エチ研TOP
Home > 体験談 > 【レイプ】飛び込み営業で軟禁され、…
投稿:2014-02-16(日)03:00

【レイプ】飛び込み営業で軟禁され、迎えに来た女上司が犯された。

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:36,344回)
加藤さん(20代)からの投稿

もう10年も前の事なので語ってもいいかな。

当時、僕は某金融会社の営業で毎日飛び込みでいろんな会社を回っていた。

何のノウハウもなく、ただ会社を訪問し、お金を借りる予定はないか聞いて回るだけの毎日で、成果が上がる筈もなく日々が過ぎていった。

ある日、雑居ビルの中の会社に足を踏み入れて僕は背筋が凍った。

社員は皆背広を着ているが、ネクタイをしていない人がほとんどで、どう見ても勤め人に見えなかった。

すぐに回れ右をして出て行こうとしたが、若い男がすっと入り口の前に立って行く手を阻んだ。

「何の用だい、お兄さん?」

部屋の奥で、靴を履いたまま机に足を上げて座っている男が声をかけてきた。

「すみません、間違えました。失礼しまーす」

そう言って出て行こうとしたが、男たちはそれを許してくれなかった。

あっという間に5、6人の男達に囲まれると、周りからプレッシャーをかけられて、奥にいる男の前に立つ羽目になった。

「何か、良い話でもあるのか?」

「いいえ、間違えて入ってきただけで・・・」

「うそつけ!」

後ろから怒号が飛んで、僕は萎縮してしまった。

それからカバンの中の物を出させられて、身元がバレると奥に座った男が言った。

「誰かに引き取りに来てもらえよ」

「はい?」

「だから、お前んとこから誰かに来てもらって身柄を引き取ってもらえ、と言ってるんだよ!」

「そんな・・・」

「男はダメだぞ、女だ、女!」

こんなところに女性社員を呼んだら、とんでもない事になりそうな事は十分に予測できたが、僕は恐怖に負けた。

「もしもし、課長ですか?ちょっとトラブルに巻き込まれまして…、ええ、、○丁目の交差点にまで来ていただけませんか?」

男達に言われるがままにその会社の前の交差点を言わされ、そこまで告げると携帯を取り上げられて電源を切られた。

僕の課長は昔どこかの銀行で勤めていた転職組みで、社内では珍しい女性の管理職だった。

当時、既に三十半ばだったが、細身でスーツ姿がカッコ良い、いかにもデキる女性という感じの人だった。

"この異常な雰囲気を感じ取ってください。絶対に1人で来ないでください"

