エチ研TOP
Home > 体験談 > ソープで指名して出てきた風俗嬢は妹…
投稿:2011-02-24(木)11:00

ソープで指名して出てきた風俗嬢は妹だった

本文(累計閲覧数:56,636回)
名無しさんからの投稿

先日の話、俺は競馬で稼いだお金(10万程)を持ってソープ街へと足を運んだ。

そこでとある店に入店。

初めて入った店だが、料金がお手頃なのと結構タイプの娘がいたので迷わず指名する。

部屋で待っていると

「お客様、申し訳御座いません。お客様の御指名頂いた娘が体調不良で先程帰ってしまいまして…」

と店長らしき男が謝って来た。

「なにっ!」

と、ちょっと厳つくすると

「申し訳御座いません!こちらのミスで大変ご迷惑をお掛けしました。別の娘なら直ぐに用意出来ますが…」

と言ってきたので

「どんな娘?」

と聞き返すと。

「あいにく写真がありませんので、直接本人に来させます。お気に召さなければ代金をお返ししますので…」

と言うので俺は承諾した。

暫くして部屋のドアがノックされ、

「失礼しまぁ〜す」

と、どこかで聞いた事のある声の娘が入ってきた。

顔を見てビックリ!

妹だった…。

「なっ!?香織!?」

妹も驚いた表情で俺を見ていたが、直ぐに

「お客様、先程は失礼しました」

と続けるではないかっ!

俺は

「何言ってんだよ!?」

と、妹に近づいて話をしようとすると。

「お客様、当店の御利用は初めてで御座いますか?」

と、あくまでも知らないフリをするが目は俺に何かを訴えようと必死だった。

そして更に

「お客様、当店のシステムを簡単に御説明します」

と言って俺の腕を掴んで浴室へと連れて行かれた。

そしてドアを閉めると

「はぁ〜…マジでぇ〜?」

と、さっきまでとは違ういつもの妹の喋りに変わった。

「マジでぇ〜じゃねーよ!俺のがビックリしたわ…」

「ちょっとお兄ちゃん。絶対!私達が兄妹だって事バレない様にしてねっ!」

と言ってきた。

「な、何でだよ?」

「偶然とは言え、家族の誰かが来ちゃったら私ここのバイト辞めさせられちゃうの!」

とかなり必死だったので、

「お前、そんなに金に困ってるのか?」

と心配になって真面目に聞いてみたら

「べ、別に困ってる訳じゃないけどさ…普通のバイトより稼げるからさ…なんかバカらしくって」

と…。

更に、

「私って臨時だから、今みたいに急に誰かが抜けた時にだけ入る感じで常には出てないのよ…。たまたま今日はお兄ちゃんの前にやっぱり抜けた娘の穴埋めで来てて、終わったと思ったら店長にまた頼まれたって訳よ」

と…。

俺は疑問に思ってた事を聞いた。

「まぁ事情は分かったけど、よ、何でココで話すんだ?」

と聞くと

「そっちの部屋は店が監視してるの…変な客がたまに女の子と無理矢理やろうとするから、カメラとマイクで監視してるから、私達の会話も聞かれちゃうの…でも、浴室はカメラも無いしマイクも無いから見られたり聞かれたりしない訳…その代わりに、いざという時の為に非常ボタンがあちらこちらに設置してあって、もし襲われたらボタンを押せば直ぐにスタッフが掛け込んで来るって仕掛け」

