エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 小◯生の頃に専門学校生の叔母と一緒…
投稿:2014-07-12(土)11:00

小◯生の頃に専門学校生の叔母と一緒にお風呂に入った

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:50,384回)
東京都/達也さん(20代)からの投稿

マキ姉ちゃんはボクの母親の年の離れた妹、即ち叔母で、ボクとは8歳しか年が違わないことから、小さい頃はいつも面倒を見てもらっていた。

母は若くしてシングルマザーになってしまったので、ボクたち親子は祖父母やマキ姉ちゃんとずっと同居していた。

小◯生の頃、当時高◯生でその後専門学校生になったマキ姉ちゃんがボクの面倒を見てくれていた。

ボクは優しいマキ姉ちゃんが大好きで、いつもついて回っていたのだけど、そんなボクに嫌がる素振りも見せずにマキ姉ちゃんはいつも相手をしてくれていた。

そして、もうすぐ◯学生になろうかという頃、ボクはマキ姉ちゃんのことを思うと股間が硬くなって痛くなることに気が付いた。

どうしてそうなるのか当時は分からなかったけど、まだ子供のボクはマキ姉ちゃんの布団に潜り込んだりしては、マキ姉ちゃんに抱き付いたり、マキ姉ちゃんの身体に股間を擦り付けたりしていた。

