エチ研TOP
Home > 体験談 > 30代後半に見える47歳人妻からド…
投稿:2015-01-22(木)12:00

30代後半に見える47歳人妻からドライブに誘われた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:8,762回)
アキラさんからの投稿

私の職場は支店長(50歳)と私(仮名アキラ、35歳)とアルバイトの恵子さん(47歳)で回している。

恵子さんは2人の息子がいて、どちらも去年大学を卒業して県外に就職し、今は旦那さんと2人で暮らしている。

47歳だが30代後半ぐらいに見え、スタイルも良く、おそらくはFカップはあるであろう巨乳の持ち主だ。

半年前の事になるが、恵子さんが趣味のママさんバレーの練習中に右足を怪我してしまい、車の運転が出来なくなってしまった。

私の職場は地方でも田舎なので、バスが1時間に1〜2本程度しかなく3人とも車通勤している。

支店長の提案で、支店長と私は交代で朝と帰りに送り迎えする事になった。

私はそれまで恵子さんを特別に女として見たことはなく、綺麗なお姉さん程度に思っていた。

送り迎えを始めて数日経ったある日の帰りに恵子さんから

「今夜ヒマ?」

と尋ねられた。私は特段用事もなく

「ヒマと言えばヒマです」

と答えると、旦那さんが昨日から一週間出張になり、今週は1人ということだった。

旦那もいないし久しぶりに羽を伸ばしたいけど怪我して車も運転出来ないし、遊びに行くにもどこにも行けないからつまらない。

このままちょっぴりドライブしない?と言ってきた。

突然だったのでビックリしたけど、その日の恵子さんの服装はいつもの清楚な感じではなく胸元が開いた胸が強調された格好だった。

普段は香水も付けてないのにその時はとてもいい匂いがした。(仕事中には付けてなかった)

私は何だかいつもと違う恵子さんにドキドキして、初めて1人の女として見てしまった。

私たちは近くのイタリアンレストランで食事をしながら話をした。

私が話す事はほとんどなく、恵子さんの息子の事と旦那さんの愚痴が大部分だった。

恵子さんはワインを飲んでいたが、酒に強くないのでグラス2杯飲むと顔がかなり赤くなり、いつもよりもよく笑っていた。

店を出て、私たちは夜景が綺麗に見える丘の上の展望台に向かった。

駐車場に車を停めて夜景を観ていると、恵子さんが突然泣き出してしまった。

ビックリした私はどうする事もできず、

「恵子さん大丈夫?どうしたの?」

と言うしかなかった。

恵子さんの話によると、旦那さんが3年前から会社の若い女と不倫しているという事だった。

相手は長男と変わらないくらいの年齢で、今回の出張も嘘で不倫相手との旅行だと言う。

もちろん旦那さんとは5年前からセックスレスで、夜の営みも全くないらしい。

「ごめんなさいね。こんな話をアキラくんにして。私、ずっと苦しくていつも職場で優しくしてくれるアキラくんに聞いて欲しかったの。でもアキラくんに話して少し楽になったわ。ありがとう」