「なるほどねぇ〜」

納得した俺は

「じゃ、俺帰るわ」

と片手を上げて出て行こうとすると。

「えー!?帰っちゃうの!?ちょっと待ってよ!そんな事されたら私のバイト代が減るじゃん!」

と猛抗議してきた。

「何言ってんだよ!お前となんか出来るかい!」

「えー別にただお風呂入るだけでもいいから時間まで居てよ〜それに今帰られたら変に怪しまれるじゃん!帰るなら私が部屋に入って直ぐに帰らなきゃ絶対疑われるから〜」

と急に甘えだしたので、何だかんだ言ってもやっぱり可愛い妹に甘い俺は

「しょうがねぇーなー」

と言ってしまった。

すると

「やったぁ〜♪背中ぐらい流してあげるね♪」

と言ってきたので、

「別にいいよ、そんな事しなくても」

と言っておいた。

俺達は一旦浴室から部屋に戻り

「ではお客様、準備をして来ますので、服を脱いでお待ちください」

とバイトモードに変わった妹は再び浴室に入って行った。

その間、俺は服を脱ぎタオルを腰に巻いて待っていた。

暫くして

「お客様どうぞ、お入り下さい」

とドアが開き呼ばれた。

どういう訳か妹もバスタオルを身体に巻いていた。

俺だけが風呂に入るのに何で?と思ったから

「何でお前までバスタオル巻いてるんだ?」

と聞くと、

「一応ね…たまにね、あちこちにある非常ボタンを誤って押しちゃう時があるから用心の為に万が一スタッフが来ても大丈夫な様にね」

と…その時は妹の裸が拝めるのか!?と想像してしまった…。

「そんじゃ風呂でも入ってサッパリして帰るか!」

と言ってタオルを外し、泡風呂へと身体を沈めた。

広い浴槽は俺1人では勿体無いくらいだった。

すると妹が近づき

「私も浸かろうかなぁ〜」

と言って来た。

まあ一緒に浸かるだけならと思い、

「そっか、入れよ」

と声を掛けた。

「じゃ、入るねぇ〜♪」

と言いながらバスタオルを外しに掛ったので、俺は目線を逸らした。

泡だらけの浴槽に2人向かい合わせで浸かった。

「何か変な感じだね…家でもないお風呂に一緒に入ってるって」

と、何か嬉しそうな表情で言ってきたので

「そうだな、家の風呂でも一緒に入ってたのって、香織が10歳くらいの時までだったしな」

と答えた。

「そっかぁーもう10年以上前の事なんだねぇ」

と昔を懐かしんでいるところに水を差す様に

「そうそう、香織の身体がまだどっちが正面か後ろか分からない頃だ♪」

と、ちょっとからかう様に言うと

「仕方ないじゃん子供だったんだからぁー!」

と少し膨れ面で言ったので

「今も大して変わらないんじゃないのか?」

と冗談で言ってみた。

すると

「失礼ねー!今見たらお兄ちゃん、絶対!絶対興奮するから!」

と威勢良く言うもんだから

「はいはい…無理するなって」

と軽くあしらったら

「あー信じてないなぁ〜」

「どうだぁ!」

と、いきなり立ち上がってポーズを取った。

少し泡の付いた身体は見事なまでのプロポーションだった。

95cmのEカップに60cmのウェスト、88cmのヒップ(後で聞いた)と、思わず見とれてしまい、一番俺の目を釘付けにしたのは、綺麗にツルツルとなっている股間である。

直ぐに俺のムスコはMAX!

