エチ研TOP
Home > 体験談 > ファーストキスしながら潮吹きをした…
投稿:2016-07-12(火)11:12

ファーストキスしながら潮吹きをした初体験

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:23,873回)
茨城県/名無しさん(20代)からの投稿

私には付き合って6年の彼氏がいます。

高◯1年生のときに私が告白をして付き合うことになりました。

彼の家で一緒にお昼寝をすることはありましたが、半年間は手を出して来なかったので家に帰っては1人エッチをする毎日が続きました。

夏になり、性欲が溜まり溜まった私は放課後にスカートを限界まで巻いて、ブラジャーを脱いでシャツ一枚で彼の家に向かいました。

身体中汗べっとりでシャツが胸に張り付く。

彼の家の玄関前についた時には決心がついていたので、シャツの第3ボタンまで開けギリギリまで攻めの姿勢で行きました。

彼が玄関のドアをあけると私の胸に釘付けになっている顔が可愛くて、乳首が勃ち過ぎて痛かったです。

彼の部屋に案内されると冷房が効いていて、とても気持ちよくて2人でお昼寝をすることになりました。

彼が緊張してるのが丸わかりで微妙に汗ばんでいました。

「暑いからから脱ぐね・・・」

そう言って上半身裸になり、私に腕枕をしてきた。

柔道部で鍛えた胸板、割れた腹筋、ゴツゴツした腕に抱かれ寝れるはずもなく、彼の汗の匂いで私のアソコ濡れているのがわかりました。

彼は天井を向いてスヤスヤ寝てるのを見て1人エッチをせずにはいられませんでした。

第3ボタンまで空いてたシャツから胸をそっと出して、彼の匂いを嗅ぎながらアソコに指を入れる。

いつもとは全く違う感覚に我を忘れ、ひたすら指を出し入れしていました。

声を出さないように我慢をしていましたが、クリが擦れるたびに体がビクついてしまって彼を起こしてしまいました。

「違う、まって、離れて」

「続けていいよ」

「恥ずかしくてできないよ、嫌いにならないで」

「我慢させちゃってごめんね、続きは俺がやるよ」

そう言って彼は腕枕をしてる状態で私の方を向き、私を抱き寄せキスをしてきました。

いきなり舌を入れられ何がなんだがよくわからずクラクラしていると、寝ている状態で対面している体勢から私のお尻に手を伸ばしてきてアソコに指を入れられました。

さっきまで1人エッチをしていたので指を入れられた瞬間に

「イカされる」

と思いました。

耐えられはずもなく、10秒も経たないうちにイカされました。

泣きながら痙攣して気がつけばベットは濡れていて、この時人生で初めての潮吹きを経験しました。

ただこの時は死ぬほど恥ずかしくて、ファーストキスを奪われながらイカされ潮まで吹いてしまったことで理性が吹っ飛んでしまい、ふわふわした気分が続きました。

「俺の触って、これで可愛がってあげる」

と言ってスボン脱ぎチンチンを出してきました。

それを見た時に変な汗が出ました。

私がいつも使ってるバイブより大きい、太かったからです。

「怖いよ・・・こんなの入らないよ・・・また今度にしようよ」

「大丈夫だよ、俺の女にしてあげるよ」

この時完全に堕ちました。

添い寝して状態で自分から彼に背中を向きお尻を突き上げ、顔だけ彼の方に向けて・・・、

「お願いします・・・いっぱい可愛がってください・・・・・・」

彼の満足そうな顔を見て私は征服されている自分に酔っていました。

彼はゆっくりチンチンをアソコに押し当てると腕枕してる手で私の顔をぐっと引き寄せ舌を激しく絡ませながらキス、片方の手で前の方からクリを擦ってきました。

クリに擦られてるだけで死ぬほど気持ちいいのに彼のチンチンが少しずつ私の中を押し広げて入ってきます。

やっと全部入ったときはアソコの中が詰まってる感がいっぱいで苦しくて痛かったですが、今度はクリをつまんでコリコリしたり左右に揺らしたり・・・その上ゆっくりチンチンを出し入れしてくる。

ずっと逝けそうで逝けない状態が続き、私はありったけの声で喘いでたと思いますよ。

あともう少しで逝けるって所で彼がチンチンを抜きました。

「えっ?どうしたの?」

この時、完全に中に出してされたと思って絶望しました。

そしたら彼が今までにない真剣な表情で

「愛してる」

半年間付き合っていて愛情表現を一度もされたことがなくて、エッチもしようとしてこないから自信をなくしていた私は鳥肌が立つほど嬉しくて嬉しくて

「私も愛してま・・・」

言い終わる前に彼がチンチンを入れてきて全力で腰を振られました。

今までに溜まったていた気持ちよさが一気に解放されて、視界にはピカピカ点滅するように眩しく、頭痛と同時に今までに味わったことのない快感が襲ってきました。

体がブルブル震えているのがわかって怖くて必死に彼を止めようとしてたけど、うまく言葉にできず、その間ずっと全力で腰を振られました。

私が言ってもしばらく彼は全力で腰を振っていて、私の足、腕、顔までも酷く痺れ始め苦しくて苦しくて逃げ出したかったけどもうどうにもできなくって、力を振り絞って彼の腰に手のひらでパンパン叩きました。

彼はかなり息を切らしながら、

「もっと?」

もうなす術はありませんでした。

もう喘ぎ声なんて出ません。

ヨダレを垂らして痺れながら痙攣してる体を必死に抑える。

息もおぼつかないのに彼の舌を捻じ込まれ、クリを激しく擦られ、全力で腰を振られました。

彼は当たり前のように中出しをしていて、私はまた潮吹きをしてしまいました。

気持ちよすぎて死ぬのかなと思った。

人生で初めてのキス、潮吹き、中逝き、中出しを経験した私は文字通り「彼の女」になれたことが何より嬉しかった。

そのあと気を失うようにして寝ました。

どれくらい寝たかわからないですが、すっかり外が暗くなっていることに気がついて目を覚ますと、彼が最初体位のまま私にチンチンを入れていました。

朝立ち+二発目ということもあり、何度もイカされたあげく、また当たり前のように中出しされました。

今思うと高◯1年生で中出しなんておかしいと思いますが、彼に愛してると言われて拒めませんでした。

結局そのあと2人で大慌て、生理が大幅に遅れて産婦人科のお世話になりましたが、無事に生理がきました。

自分の子供には避妊だけはちゃんとしろ!と口酸っぱく言うつもりですが、彼のチンチンに会うサイズのコンドームが見つからなくって、お金は彼氏持ちでピルを飲むことになりました。

ピルを飲んでいても中出しはダメと言って何回も喧嘩しましたが、イカされてしまうと拒めない私も私です。

この初体験以来、彼に抱かれるたびに彼から離れることができないんだろうなとつくづく思います。

彼の女になれたのもそうですが、彼が本当の女にしてくれた気がします。

彼に出会って女に生まれてよかったと思ってます。

逆にイッたことがない女性に対して人生損しかしてないよと言ってあげたいです。

彼との初体験は子宮に当たって正直痛かったけど、痛い所も気持ちいい所も全部引っくるめて一度に攻めてくれる大きなチンチンが1番気持ちい。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告