無邪気なふりをしておっぱいにも触らせてもらっていた。

またある時は、マキ姉ちゃんが学校から帰ってくる前に、そっと部屋に忍び込んで下着を見たり触ったりして楽しんでいた。

マキ姉ちゃんは下着を小さく折りたたんで綺麗に引き出しの中に並べていた。

ボクはその1つをそっと取り出しては匂いを嗅いでみたり、時にはズキズキする股間に巻きつけてみたりしていた。

ガーゼのように柔らかい手触りの布地で、マキ姉ちゃんの下着はボクのまだ幼い性器を柔らかく包み込んだ。

でも、まだ勃起のこととかよく分かっていなくて、本能的にそうすることが心地よいだけで、それが悪いことだとは思わなかったし、性に対する十分な知識もなかった。

そんな毎日が続いていたある晩、マキ姉ちゃんと家で2人きりになったボクは、一緒にお風呂に入りたいとマキ姉ちゃんにせがんだ。

「達ちゃんはもうすぐ◯学生なんだから、一緒にお風呂に入ってるなんて言ったら友達に笑われるよ」

マキ姉ちゃんはそんな風にやんわりとボクを諭そうとしたけれど、ボクはボクで、

「誰にも言わないから大丈夫だよ」

と的外れな反論をして説き伏せようとしていた。

マキ姉ちゃんは優しく微笑むと、

「達ちゃん、エッチだね。でも、今日だけだよ」

と言って、ボクのお尻をポンと軽くたたくようにして風呂場に向かうように促した。

喜び勇んだボクはお風呂に直行したが、その時股間の異変に気が付いた。

いつものようにダランとしているのではなく、上斜め60度を向いている。

どんなに元に戻そうとしても、ボクのは上を向いたままだった。

焦っているとマキ姉ちゃんが脱衣所で服を脱いでいる気配がして、ボクは慌てて湯船に浸かった。

マキ姉ちゃんはおっぱいを腕で隠しながら直ぐに入ってきた。

掛け湯をしている間、ボクはマキ姉ちゃんを見ることができなくて、湯船の中に浸かったまま入口と反対の方向に身体を向けていた。

「達ちゃん、どうしたの?」

そう言いながらマキ姉ちゃんが湯船に入ってきたので、ボクは一層恥ずかしくなった。

でも、マキ姉ちゃんには全てが分かっていたみたいで、マキ姉ちゃんは背後からボクの肩にそっと手を置くと、

「おいで」

と耳の後ろで囁くと、自分の方にボクの身体が凭れ掛るように促した。

ボクの身体がマキ姉ちゃんの胸に凭れ掛るような恰好になって背中におっぱいが当たっているのを意識していると、ボクは一層ズキズキした。

心臓が口から飛び出しそうになっているのに、マキ姉ちゃんはボクの脇から腕を伸ばしてくるとボクのモノを手のひらでそっと包んできた。

「!!!」

一気にドキドキが加速して逆上せそうだった。

「達ちゃん、いつからこんな風になってるの?」

ボクは恥ずかしくて、ただ首を横に振ると、後ろから抱きすくめられて、再び耳の後ろから小声で、

「どうなっているのか、お姉ちゃんに見せてごらん」

と言われた。

マキ姉ちゃんの囁く息が耳に掛かってくすぐったかったが、なぜだか興奮した。

マキ姉ちゃんはボクを立ち上がらせてからボクの身体を自分の方に向かせて、目の前に晒されたボクのモノをそっと2本の指で摘まんで見せた。

ボクはマキ姉ちゃんの細い指で触られただけで、硬さが増したのがわかった。

「硬くなってるね」

そう言って、マキ姉ちゃんはボクを湯船の淵に座らせた。

今度はボクの目の前にマキ姉ちゃんの真っ白な裸の胸があった。

マキ姉ちゃんのおっぱいは円錐形に尖っていて、お湯の中で黒い叢が揺れていた。

それを見た途端、ボクのモノはこれ以上はないというほどに硬さを増して痛いほどだった。

「ふふ、可愛い・・・、ピクピクしてるね」

「・・・」

「達ちゃん、触ってもいいよ」

マキ姉ちゃんはそう言ってくれたのだけれど、ボクは余裕がなくて手を出せずにいると、マキ姉ちゃんはボクの膝を少し広げさせると今度はボクのモノをそっと手のひらで包んだ。

温かく柔らかい手に包まれるとボクはムズムズした。

「もう大人だね・・・」

マキ姉ちゃんはそう言いながら、手の指を丸めるようにしてボクの先っぽから根元の方にゆっくりと動かしてきた。

亀頭の先っぽがちょっとだけ顔を出した。

少しヒリヒリしたけれど、時間をかけてマキ姉ちゃんはボクを剥いてくれた。

「達ちゃん、こんにちは」

マキ姉ちゃんは皮から顔を出したボクの亀頭に話しかけると、次はボクの方に視線を移して、

「痛くない?」

と訊いてきた。

「何だか少しヒリヒリする」

ボクが正直に答えると、マキ姉ちゃんはお風呂から上がってボクをプラスチックの椅子に座らせると、手に石鹸を泡立ててボクを洗い始めた。

「達ちゃん、綺麗にしておこうね」

ボクに話しかけているのか、ボクのモノに話しかけているのか分からなかったけれど、とにかく気持ちよかった。

石鹸が少し沁みる気がしたけど、気持ち良さの方が勝ってボクはマキ姉ちゃんに身を任せた。

シャワーでお湯を流してもらうとボクのは真っ赤になっていて少しお湯が沁みた。

でも、それで硬さが萎えることはなかった。

「何だか、ちょっと痛い・・・」

そう訴えるとマキ姉ちゃんはボクを再びお風呂の淵に座らせた。

マキ姉ちゃんの顔がボクの股間に近づいてきていろんな角度からボクのモノを観察していた。

すると次の瞬間、マキ姉ちゃんはボクのまだ毛も生え揃っていない股間に唇を近づけるとパクリとボクを口に含んだ。

「マキ姉ちゃん、そんな・・・汚いよ」

泣きそうになってそう言うと、マキ姉ちゃんは一旦ボクを口から出して、

「今綺麗にしたから大丈夫」

そう言って、今度はボクのものに愛しそうに舌を這わせると、再びボクを口に含んだ。

マキ姉ちゃんの口の中は温かくて、何かが纏わりつく感じがした。

生まれて初めての気持ち良さにしばらく身を任せていたら、いきなりボクのがブワッって大きくなったかと思うと何かが尿道を駆け抜けた。

「ああ・・・!」

ボクは思わず声を漏らしてしまい、朝なってパンツが濡れているか、ゴワゴワしている時に夢の中で感じたことのある感触を目覚めた状態で初めて体験した。

吸い続けられているとくすぐったくて腰を少し後ろに引くと、マキ姉ちゃんの口からボクのモノが出てきた。

ボクのは半分皮に隠れて、もう上に反り返ってはいなかった。

その時、マキ姉ちゃんの喉がゴクリと動いて、何かを呑み込んだ。

本能的にボクは、マキ姉ちゃんがボクの出したものを飲んだのだと思った。

「達ちゃん、こんなの出たの初めて?」

ボクが素直に頷くと、

「そう・・・、お姉ちゃんが初めてなんだね」

そう言うと嬉しそうにボクの身体を抱きしめてくれた。

背中に回した手でマキ姉ちゃんの身体に触れてみたけれど、すべすべで気持ちよかった。

「可愛い・・・」

マキ姉ちゃんはボクを抱きしめながらボクの耳元で囁いた。

それからお風呂の中でマキ姉ちゃんのおっぱいを触らせて貰ったり、上がった後も2人でじゃれあって触りっことかしていたけど、マキ姉ちゃんがボクにその日のことを口止めすることはなかった。