ポカ〜ンとしていると再び湯にしゃがんだと思いきや、そのまま四つん這いになり近付くと俺のMAXムスコをいきなり掴んだ。

「わーい!興奮してるぅー!♪」

突然の事で俺は一瞬何をされたのか分からず

「うわっ!何してんだよっ!」

と言うものの、流石バイトしているだけあって扱いには慣れたもので、本気で払いのけられなかった。

「ついでだから抜いてあげるよ♪」

そう言うと

「こっち来て」

と浴槽から上がりマットへと誘われた。

マットに仰向けになり足を少し広げると、その間に妹が四つん這いで近付いてMAXムスコを右手で掴んだ。

「お兄ちゃんの大きいよね♪」

と聞かれたが、他人と比べた事なんて無いのでどれだけ大きいのか分からず、

「そうなのか?」

と逆に聞き返すと。

「うん…少なくとも私の知る範囲では大きい方…ってか一番かも♪」

そんな事を言いながら妹は右手で竿を扱き左手で玉を優しく転がす様に揉み、刺激してきた。

おもむろにシャブリ始め、チュパチュパとイヤらしい音を立てながら手も使い快感を与えてきた。

「お〜香織上手いなぁ〜」

「まぁね、1年近くもシャブリ続ければ大抵の男は直ぐにイカせる自信あるよ♪」

と自信ありそうな言い方をするので、

「なぁ香織、一緒にやってどっちが先にイクか勝負しないか?」

と提案してみた。

「え?勝負って…何、賭けるの?」

「そりゃ勿論、俺が勝ったら、ここの料金は返してもらう」

「じゃあ、私が買ったら?」

「そうだな、好きな物…3万円以内の何か買ってやるよ!」

と言うと

「マジっ!?やる!♪」

と、すかさず69の体勢になった。

目の前にはパイパンマムコが!

そして妹が、

「じゃ行くよ〜よ〜い、ドン!」

と言う合図と共に再びフェラが始まった。

今度のフェラはかなり激しくバキュームあり焦らしありと強弱を付けたフェラは流石にヤバかった。

俺も負けじとクンニをする。

クリトリス、尿道口、アナル、そしてヴァギナと出来る限りの攻撃を浴びせた。

時々フェラを中断させる為に

「なぁ香織って最初からパイパンなの?」

と聞いてみたりして口を離させた。

「違うよ…でも、ほぼパイパンに近かったから、ここの面接受けた時、店長からどうせなら処理しちゃった方がお客ウケもいいからって言われて脱毛処理してる」

と答えた。

「へぇ〜どうりで綺麗な訳だ」

「でも永久じゃないから3ヶ月に1回は処理しないとならないんだ…」

そう答えている間に俺は徹底抗戦をする。

ソープで鍛えたこの身体、いくら妹が上手いと言え、そう簡単には発射しない自信はあった。

そしてとうとう

「あぁぁ…もう我慢出来ない!」

と言ってフェラを止めてしまい、身体の向きを変えると、MAXムスコを掴んで自分から挿入していった。

「おいおい、本番は禁止だろ?」

「しぃ〜今日は特別♪」

そう言って自ら腰を動かし始めた。

「あぁぁん!気持ちぃぃぃこんなに大きいの初めてぇ〜!」

と容赦なく自分の中に硬くなった肉棒を抜き差ししていた。

流石の俺も生でやるのは久し振りで、しかも相手が妹となると興奮度はいつもの比じゃなく、気を抜けば直ぐに発射してしまいそうだった。

妹は自分のペースで快感を味わっていたが、俺の方は正直ヤバくなってきていた。

「香織そろそろ…」

と言っても妹は一向に腰の動きを止めようとはせず、それどころか身体を倒して来てキスを始めた。

俺はもう限界だったので

「香織!マジ出ちまうっ!」

そう訴えたら

「いいよ…出しても…あんっ!」

と…。

「いいよって、このまま中に出してイイのか?」

と聞くと

「うん、いざという時の為にピル飲む様に言われてて飲んでるから大丈夫だよ…あんっ!」

そう言う事ならと遠慮なしに思いっ切り注いでやろうと、身体の位置を入れ替えて俺から高速ピストンでイカせて貰った。

「あんっ!あんっ!あんっ!スゴイ!お兄ちゃん!イッちゃう!あんっ!」

最後は

「あぁぁぁぁぁぁぁ!」

と言うだけで、俺も

「イク!出るっ!」

と言って妹の膣奥深くにザーメンを注いだ。

暫く繋がったまま余韻に浸っていた。

そして

「なぁ、いまの勝負って俺の勝ちだよな?先に香織がフェラ止めて本番始めたんだから…」

と言うと

「そうだよね…ねぇ、身体で払うのはダメ?」

と聞いてきたので

「しょうがねぇなぁ〜」

と俺も実のところ満更でも無いと思っていたので、逆に妹から言われてラッキーだった。

「じゃ、取りあえず私これでバイト上がるから、帰りにホテル寄ってもう1回しよ♪」

と言ってきた。

「1回でいいのか?」

と聞くと

「え?んふふ〜♪何回でもいいよ♪」

ッチなPR

ッチなPR

ッチな広告

サイト新着記事(外部)