エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 彼女の部屋にカメラを仕掛け浮気現場…
投稿:2011-10-24(月)12:00

彼女の部屋にカメラを仕掛け浮気現場を盗撮

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:30,190回)
名無しさんからの投稿

自分には付き合って3年と少しになる彼女がいる。

彼女の年齢は24歳。

清楚な感じで、スタイルは良い方だと思う。

今まで彼氏はボクを含めて3人しか付き合った事がないらしい。

彼女は酒を飲むと色っぽくなってしまうタイプだから、会社の飲み会などを毎回心配してた。

帰る頃に電話で連絡を入れさせたりしてたけど、飲み会の度に何かあるかもって疑ってた。

そんな彼女が、ここ半年ぐらいの間に浮気をしている事が分かった。

しかも浮気相手は、前からちょくちょく会話に出てきていた会社の同僚。

彼女が新入社員の頃、面倒をよくみてくれたのがこの先輩だと言ってた。

社員旅行の写真を見た事があるので知ってるんだけど、その先輩は5つ年上で真面目そうな雰囲気で、言っちゃ悪いがモテそうな見た目ではなかった。

1年ちょいして彼女が告られたらしいけど、ボクと付き合ってたしアッサリ断ったらしい。

それにも関わらず、以降も面倒を見るついでにやたら接触してきてて、マジでキモいんだってよく言ってた。

そんな男と何で…と思ったが、少しの原因はボクにもあるように感じてる。

彼女が怪しいかもって思い出したのは、半年ぐらい前の確か水曜日だったと思う。

会社の飲み会に行ってた彼女が、帰りに電話してきたので普通に喋ってた。

かなり酔っているらしく呂律も回って無い。

タクシー乗って帰っちゃえよと言ったけど、全然余裕ですけど!とか言ってた。

彼女が初めて企画した仕事がうまくいき、その日は超ご機嫌だったみたい。

駅の近くだから一旦電話切るねと言われ、折り返しの電話をボクは待ってた。

彼女が最寄駅に付くのは、長くても40分後。

風呂に入り寝る準備をして、ビールを呑みながら待ってた。

40分経過しても電話がなくて、心配になったボクは電話してみた。

1回目のコールは出ずにそのまま伝言へ。

間髪入れずに2回目のコール。

すると伝言になる寸前に彼女が出た。

『あれ?もう家?』

『んあぁー…家だよぉ』

『タクシー乗ったのか?』

『うぅ〜〜〜ん…乗ったぁ〜〜』

こりゃ会話にならんなと思って、オヤスミと言って切った。

でもそこで問題が発生した。

電話を切る時、ボクは彼女が切るまで待ってたんだけど、その切られるほんの1秒も無い間際、男の咳払いらしき音が聞こえたんだ。

えっ?と一瞬耳を疑ったけど、直後に電話が切れたのでボクも切るしかなかった。

TVの音か、何かの音が咳払いみたいに聞こえたのか。

気のせいだろうって思って、腑に落ちなかったけどそのまま寝てしまっていた。

でも朝目覚めて気になり出し、確認しようと彼女の家に向かった。

1度出社してから10時頃行ったので、もちろん彼女はいない。

彼女は1人暮らしなのでボクは合い鍵を持ってた。

『何かあった時の為に』

と言われて、彼女から渡された鍵。

申し訳ない気分で彼女の部屋に入った。

見慣れた部屋に入りましたが何も変わってなかった。

男がいたっていう痕跡すら見つからず、虚しい気分のままベランダで煙草を吸った。

何やってんだか…と灰を缶の灰皿に落とそうとした瞬間、思わず目を疑ってしまった。

そこにはボクの吸わない銘柄の茶色いフィルターが、5本ぐらい突き刺さってた。

彼女は煙草を吸わないので、どう考えても誰かが来た証拠だよね。

それを見た瞬間から軽くパニくってしまってた。

彼女のお父さんとか友達とかが部屋に遊びに来たなんて聞いてない。

というかこの前の月曜の朝、ボクはここで煙草吸った。

だから月曜の朝以降に誰かがここで煙草を吸っていた事になる。

その日は仕事にならないほど頭の中がグチャグチャになってた。

携帯のメールを見直してみても、月曜から飲み会の水曜までの3日間、忙しくて帰りも遅かったというメールばかり。

誰かが部屋に来たとか遊んだとか一言も書いてない。

夜になり彼女にそれとなく聞いてみたが、忙しくて死にそうだったと言ってた。

じゃーあの煙草は誰のだよ!と尋ねたい気持ちを押さえ、悶々とする気持ちのまま週末に。

土曜に会って彼女の部屋で呑んでる時『煙草吸う?』と笑いながら勧めてみた。

『絶対イヤ!』と拒絶する彼女。

煙草が嫌いなのは知っていたので、吸う時はベランダって決まってる。

外食しててもボクの煙を怒りながら払い除けるほど嫌いなのに、やっぱりあんな煙草を吸うとは思えない。

結局悶々とする中でもしっかりセックスをし、日曜日の夜に帰った。

もっと前から浮気してたのか分からない。

ただ疑い出してから、何となく彼女の動向が怪しく思え始めた。

まず平日に友達と呑みに行ったりした日。

