて」

俺は引き出しからDVDを取り出した。

「バックアップは取っているから、これ1つどうにかしたって無意味だよ」

彼女は気の毒なくらいガクガク震えている。

あの時もそうだったな。

俺はソファに座り、彼女に横を促す。

おずおずと座る彼女。

即座に肩を抱いてやる。

ビデオを再生すると、大学生の頃の彼女が、不細工なおっさんの俺とセックスしていた。

「最初から見てたら、夜が明けちゃうからね」

何気にビデオの量が膨大である事を示唆しつつ、ビデオを2人で鑑賞した。

「あっ、あっ、あっ、やだあっ、駄目えっ!」

ビデオの中で、胸を揺らしながら、彼女は泣きじゃくって喘いでいる。

「どうだ、凄く気持ちよさそうだろ」

彼女の胸を揉んでやる。

彼女は静かに涙を流していた。

ビデオの中の彼女はそうではなかった。

「……っ…あああっ……」

絶頂を迎えてピクピク悶える彼女に更に容赦なく突く俺。

「うわあん、うわあんっ」

声を上げて泣いて突かれ続けた後、彼女は俺の膣内射精を受け入れ、お掃除フェラだ。

「こんなのが、何時間も撮れてるんだよ?」

「もう、やめてください……」

声を震わせ涙声で言う彼女。

「もう見たくないです」

「そんな事言って」

俺はスカートの中に手を滑り込ませ、中に手を入れる。

彼女はもう抵抗しない。

「興奮しているくせに、ほら濡れてる」

キスをする。

舌を入れてやると、彼女も舌を絡め合わせてきた。

「どうだ、君も乗り気みたいだね」

「……」

悔しそうに顔を背ける彼女。

「あの後どうしたの?」

俺は気になっていた事を訊いた。

彼女は俺の言わんとするところが理解できたらしく、俯いた。

「すぐ、トイレに駆け込みました……」

「それで?」

「洗面所で口を漱いで、ウエットティッシュで、アソコを拭きました」

顔を赤くする彼女。物凄く可愛い。

「ここをか?」

指で摘んでやる。

ビクッとする彼女。

「そ、それから、家に帰りました」

「それから?」

「それからって……」

困惑する彼女も良い。

「また風呂に入って、ずっと泣いていました」

「へえ、気持ちよさそうだから、喜んでいたと思っていたけど」

心にもない挑発をしてみる。

彼女の目に非難の色が浮かんだ。

「そんな訳ないです。あれからしばらく、洗面所で何度口を漱いでも、気持ち悪さが消えなくて…、身体もそうです。ひたすら身体を洗ったりしても……」

可憐な唇を噛み締める彼女。

「悪夢を見たり、ふとした瞬間に思い出したり……、鮮明に思い出せます。あなたの様子も、匂いも、感触も……。わたしはあなたが憎くてたまらない」

睨み付けてくる彼女。

「万引きだって、あなたが盗んだ物を入れたんですよね?それなのに、言いなりになってしまったわたしが悔しくて……」

「あの時は、恐怖でいっぱいだったから、しょうがないよ。理不尽に思っても逆らえない事もある。俺はそう仕向けていたし」

彼女は涙目だ。

「でも、君は最高に気持ちよかったんだよね?」

「だからこそ、辛いんです」

俺は頭を撫でてやった。

彼女が俯いて震え出したからだ。

「いつ、おかしいと気づいた?」

「…1日目だったと思います。エッチしている最中です。でも、もう怖くて…」

「それなら、解放されてから警察に行けばよかったのに」

「家族や友達にはとても言えないと思って……、それに、あなたが暴力団かもしれないって……」

ああ、確かに俺は暴力団とのつながりを匂わせてやった。

まあ、嘘だけど。

「暴力団じゃないけど、そういう連中と付き合いがあるのは本当だよ。真っ当な人間にあんな犯行思いつく訳ないでしょ」

と肩を掴む腕にぐっと力を込め、拳でポンポンと胸を小突いてやると、萎縮しきる彼女。

凄くそそる。

もう片方の腕はスカートの中に入り、指は膣をずっと刺激し続けていた。

「それから、大学にはちゃんと通えた?」

「外に出るのは怖かったんですけど、友達が迎えに来たので、翌日から通い始めました。気持ちを押し隠して明るく振舞って……」

悲痛な話だった。

でも、凄く興奮したよ。

「あのスーパーには2度と行けませんでした。しばらく怖かったんですけど、音沙汰がもう無いので大丈夫かな、とは思っていたんですけれど……」

「でも、こうしてまた会えた。運命だよ。あの時スーパーで出会ったのはかろうじて偶然と言えるかもしれないが、こうして後輩の彼女として再会出来た。地元も全然違うのに。これを運命と言わず何と言う?」

