エチ研TOP
Home > 体験談 > 橋本環奈似の妹とセックスしていたら…
投稿:2016-02-09(火)03:15

橋本環奈似の妹とセックスしていたら、母親に見つかった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:70,988回)
悟さん(20代)からの投稿

妹は現在高◯2年になるが、風呂にも一緒に入る程俺と妹は仲良しだ。

俺、悟21才、妹、麻衣17才。

芸能人に例えるなら、アイドルの橋本環奈似!

いや!橋本環奈より美少女!(親バカならぬ兄バカ!)

ある日の夕食時、俺と妹の前で母親が、父親に

「悟と麻衣が仲良し過ぎてて心配!」

と話をした。

すると父親は、

「兄妹が仲良くて何が心配なんだ?」

とあまり興味がない感じ。

続けて母親が、

「お風呂も一緒に入ってるんですよ!?」

という話にも、

「二人一緒に入ったらガス代の節約になるじゃないか」

と呆気ない返事。

両親の会話を聞いていた俺と麻衣は、顔を見合せ、思わず笑ってしまった。

すると父親が、

「悟、麻衣、仲良くする事は良いことだ!しかし、避妊はちゃんとする様にな!」

と驚きの言葉が・・・。

母親の焦る姿を尻目に俺と麻衣は風呂へと消えて行く。

風呂の中でも俺達のイチャイチャは続き、お互いの身体をタオルではなく、風俗の様に手や身体を擦り合って洗う。

身体を洗い終わると俺は浴槽に座り、麻衣がフェラをするということを日課にしていた。

この日もいつもの様にフェラをしてもらっていたら、風呂の扉に人影が・・・。

姿、形からして母親だ!

俺は麻衣に笑いながら人影を指差し、人影が母親だと言うとニッコリ笑い、激しくしゃぶり、母親に聞こえる様にジュボ!ジュボ!と音を立ててフェラを続ける。

すると風呂の扉が少し開き、母親が見ている。

母親に見られて興奮して、射精しそうになり、

「麻衣!イクッ!胸に出すよ!」

と言うと麻衣はニッコリ笑い、今まで以上に激しいフェラをしてきたので、射精直前に麻衣の口からチンポを抜き、麻衣の胸に目掛け、射精した。

ドピッ!ドピッ!ドピッ!

麻衣の胸には大量の精子が付いた。

お掃除フェラをしてもらって、麻衣の身体を洗い流して、風呂を出た。

風呂から上がった俺と麻衣は、母親を尻目に麻衣の部屋でイチャイチャ。

風呂でフェラして射精したにもかかわらず、麻衣の胸を触っているとムラムラしてきて、我慢出来ずに麻衣を押し倒した。

麻衣はニッコリ笑い、

「お兄ちゃん!今度は麻衣が気持ち良くなりたい!」

と言うので、麻衣のパジャマを全て脱がして、麻衣の胸を舐めたり、揉んだりしていると、

「あ〜あ〜」

と感じている麻衣。

続けてオマンコを舐めていると、

「お兄ちゃん!気持ちいい!」

と言って感じている。

オマンコを舐めていると、

「お兄ちゃん!オチンチン舐めたくなった!」

と言うので俺が寝て麻衣が上になり、フェラをする事に・・・。

麻衣のフェラは、手でゆっくりとシゴキながら、亀頭をくわえるフェラだ。

しばらくフェラしていた麻衣だが、

「お兄ちゃんのオチンチン、麻衣の中に入れたい!」

と言うので、ゴムをして、麻衣が俺のチンポを握り、腰を落としてきた。

麻衣が、

「あっ!お兄ちゃんのオチンチン、大きくて気持ちいい!」

と言って腰を動かし出した。

上下にぎこちない動きだが、麻衣の中は締まり良く、気持ちいい。

時々、俺が麻衣の腰を持って、前後に動かすと、

「お兄ちゃん!それ!気持ちいい〜!麻衣!おかしくなる〜!ア!」

と言って俺の上に倒れ込んだ!