けれども、ボクは無意識のうちにそれがボクとマキ姉ちゃんの2人だけの秘密だと悟っていた。

マキ姉ちゃんはそれからも優しくしてくれて、ボクがふざけておっぱいに触ったりしても、窘めるどころか周りの目を盗んで抱きしめてくれたりした。

今から思うとマキ姉ちゃんのおっぱいは決して大きくはなかったけど、ボクの興奮を掻き立てるには十分だった。

抱きしめられる度にボクの頭の中はぼうっとなって、幸せな毎日が続いた。

気が付くと、寝ても覚めてもボクの頭の中はマキ姉ちゃんのことで一杯だった。

それでいて、子供心にもそのことは誰にも知られてはいけないのだと思っていた。

清楚で綺麗なマキ姉ちゃんは時々ボクだけにこっそりとエッチな表情を見せてくれた。

「達ちゃん、舌を出してごらん」

言われるがままにベロを突き出すと、マキ姉ちゃんの柔らかな唇がそれを挟んで次には舌と舌が絡み合った。

マキ姉ちゃんはブラウスのボタンを幾つか外してボクの手を取ると自分の胸に押し当てた。

ズボンの上から硬く膨らんだボクの股間を、マキ姉ちゃんの細くて長い指が撫でて、ボクはそれだけでパンツを汚してしまった。

マキ姉ちゃんのことだけを想っている毎日だったが、別れはある日突然やってきた。

青天の霹靂だった。

「達ちゃん、お姉ちゃんは明日、寮のある病院に移るんだ・・・」

専門学校を出て、マキ姉ちゃんは看護師さんになっていた。

でもボクは訳がわからず、泣くことでしか自己主張ができずに、ただひたすら泣きじゃくった。

ボクは拗ねて自分の部屋に閉じこもり、マキ姉ちゃんが家を出て行った時も見送らなかった。

マキ姉ちゃんが出て行って何時間も経ってから、祖母がボクの部屋をノックした。

「マキが達ちゃんに渡してくれって・・・」

祖母やマキ姉ちゃんから預かった5百円玉の貯金箱をボクに手渡した。

「それにお金を貯めて、頑張りなって・・・」

何を頑張ったらいいのか解からなかったが、そう告げられた時、ボクはまた泣いた。

お盆になっても正月を迎えても、マキ姉ちゃんがその後家に帰ってくることはなく、いつの間にかボクはマキ姉ちゃんが住む都会の大学を目指してひたすら勉強に励んでいた。

漠然と、都会に出る時の旅費にするのだと思いながら、5百円玉が手に入るたびに貯金箱に投入するのも忘れなかった。

ボクは、ただただマキ姉ちゃんに会いたくてたまらなかった。

お袋も祖父母も、何故かボクにはマキ姉ちゃんの話をあまりしてくれなかった。

マキ姉ちゃんの話をしていても、ボクが来ると話題を逸らしているように感じられて仕方がなかった。

そんな訳で、マキ姉ちゃんに連絡したかったけど、家の人に連絡先をどうしても聞けなくて、お袋や祖父母がマキ姉ちゃんのことを話している時以外、マキ姉ちゃんの様子を窺い知ることはできなかった。

「マキ姉ちゃん、どうしてるの?」

そうやってたまに聞いたりもしたけど短い返事しか返ってこなくて、ボクはボクで、ボクたちの秘密を見透かされそうで、それ以上は誰にも何も聞けなかった。

長い年月が過ぎて志望校に受かり、下宿に移る前日、ボクはマキ姉ちゃんに貰った貯金箱を開けてみた。

開ける前からまだ一杯にはなっていないことは分かっていたけど、マキ姉ちゃんに会いに行くのだという決意の証として、投入口しかない缶詰のような貯金箱を缶切りで開けた。

ザラザラと硬貨が流れ出てきた後、貯金箱を覗いてみると底に紙が貼りついているのを見つけた。

ボクは手を切らないように注意しながら紙を貯金箱の底から剥がして取り出した。

貯金箱の中で硬貨に埋まっていた紙切れは汚れていたが、はっきりと携帯電話の番号が読み取れた。

"マキ姉ちゃんの字だ"