と言って泣きながら私に微笑んだ。

私は気丈に振る舞う恵子さんをたまらなく抱き締めたくなり、そのまま恵子さんを強く抱き締めてしまった。

恵子さんは私に抱き締められると今以上の声で泣きじゃくった。

彼女のいい匂いと巨乳の感触で私の理性はブッ飛んでしまった。

一度身体を離し、涙で濡れた瞳を見つめ、

「恵子さん。僕がいるから大丈夫だよ。綺麗だ」

と言って激しくディープキス。彼女は全く抵抗せず自分からも舌を入れてきた。

洋服の上から胸を触るとハァと熱い吐息を漏らす。

洋服を捲し上げ、ブラジャーの中に手を入れて乳首を中指でコリコリすると一段と大きな声で喘ぎ声を上げ、一気に乳首が硬くなった。

ブラジャーを引き下げるとムチムチの巨乳が勢いよく飛び出す。

47歳とは思えないような張りで全く垂れ下がっていない。

「恵子さん。すごく綺麗なオッパイだよ」

と言うと

「恥ずかしいからあまり見ないで」

と言う彼女のオッパイにむしゃぶりつく。

いつもは洋服の上から見る彼女のオッパイは私の想像以上の巨乳だった。

彼女はパンパンになった私の股間を優しく触るとベルトを緩め、チャックを下ろしてパンツから私のギンギンになったペ○スを出すと亀頭に軽くキス。

そして私の顔を見て

「旦那とは比べ物にならないくらい大きい・・・!」

と言って、亀頭を包み込むように舌で舐め回し、口いっぱいに咥えこむ。

今までされたフェラの中でこれほど気持ちいいフェラはなかった。

私はあまりの気持ちよさに思わず

「ああっ」

と声を出すと彼女は

「もっと気持ちよくしてあげる!」

と言って激しく上下に頭を動かした。

「恵子さん!もう限界だ!出ちゃうよ!」

と私は言って頭を動かさないように押さえたが、彼女は止めてくれない。

私は堪えきれず、一気に彼女の口の中に発射してしまった。

物凄い快感で射精後の痙攣しているぺ○スをなおも舐め回し、賢者タイムに入っている私に出したばかりの口の中のザーメンを見せるとゴクリと飲み込んで見せた。

いつもは清楚な感じの彼女だが、その時は物凄くい淫乱ないやらしい女に見えてとても興奮した。

その後、恵子さんの自宅に行き2人で一緒にお風呂。

風呂ではボディシャンプーをお互いの体にたっぷり付けると、私はニュルニュルになった彼女の巨乳を激しく揉みまくり、彼女は優しく両手で私のぺ○スを洗ってくれた。

オッパイを充分に楽しみ彼女の下半身に手を伸ばした。

いよいよオ○ンコに指を入れるとすでに中はトロトロで、太股まで愛液が流れ出していた。

親指でクリ○リスを刺激し、中指と人差し指でオ○ンコを掻き回すと、彼女は私の腕にしがみついて大きな声で喘ぎだし

「ダ、ダメッ!あっあぁ・・・!」

と言うと体をピクピクっと痙攣させ、そのまま浴室の床に座り込んだ。

私が座り込んだ彼女の顔の前にぺ○スを出すと、彼女は本日2回目のフェラをはじめた。

私は彼女の頭を掴むと一気に喉の奥までぺ○スを突っ込んだ。

彼女は多少えづきながらも一生懸命私のぺ○スを根元まで咥え込んでフェラしてくれた。

口からヨダレがオッパイにダラダラと落ちて、ヨダレでドロドロになったオッパイを揉みながら乳首をコリコリしているうちに私はイキそうになった。

それを察した彼女はフェラをピタリと止めると

「今度は口の中でイカせてあ〜げない!w」

と言うと立ち上がり、くるりと反対向きになると私にお尻を突き出した。

私は

「それじゃ入れるよ」

と言ってバックから彼女オ○ンコにぺ○スをブチ込んだ。

最初はゆっくり腰を動かしながらオッパイ揉む、

「キスして」

と彼女が言ったので、ディープキスをしながらピストンを速めると彼女の声が段々と大きくなり、近所に聞こえるんじゃないかと思えるくらいの大声で喘ぎ出したので手で口を押さえた。

彼女は私の指を咥えて舐めまわしながら自分で乳首をコリコリしていた。

そんな彼女を見た私はとても興奮し、両手で彼女の腰を掴むと狂ったように腰を動かした。

「恵子さん!出すよ!中に出すよ!」

と私が叫ぶと彼女は何度も首を縦に振り泣き声のような声で

「アキラくんの好きにして!私をめちゃくちゃにして!」

と彼女が叫んだと同時に、私は彼女の中に何の躊躇もなく思いっきり大量のザーメンを発射した。

2人繋がったままディープキスをしてセックスの余韻に浸ったのちぺ○スを引き抜くと、彼女のオ○ンコから私のザーメンがドロドロと浴室の床に流れ落ちた。

結局その日は恵子さんの家に泊まり、明け方に旦那さんと眠っているダブルベッドで出社前にセックスをした。

旦那さんへの罪悪感なのか、彼女はベッドでのセックスは非常に激しく、まるでメス犬のような乱れっぷりだった。

現在でも週に2回はセックスを楽しんでいます。

- 終わり -
コメントを書く

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告