「麻衣、イったのか?」

と言うと、麻衣はニッコリ笑い頷いた。

次に麻衣を寝かし、正常位で麻衣の中にチンポを入れ、腰を動かし続けていると、射精しそうになり、

「麻衣!イクッ!イっていいか?」

と言うと麻衣は、

「お兄ちゃん!気持ちいい!麻衣でイって!」

と言うので、

「麻衣!麻衣!麻衣!イクッ」

と言って、ゴムはしているが、麻衣の中でイった。

射精が落ち着き、麻衣の中からチンポを抜くと、ゴムの中にたくさんの精子。

ゴムを外し、麻衣に見せると、

「お兄ちゃん!いっぱい出たね!」

と嬉しそうに笑い、キスをしてきた。

余韻に慕っていると突然、部屋の扉が開き、

「悟!麻衣!あんた達、兄妹で何してるの!?」

と母親が入ってきた。

突然の事に俺と麻衣が固まっていると、母親が、

「とにかく服を着なさい!」

と言うので、慌てて服を着た。

服を着た俺と麻衣は母親の前で正座。

母親は、

「いつからそんな関係になったの?」

と言うので、

「麻衣が1年の時から!」

と言うと、

「そんな前から!?麻衣が妊娠したら、どうするの!?」

という質問に、

「ちゃんとゴムしてる!」

と言うと、

「ゴムしてても中出ししたら妊娠する可能性があるの!」

という正論に言葉を失う俺と麻衣。

改めて母親を見ると、着ていたブラウスのボタンは三段目まで外れて、ピンクのブラが見えた。

俺の視線に気が付いた母親は、

「悟!あんた、何考えているの!?」

と言ってブラウスを直そうとした。

俺は母親を押し倒した。

■続き[2016.02.09_15:13]

麻衣とのセックスを母親に見られ、母親を押し倒した続き。

母親は46才になるが、女優の松下由樹似の美人で、しかもFカップの爆乳!(後にブラで確認)

俺は、母親を押し倒し、着ていたブラウスを乱暴に破り、ピンクのブラも剥ぎ取り、

「お母さん!お母さん!」

と言いながら、母親の胸を揉んだり、吸ったりしまくった。

突然の事に母親は、

「悟!止めなさい!私はあなたのお母さんなのよ!」

と言って必死に抵抗している。

母親の胸を揉んだりして、吸ったりしている内に、母親のオマンコが気になって、スカートを捲り、パンツを剥ぎ取った。

母親は、

「悟!本当にやめて!お願い!」

と抵抗するが、俺がオマンコを舐めたり、中に指を出し入れしていると、母親は両手で自分の口を塞ぎ、俺や麻衣に感じているのを気付かれまいと、必死に我慢していた。

母親の必死の我慢に俺のいたずら心に火が付き、一段と激しい出し入れをしていると、

「悟!やめて!ダメ〜!」

と言う声と共に、母親のオマンコから、

「グジュ、グジュ」

という音がして、液体が流れ出してきた。

母親の愛液だ。

俺の手マンでイってしまった母親はぐったりしているので、俺は母親にチンポをくわえさせる。

抵抗され、俺は無理やりチンポをくわえさせ、母親の頭を持って、腰を動かし始めた。

母親のエズキを無視して、腰を動かし続けていると入れたくなり、再び母親を押し倒し、足を広げて、コンドームを着けていないチンポを母親のオマンコに突き刺し、腰を打ち付けた。

母親は、

「悟!ダメ!私達、親子なのよ!抜きなさい!」

と口では言うが、抵抗はしなかった。

更に俺のいたずら心に火が付き、母親に、

「優子(母親の名前)のオマンコ、気持ちいい〜」

と言うと、母親は、

「そんなこと言わないで!」

と完全に感じている様子。

興奮してイキそうになり、母親に、

「そろそろイキそう!優子の中に精子に出すよ!」

と言うと、

「絶対にダメ!中出しはダメ!外に出して!」

と言う母親を見ながら、激しく腰を打ち付け、

「優子!イクッ!ダメだ!中に出すよ!」

と言って母親のオマンコの中に精子を出した。

麻衣に出したにも関わらず、結構な量の精子だった。

母親が、

「中出ししないでって言ったでしょ?妊娠したらどうするの?」

と言うので、

「妊娠したら、産んでよ!」

と言うと、

「息子の子どもを妊娠したなんて言えない!」

と言って部屋を出て行った。

母親とのセックスはなくなったが、麻衣とのセックスは相変わらず続いている。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告