「そんな事言わないで……!」

「彼とセックスしてるの?」

彼女の耳元が赤くなった。

「していますけど……」

「彼との性生活の事も証言しなきゃならない。その前に俺と予行練習だ。しないと彼をかばってやらないぞ」

彼女はたどたどしく語ってくれたよ。

1月に数回する程度で、ゴムをつけてしかした事はない。逝かされた事はない。

彼は彼女に遠慮をして、あまりがっつかないらしい。

こんな可愛い彼女がいるのに勿体無い。

「やっぱり、デリヘル相手に無理やりするような男じゃないよなあ」

彼女は頷く。

ついでに彼女の事も訊くと、あれ以来セックスが怖い。男性が怖い。と言った。

でも彼氏は優しくて「彼なら」と思ったらしい。

俺は再び唇を重ねて、押し倒す。

舌を絡め合い、服の下から胸を揉み、膣を刺激する指のペースを速めてやる。

相変わらずの上玉だ。散々楽しんでやろう。

「ぷはっ、やめてください!」

彼女は肩を掴んで離しにかかる。

目をうるうるさせて、可憐な唇を動かして懇願する。

「あれ、カメラですよね?止めて下さい」

上段の棚が少し開き、俺と彼女の痴態を覗き込んでくるものがあった。

「あれだけじゃないよ」

俺はニヤつく。

「お願いです。テレビも消して……」

2人で横を向く。

ビデオには、彼女が整った美しい横顔を見せながら俺と唇を重ねて舌を絡め合いのキスシーンが流れていた。

「なかなか荘厳だろ」

「お願いします…。カメラも……」

「そう言うけど、凄い事になってるよ」

俺は液まみれの指を彼女の顔に持っていく。

彼女は眉を顰めてそれを眺める。

「やっぱり、辛かったのと同じくらい、気持ちよかった思い出が蘇るんだね。それで興奮しちゃってるんだね」

「違います……」

またディープキスをしてやる。

長い間交わし続けて、俺は起き上がった。

「風呂入ってきな」

彼女はゆっくりと起き上がっていった。

風呂から戻ってきた彼女はタオルを巻いていた。

タオルを外すよう指示をすると、綺麗な肢体が現れた。

「思い出すねえ、あの時を。君も思い出すだろ」

彼女の美しさは損なわれていなかった。

白くて綺麗な柔肌に、形の良い胸、華奢で抜群のスタイルだった。

気をつけをし、身体の横に置かれた手が震えている。

「おねだりしろ」

「…抱いて下さい……」

屈辱と恐怖に顔を滲ませて言ってきた。

「馬鹿。もう大人なんだから、別の言い方にしろ。大学生の時と同じ言い方してたら駄目だろ!大人らしく、イヤらしくおねだりするんだ」

「えぇ……?」

困惑を表情に浮かべ、彼女は俺をじっと見つめてきた。

そして口を開く。

「精一杯ご奉仕します。ですから、抱いて下さい」

「ううん、もう一押し」

俺は紙を渡す。

「これに書いてあるやつを覚えて言え」

「これを言うんですか……?」

悲痛そうに言ってきた。

「ああ、それを言えば彼氏も助けてやれるし、君との関係も今夜切りだ」

彼女はたどたどしく言ったよ。

覚え方が不充分というより、精神的に抵抗があった風だったな。

「わたしはあなたの淫乱奴隷です。あなたのおチンポ大好きなの、舐めたいよ。しゃぶりだいよ。欲しいよ。挿れてよぉ」

「そんなに欲しいか」

「はい、あなたが好きなの。あなたとのエッチは凄く気持ち良くて、忘れられないの。早くあなたに触れたいの」

「でも、もうすぐ結婚するんでしょ。中には出さないよ」

「そんなのいいの。早く精子を中に下さい。あなたとの子供が欲しいの」

言い終わると、彼女はほろほろと涙を流した。

あまりに屈辱過ぎたのだろう。可哀想に。

「お願いです、避妊して下さい……」

力なく頼んできた。

「さっき君自身で言った事忘れたの?俺に逆らわない方が良いって事くらい分かってるだろ?ビデオも彼氏も、こっちが握ってる。その気になればヤクザの知り合いを呼んだっていい」