心の中でそう念じたが、課長はすぐに来てくれた。

願いも空しく、1人だった。

若い男がビルの外で待っていて、課長が着くとすぐにビルに連れ込んで、事務所にまで連れてきた。

「課長…」

「加藤くん、大丈夫?」

若い男たちに何度か小突かれたり殴られたりしていたので、少し腫れ上がった僕の顔を見て課長が聞いてくれた。

僕だって大声で脅されたぐらいでは、会社の人をこんなところに呼び出したりしない。

課長は僕のところに駆け寄ると、男たちの方を振り返って言った。

「こんな事をして、警察沙汰になりますよ!」

課長は気丈に対抗してくれたが、そんな脅しが通用する相手ではなかった。

あっという間に課長は男たちに囲まれて、猿轡を噛まされると丸裸にされてしまった。

自分の事が情けなくて、ずっと目を伏せていた。

涙が出てきたけど、課長の裸を目にした瞬間、僕の股間は大きく膨らんでしまった。

「おっ、こいつ、自分を助けに来た上司の裸を見ておっ立ててやがる」

そう言われて、僕も下半身を裸にされると、そそり立ったものを課長の前に晒してしまった。

課長が僕から目を逸らしてくれたのが分かった。

それからは酷かった。

課長は男たちに弄ばれ、陵辱の限りを尽くされたが、気丈にも男たちを睨みつけたままでいた。

「お姉さん、強いねぇ」

若い男がそう言うと、僕の髪を掴んで課長の所に連れて行かれると、おっぱいを吸うように命じられた。

細身の身体からは想像を遥かに超えて課長のおっぱいは大きく、何と言っても乳首が見た事がないくらい長かった。

「すいませんすいません」

僕は小声でそう呟きながら、赤ん坊用のおしゃぶりより遥かに長い課長の乳首を吸い、口の中で転がすと課長の顔が初めて歪んだ。

「おっ、部下に乳を吸われるのなら感じるのか?」

男たちに野卑な言葉をかけられながらも僕は課長の胸を吸い続け、課長の股には1人の男が持ち出した大人のおもちゃが押し付けられた。

おもちゃの振動と僕の唇で愛撫を受けながら、課長の身体が小さく震えたのが分かった。

「やっとイッたぜ」

それから課長は男たちに小さな女の子がおしっこをさせてもらう時のように抱え上げられ、勃起したままの僕のペニスを無理やり入れられた。

入る時に抵抗感はなく、するっと奥まで入り、男たちに強制的に腰を振らされて僕は"すみません、すみません"と心の中で謝りながらも課長の中で果てた。

「一部始終撮ってあるからな。欲しけりゃ、明日金を持って来い」

そう言って僕達に服を放り投げると、男たちはようやく出口への道を空けてくれた。

2人の服を掴み、放心状態の課長の肩を抱えて僕はとにかく事務所の外に出た。

課長を庇いながらズボンを穿いて、課長にスカートと上着だけ着せると、ビルの前でタクシーを拾って僕のアパートにまで逃げた。

「警察に届けましょう」

やっとの思いで声をかけると、課長はその時初めて首を振りながら"わっ"と泣き出した。

僕が電話の受話器を上げると課長は"ハッ"と顔を上げて、僕から受話器を取り上げると元に戻した。

「加藤くん、やめて!」

「課長!」

「あんなのバラ撒かれたら私…もう生きていけない…」

「でもあいつら、金を持って来いって…」

「貯金ならあるわ」

「そんなの理不尽ですよ!」

しばらく押し問答を続けたが、課長の言葉で僕は諦めた。

「加藤くんも私の中でイッたのよ」

「…」

「イッたわよね?」

畳みかけるように言われて、僕は頷くしかなかった。

「シャワー借りていい?」

僕は黙ってバスタオルをベッドの下のボックスから取り出すと、黙って課長に手渡した。

シャワーのお湯を頭から被りながら、課長が泣いている姿がスリ硝子に映っていた。

「せめてお医者さんには看てもらいましょうよ」

課長を説き伏せてその日のうちに産婦人科の医者に看てもらいに行った。

医者は信じなかっただろうけれど、僕が付き添って行って遊びが講じてそうなったと言い訳した。

医者に行く前に、課長は会社に電話をすると、課長と加藤は外活の後、直帰しますと告げてくれた。

課長を1人にしておくと何をしでかすか心配だったので、僕はその日、課長を僕のアパートに連れて帰って泊めた。

翌日は祝日で会社が休みだったので、もう一日くらい一緒にいようと思った。

翌日、僕は課長がキャッシュカードで引き出せる限度額のお金を持って、あの事務所に出かけた。