本当はマキ姉ちゃんの筆跡なんて覚えていなかったのに、直感的にそう思った。

でも、その番号はPHSの番号だったので、番号が通じるのかどうかわからない。

どうしてもっと早くお金を溜めて貯金箱を開けなかったのか後悔したが、どうしようもなかった。

直ぐにかけてみることはできなくて、下宿に荷物を運びこんで一段落してから、ボクは恐る恐る紙に書いてあった番号に掛けてみた。

呼び出し音が鳴っているのが聞こえる。

ボクは心臓がバクバクして逆上せそうだった。

その時、電話が繋がる音がした。

「もしもし・・・」

懐かしいマキ姉ちゃんの声だった。

「・・・もしもし、マキ姉ちゃん?ボクだけど・・・」

そう言った途端、マキ姉ちゃんの声が1オクターブぐらい高くなって、

「もしもし、達ちゃん?今どこ?」

と聞いてきた。

ボクは大学に合格して、田舎から出てきたことを告げた。

「おめでとう!」

「ありがと・・・、あの・・・、マキ姉ちゃん、近々会えないかな・・・」

一瞬、息を呑む声が電話の向こうに聞こえたけど、少しだけ小声になったマキ姉ちゃんが聞いた。

「私に会うこと、お母さんやお姉ちゃんは知ってるの?」

マキ姉ちゃんの言うお母さんは祖母のことで、お姉ちゃんはボクのお袋のことだ。

「ううん、誰にも言ってない・・・、どうして?」

自分で尋ねておきながら、ボクは何となくその方が良いと思っていたので、誰にも何も言っていなかった。

小さくホッと息を吐き出したのが聞こえて、マキ姉ちゃんは、

「それは会った時に話すね」

と言った。

聞いてみると、マキ姉ちゃんはもう病院の寮を出て一人暮らしをしていたようだった。

しかもマキ姉ちゃんが今暮らしている町は、ボクの下宿からはそれほど遠くはないことも知った。

マキ姉ちゃんは夜勤とかがあって、休みの日も不定期だったみたいだけれど、3日後に休みが取れると翌日に連絡をもらった。

「達ちゃんは、その日、空いてる?」

「学校が始まるまでは、何もないから大丈夫だよ」

そう言うと、マキ姉ちゃんは自分のアパートの最寄駅と住所を教えてくれた。

「駅まで迎えに行くよ」

そう言ってくれたけど、今は携帯で検索すれば道順はわかるから、と告げた。

3日間は本当に待ち遠しかった。

マキ姉ちゃんの家にお邪魔するのに何を持って行こうか悩んだけど、マキ姉ちゃんが昔、こっそり苺のショートケーキを買ってきて、2人でこっそり食べたのを思い出して、行列のできるパテストリーまで朝のうちに買いに行ってから、マキ姉ちゃんのうちに向かった。

マキ姉ちゃんは駅から15分ほどの小さなアパートに住んでいた。

階段を上がって、住所の一部になっている部屋番号の前に立つと深呼吸をして、インターホンを鳴らした。

マキ姉ちゃんはインターホンには出ずに直接玄関までやってきてドアを開けてくれた。

「えっ?」

マキ姉ちゃんの視線はボクが向けていた視線よりも随分下の方に向けられていた。

マキ姉ちゃんもボクを見上げながらちょっと息を呑んで、

「達ちゃん・・・、大きくなったねぇ・・・」

と感慨深げに行った。

中学・高校の間にボクの背は伸びて、知らないうちにマキ姉ちゃんよりも身長が高くなっていた。

「達ちゃん、早く入って」

マキ姉ちゃんはボクを家に招き入れると、ボクの背中を少し押すようにしながら居間へと連れて行ってくれた。

「マキ姉ちゃん、これ」

ボクがケーキの箱を差し出すと、

「わっ、これ、並ばないと買えないやつじゃない!」

そう言って、喜んでくれた。

「お昼、用意してるからこれは15時に食べようね」

そう言って台所に入って行くと、

「もうすぐできるから、そっちで待ってて」

台所の方からマキ姉ちゃんの声がした。

「達ちゃん、これ好きだったよね」

そう言って出してくれたのは、お袋さえ忘れてしまっているボクの大好物のエビのベーコン巻だった。

マキ姉ちゃんの顔を見ながら好物のエビを口に運んでいると、一気にマキ姉ちゃんがまだ家にいた頃の記憶が蘇ってきた。

そう言えば、面倒を見てくれていたころ、マキ姉ちゃんはいつも僕に何を食べたいか、聞いてくれていた。

食事の後のお茶を入れてくれた後も話は続き、近況を報告しあうのが一段落したのは、おやつの時間だった。

マキ姉ちゃんは何も聞かずに、紅茶を淹れて持ってきてくれて、

「達ちゃん、コーヒー飲めるようになった?」

と聞かれた。

ボクは昔からコーヒーが苦手だった。

何も言わずに首を横に振ると、

「そうだと思った」

と言いながら、ボクが持ってきたケーキを箱から取り出すと綺麗なお皿に乗せてくれた。

「私が苺ショートを好きなの、覚えていてくれたの?」

「うん。マキ姉ちゃんもボクの好物覚えてくれてるじゃん」

「そうだね」

そう言うと、マキ姉ちゃんは"ふふっ"と嬉しそうに笑った。

夕方になって、お暇しようと腰を上げるとマキ姉ちゃんが慌てた風に言った。

「えっ?今日は・・・泊まって行ったら?」

「いいの?」

「でも、エッチなことしたらダメだよ」

ッチなPR

ッチな広告