彼女は項垂れた。

ベッドに押し倒して、胸を揉む。

柔らかくて気持ち良い。

彼女の耳を押さえてキスをする。

身体をこわばらせる彼女。

「思い出す?こんなキスもしたよね」

「……、これ、音が凄くて、すぐ思い出してしまうんです……」

唇から糸を引きながら、眉を顰めて答える彼女。

しばし続けて、起き上がらせる。

上半身を起こして抱き合い、再びキス。

手を促すと、手コキをしてくれる。

最高だ。

相変わらず吸い付くような柔肌で、本当に身体の相性がいいんだと思う。

指を膣内に出し入れしてやり、愛液を見せつけしゃぶらせる。

また、キスをしながら、ついに本番だ。

ゆっくりと入れる。

締め付けてきて素晴らしい。

「……っ」

彼女はその瞬間息を止めていた。

キスを再開し、腰を振り始める。

膣の中は暖かいて、キュウキュウと締め付けてくる。

身体はすべすべでいつまでも抱きついていられる。

ディープキスを続けながらの正常位だ。

「ん、んんっ……んっんっ……」

しばらくすると、声にならない喘ぎ声を出しながらキスを交わし続ける彼女だった。

もう、本当にエロくてたまらない。

首元を舐めながら

「やっぱり気持ちいいよね?」

と言ってやると、荒い息で返答するのみだ。

「やっぱり運命だよ。俺達は。そう思うだろ。身体の相性もいいと思うだろ?」

「はあっ、はあっ、はあっ、そ、そんなこと……」

「彼氏より断然気持ちいいだろ」

と可愛らしい顎を掴んで揺さぶってやる。

空ろな表情で

「で、でも彼とのエッチの方が幸せです」

と答えてきた。

「じゃあ、俺とのエッチもそこそこ幸せなんだな!」

とぐいっと腰を押し込めてやると、身体をビクンとさせ、「あう」と声を上げる。

凄くイヤらしいよ。

形の良い胸をぷるぷると震わせて、口元に手をやり、喘ぐ彼女はどう見ても、和姦にしか見えないだろうなあ。

射精感が迫ってきたので、ペースを速めてやると、喘ぎながら懇願してきた。

諦めの悪い。

「お願い、お腹に出してください」

「分かった」

激しく腰を振って、ぐいっと押し込んで、抱きついて、膣内射精だ。

最高に気持ち良い。

彼女は泣いていた。

構わずキスで余韻を味わおう。

「お言葉通り、中に出してやったぞ」

と言うと、彼女は泣きそうに顔を歪めるのだった。

「もっと別の言い方をするんだったな」

頭を撫でてやって、お掃除フェラをさせたよ。

可憐な唇が走り、根元近くまで近づく。

彼女の口内で俺のペニスの汚れが舐め取られる。

ゆっくりと搾り取られる快感。

たまらない。

口を漱がせ、また抱き合ってキスだ。

今度は俺の膝の上を示すと、乗っかってくれた。

そのまま腕や足を俺の後ろに回し、抱きつく彼女。

「腰動かして」

俺の言うとおりにし、俺のペニスを秘所で刺激してくる。

ヌチャヌチャと音が鳴り、淫靡な感じだ。

しばらく続け、そのまま対面座位に移行する。

ズチュズチュと部屋に音が響く。

「あう、あっ、ああうっ」

彼女は髪を振り乱して喘ぎ、時折俺とキスを交わすのだ。

「嘘よっ、何でこんなに……っ」

泣きじゃくりながら、彼女は喘ぐ。

「運命の相手だからだよ」

そう言って、ディープキスしてやる。

バック、騎乗位と体位を変えても、彼女は自ら腰を動かしてくれたよ。

終わるとお決まりのお掃除フェラだ。

「最高だったね」

と言ってやると、彼女は呆然自失といった風で、頷いてきた。

「今度は、フェラ動画撮ろう。前撮ったみたいに。後で見比べようよ」

カメラを構えると、彼女は俺のペニスを掴んで、亀頭をチロっと舐めた。

軽く咥えて、亀頭をねぶる。

気持ち良いぞ。

「君の身体が彼氏のより好きだって言ってるチンポだ。大切に奉仕するんだよ?」

彼女は悲痛を目にたたえ、竿を舐めたりして、咥え込んで上下しだした。

音を立ててしゃぶる彼女。

舌を這い回らせ、必死に奉仕している。

「上手になったんじゃない?」

俺は言ってやる。

彼女は構わず奉仕を続けていた。

亀頭を嘗め回して、再び口に含む。

そして上下運動。

生暖かい感触がたまらない。