「ほう、1人で来た度胸は誉めてやる」

そう言って、写真と映像の入った携帯ごと渡してくれた。

コピーされていたらおしまいだけど、怖くてそんな事は言えなかった。

アパートに戻ると、課長は僕の服を身に纏ってベッドから起きていたが、床に座ったまま何もせずに放心状態だった。

「課長?一応、取り戻してきました」

僕は課長の前に携帯電話を差し出すと、課長はそれを手に取り、写真を1枚1枚見ていった。

最後のビデオは僕が無理やり入れさせられているところと、課長の中から僕の白濁液が流れ出てきているところで終わっていた。

「私、もう生きていけないよ…」

課長が力なく言った。

「課長、すみません…、ホントにすみません!」

僕にはそれしか言えなかった。

夕方まで課長は僕の部屋にいたが、夕方になると帰っていった。

課長の事は心配だったけど、僕も顔に殴られた痕が残っていたので、明日会社でどう取り繕おうか必死で考えた。

説得力はないけれど、結局フットサルをやっていて派手に転んだ事にした。

翌日、課長は体調不良で会社を休んだ。

僕は心配になって、会社が終わると課長の家に行ってみた。

家の明かりは消えていたけれど、インターホンを鳴らしてみた。

何の応答もない、そっとドアノブを回してみると、ドアがかちりと開いた。

嫌な予感がして、部屋に飛び込むと課長はベッドに横になっていた。

慌てて駆け寄り、課長の身体をゆすりながら課長の名を呼んだ。

「加藤くん?」

課長はゆっくりと目を開けた。

「課長、大丈夫ですか?」

「加藤くん、来てくれたんだ」

「冗談じゃないですよ、心配するじゃないですか!」

僕が半泣きになって言うと、課長は僕の手を取って、静かに頷いた。

「晩ご飯、まだでしょ?」

課長は僕をベッドルームから出ているように行った後、すぐに寝巻きを着替えて出てくると台所に立った。

今日1日の仕事の様子を聞かれたので、僕は淡々と報告をした。

課長は野菜炒めを手早く作りながら、黙って僕の報告を聞いていた。

ご飯は電子レンジで温め直したものを出してくれて、僕達は押し黙ったまま野菜炒めを口に運んだ。

課長は、少し食べただけで食事を終えてしまったけれど、少しでも食べていてよかった。

「明日は、会社に来られそうですか?」

聞いてみると、課長は小さく頷いてた。

食後に出してもらったコーヒーを飲み終えた頃、課長が口を開いた。

「加藤くん、気持ちよかった?」

「はい?」

課長が何を聞いているのか、分かったが僕にはそう聞き返すしかなかった。

しかし、その後に沈黙が流れると僕は目を伏せて、小さく頷いた。

「もう一度、ちゃんとする?」

「課長!自暴自棄にならないでくださいよ」

僕達はしばらくお互いを見詰め合って固まっていたけれど、やがて課長に聞かれた。

「こんな、穢れた女はイヤ?」

僕は必死でフォローしようと首を振り、慰めた。

「課長は穢れてなんかいないです」

「ずっと憧れていたままの課長です」

「事故に遭っちゃったと思いましょうよ」

課長は小声で"ありがと"と言うと、そっと唇を重ねてきた。

優しい、甘いキスだった。

課長は僕の腕を取ってベッドルームに移るよう僕を促した。

ここで断ると、課長は僕がレイプされた女性を嫌がっていると誤解するだろう。

僕は覚悟を決めて、課長を抱いた。

課長があの時の事を思い出さないように、出来るだけ優しく愛撫をして、中に入ってからも出来るだけ優しく動くようにした。

課長が乱れる事はなかったけれど、僕が課長の中で果てると僕の頭を優しく抱きながら、

「無理を言ってごめんね、ありがとう」

と言ってくれた。

僕は自分の不甲斐なさや、課長への申し訳なさが込み上げてきて、課長の胸で泣いた。

課長はその間、ずっと子供をあやす母親のように僕を抱き締めて、背中をさすってくれた。

僕を送り出す時、課長は言ってくれた。

「私の代わりに加藤くんが泣いてくれたから、私はもう平気」

僕は首だけで課長に会釈をするとその日は帰っていった。

その翌日から課長は元の課長に戻っていた。

幸いにも課長は妊娠しておらず、セックスフレンドのようにそれから何度か身体を重ね、課長も絶頂を迎えるようになってくれた。