「パイズリして」

と言うと、いったん口からペニスを離し、糸を引きつつ胸に挟む。

綺麗な胸でしごきながら亀頭辺りを咥えてくれる。

「笑って」

そう命じると、カメラに向かって彼女はにっこりと微笑んでくれた。

物凄く可愛い笑顔だ。

そしてまた彼女は奉仕を再開するのだ。

口内で思い切り出してやった。最高に気持ちよかった。

「口開けて」

彼女の口にどろっとした白い液体が溜まっている。

「あの時みたいに噛み締めて味わって」

彼女は口を開けてままクチャクチャ音を立てて噛み締めた。

「しばらく続けて」

数分続けさせると、口元から垂れてきたが、構わず続けさせた。

涙を流しながら彼女は言うとおりにしている。

「もういいよ」

彼女はごくんと飲み込んだ。

目は屈辱をたたえている。

「いい感じに撮れたよ」

俺は言ってやったよ。

「今度はアナル舐めて」

彼女は「えっ」と、青ざめた。

俺はベッドに座り、ケツを向けてやった。

「大学生じゃないだろ、もう大人なんだから、それくらいのプレイしてみろよ」

と怒鳴りつけた。

彼女はおずおずとベッド近くの床に膝を下ろし、俺の尻を掴んで顔を埋めてきた。

なおも舐めようとしないので

「言うこと聞けないんなら、もう知らないよ」

と冷たく言い放つと、ちろちろと舌を這わせてきた。

「おえっ…」

えずく彼女。

しかしすぐに再開してくれたよ。

舌で俺の肛門を舐めてくれた。

「舌ねじ込めよ」

と指示すると、言うとおりにしてくれた。

本当に健気だ。

長時間させて、「フェラチオして」と身体を反転させて言うと、股間に顔を埋めてくる。

しばらくしゃぶらせてまた身体を反転し、肛門を舐めさせる。

数回繰り返して彼女の口の中に精液をぶちまけてやった。

最高だった。

「おいしいだろ」

「おいしいです」

彼女は生気のない表情で答えた。

口を漱がせ抱き合ってキスをする。

「フェラチオとキスとアナル舐め、どれが一番いい?」

と訊いてやると、

「フェラチオです……」

と答えてくる。

「へえ、どうして?」

「好きでもない人とキスするのは嫌です。それとアナル舐めは辛いです……」

涙目で応える彼女。

可愛いなあ。

そういうものなのか、とも思ったけどね。

キスを再開する。

そして本番しながらもキスをする。

「ふうっ、ううっ、ふうっ、ううんっ」

息荒くディープキスに応じる彼女。

「何だ、気持ちいいくせに」

とからかってやったよ。

彼女は本番でも、自ら腰を振ってくるし、自ら抱きついてきたりする。

さらにキスも積極的に舌を絡め合わせてきた。

数年前の大学生だった彼女もそれなりに俺の相手をしてくれたし、前述の事もしてくれたよ。

でもむしろ、襲いくる快感にひたすら戸惑い、怯えている様子だった。

それに比べて、今の彼女は、積極性が増したと思う。

やはり大人になったんだな、と思う。

見た目はちょっと大人びた程度で、可憐さは変わらないが。

それが彼女を余計苦しませているのか知らないが、泣きじゃくり続けていたなあ。

「ああん、ああん、駄目です、やめて」

騎乗位で、髪を振り乱して彼女は喘いだ。

下から突いてやると気持ちいいのだろう。

「……っ」

ガクガク震えながら、絶頂を迎える彼女。

構わず続けてやる。

「運命の相手だからだよ。だから気持ちいいんだよ?」

正常位で頬を撫でながら繰り返し言ってやる。

「う、運命……?そんなあ……」

「だから俺達は再会したんだ」

「たまたまです…」

「そうじゃない、運命だよ。君の身体はそう言っているんだよ!?ほら、咥え込んで締めてくるぞ!」

「はあっ、はあんっ、違う、絶対違う……っ」

喘ぎ、泣きじゃくりながら彼女は応えるのだ。

「俺の事、好きになっちゃえば楽だよ?」

とフェラさせながら言うと、彼女は黙ってしゃぶり続ける。

「好きだろ?だから気持ちいいんだよ。素直になっちゃえよ」

腰を振りながら言うと、喘ぎながら首を振る彼女。

そうこうしながら、何度も膣内で出してやったよ。

最高だった。

ッチなPR

ッチな広告