課長はいつもねっとりとフェラをしてくれて、僕がお返しにクンニをすると、課長は切なそうに眉間に皺を寄せて"あ、あ、あ、あ"と喘ぎながら、口を半開きのままイッた。

自分がイッた後、課長は必ず僕のペニスを口に含み、しっかりと勃たせると自分の中に導いてくれた。

一度だけ、課長にはセックスの最中に"犯して!"と言われた事があるが、本気だったのか、聞き間違いだったのか、分からない。

週末は、セックスをして一緒に時間を過ごす事が多くなって、僕はどんどん課長にのめり込んでいった。

僕は何度か"正式なお付き合いをしましょう"と交際を申し込んだけれど、その度に課長は優しく笑って首を振ると、

「気持ちだけいただいておくね」

とだけ言って、最後まで"うん"とは言ってくれなかった。

あの事務所はいつの間にかなくなっていて、男たちは僕達の街から消えた。

あの忌まわしい事件から1年が経った頃、課長は外回りの最中に事故に遭って他界した。

完全に立ち直っていたので、自殺ではなかったと信じている。

遺書もなかった。

心にぽっかりと穴が開いて、虚しい日々が続いたが、仕事は忙しく、課長の事もあまり思い出さなくなった。

先日、僕はあの時の課長のポストについた。

課長のように部下の面倒をきちんと見られるかかわらないけど、とにかく頑張って見ようと思っている。

■続き
『加藤くん、ついてきて』

課長からのメールを受け取ると、僕は目で課長を探した。

課長はちょうどオフィススペースからエレベーターホールへ出るところで、僕は作りかけの資料をパソコンに保存すると課長を追った。

ちょうどエレベーターが来たところで、言葉も交わさずに乗り込むと課長は黙って最上階のボタンを押した。

エレベーターの扉が開き、課長の後に従うと、非常階段の扉を開けて入っていくので、僕も続いた。

最上階と屋上の間の階段の踊り場に着くと、課長は振り返っていきなり僕にキスをしてきた。

「課長!?一体、どうしたんですか?」

課長はそれには答えずに黙ったまま僕の前に跪くと、僕のベルトを外してファスナーを下げ、ブリーフごとズボンを膝まで引き下げた。

半勃ちになった僕のモノにチュッとキスをして大きく口を開けて頬張ると、課長はバキュームフェラを開始した。

「か、課長ぉ…」

僕は情けない声を出して課長のフェラに身を委ねるとすぐに僕は硬くそそり立った。

それを見て、課長はヒールを脱ぎ捨て、ストッキングごと下着を脱ぎ去ると壁に手をついて、脚を開くとヒップを突き出した。

"挿れろ"

という事だと即座に理解して、ゴムも着けずに課長の中に怒張したものを突き立てた。

課長は自分の人差し指を咬むようにして声が出ないように我慢していた。

僕は出来るだけ課長に満足してもらえるように速さを調整して突き続けたが、課長の背中が震えるのを見届けた後は、健闘も空しくあっという間に課長の中で果てた。

課長が壁に手を突いたまま肩で息をしているところで、僕が課長から離れると課長の中から僕の吐き出した白濁液が内股を伝って流れるのが見えた。

課長は素早くティッシュでそれを拭って振り返ると、僕を再び口に含んで綺麗にしてくれた。

僕がズボンを穿こうとしている間に、課長はストッキングとショーツを手にすると、ヒールを履いて非常階段から出て行った。

あの日から暫く経った時、課長は僕に正直に話してくれた。

男たちはあの時、課長を陵辱するだけでは飽き足らず、何か薬を使って課長の理性を奪ったらしい。

大人のおもちゃを押し付けられたり、僕のものを受け入れただけで課長があんなに感じるわけがなかった。

「加藤くんを受け入れて、私は男たちの目の前でイッたの…」

「でも、それは薬のせいで…」

課長は力なく頭を振りながら続けた。

「何度もなの…」

「はい?」

「何度もイッたの。加藤くんを自分の奥で感じながら何度も何度も…最後は意識が飛んで…」

「課長…!」

僕は課長の身体を引き寄せると強く抱き締めた。

「私ね…」

「はい」

「もう、1人でイケない身体になってるの」

「えっ?」

「男たちに嬲(なぶ)り者にされている自分の記憶が蘇ってくると、身体の奥が熱くなって、自分で慰めるんだけどイケないの…」

「…」

「犯されるように加藤くんに荒々しく突いてもらったり、野卑な言葉をかけてもらわないとイケないの」

僕は絶句するしかなかった。

「私、もう変態だよね…」

ッチな広告