帰ってきたと家から電話してきて、ボクが『今から行こうかな』と白々しく言うと、強く拒絶する。

確かに明日も仕事だし疲れるってのもあるけど、強く拒絶する時としない時があった。

『来てもいいけどアタシ寝ちゃうよ〜』

と軽く拒絶する時がほとんどだったけど、時々

『もう寝るから無理』

とキッパリ断る。

その断り方が妙に切羽詰まっているというか焦っているというか、そんな感じに思えてならなかった。

探りを入れてから3週間ほどが経過。

彼女が浮気してるとしても、もしかしたらボクと別れる気なのかもしれない。

そう思いもしましたが、彼女は今まで通りイチャイチャしてくるし大好きだと言ってくる。

彼女に確かめる事ができずに1ヶ月が経過した頃、気晴らしに呑んだ友人にカメラの存在を聞いた。

友人は警備会社のような所に勤めているんだけど、最近ではこんなカメラもあるんだぜ〜という情報。

帰ってネットで調べてみると、友人の言っていた小型カメラが見つかった。

調べた時点でボクは彼女の部屋に仕掛ける気満々。

色々調べて部屋の家具などを思い出し、最終的に選んだのが置時計。

詳しくは書かないけど、置いておけば普通の時計。

ですがこれが優秀なカメラで、明るさで自動的に撮影が始まったり切れたりする代物。

音も撮れるし若干暗くなっても綺麗に撮影できるというカメラだった。

いてもたってもいられなくなったボクは次の日に秋葉へ行って購入。

自宅で何度もテストをして映る角度などをテスト。

そして遂に彼女の部屋に仕掛ける事にした。

この1ヶ月ほどで分かったのは、水曜日と木曜日が1番怪しいという事。

電話での探りから、この二日間は明らかに断る確率が高かった。

だからボクは水曜日の昼過ぎに部屋に入り、置時計のカメラを仕掛けてきた。

斜め後ろからベッドが映る様に棚の上にセッティング。

最長で12時間は撮影できるので、木曜日にSDカードを入れ替えて二日間を撮影。

水曜日は空振りだったけど、木曜日のSDカードを見て泣き出しそうになった。

部屋の明かりが付いて撮影がスタートしたらしく、誰もいない部屋が映し出されてた。

だけど彼女が喋っている声と、どう聞いても野太い男の声が聞こえてくる。

2人は笑いながら部屋に入ってきて、彼女はベッドに男はソファーに座った。

男の足しかその時は見えてなかったけど、会話からすると部屋に馴れているっぽい。

しかも彼女は親しげに会話してて、まるで彼氏彼女というように見えた。

『部長の案じゃダメだと思うけど』

と彼女。

『でもあれはヤメた方が無難だろ。部長にヤラせたら』

と男。

どうやら仕事の話をしているみたい。

しばらく2人はビールなどを呑みつつ仕事の話をしていましたが、男が立ち上がって服を脱ぎ出した。

シャワーを浴びるとか言い出し、彼女がなんとバスタオルを用意している。

その時、2人のわき腹辺りまでしか映ってなかったけど、抱き合いながらピチャピチャと音を立て始めた。

どう見てもこれはキスしているとしか思えない。

男の手が彼女の腰を撫で回し、彼女の手は男の首に絡み付いているっぽい。

マジかよ、ウソだろ、彼女がこんな事するわけないよな、なんだよこれ。

どうして良いのか分からずただただボクはその映像を見つめてた。

2人のキスは数分間に及び、男が部屋から出て行った。

1人になった彼女は着替え始め、パンツ1枚の姿になりTシャツとハーフパンツに着替えてる。

ボクと一緒の時もノーブラにTシャツ姿が多い彼女。

大好きなFカップ美乳に、なぜか魅入ってた。

片付けやらTVを見たりしていた彼女の元に、男が戻ってきた。

男が渡したスーツのパンツを、彼女がハンガーに掛けてた。

その後ろから男が抱き付き、完全に巨乳を後ろから揉んでる。

『ちょっとぉ〜〜シャワー浴びてからぁ〜』

甘ったるい鼻に掛るような声で喋る彼女。

その喋り方からも分かる通り、完全に嫌がっている素振りも無し。

『イイだろぉ〜週1しか会えないんだからさぁ〜』

トランクスの男は彼女のケツに股間を押し付けながら、好きなように巨乳を揉んでた。

『だめっ、ちょっと待っててね、すぐ浴びてくるから』

『我慢できねぇーよ』

『もぅ…やらしぃ〜なぁ〜』

男に向き直った彼女は、男とまたキスをし始めピチャピチャクチャクチャと音を出し始めた。

そして彼女の手が男の股間を弄り出した。

ここで衝撃的な光景を目撃してしまった。

彼女がトランクスの上から弄っていた股間。

どう見ても盛り上がり過ぎな股間。

やらしい手付きで撫でたりシゴいたりする彼女だったけど、トランクスを下げてイチモツを引っ張り出したんだけど、現れたイチモツを見て衝撃を受けた。

明らかに巨根だった。

彼女の握っている手を見ても分かりましたが、20cm級のメガチンコだった。

太さも並みでは無く、まるでコーヒー缶のような太さ。

そのデカチンを彼女が撫で回したりシゴいたりする光景を目の当たりにして、なぜかボクのチンコも勃起。

なぜ自分の彼女がボクを裏切っている光景を見て興奮するのか分からない。

AVなどを見ている時とは比べ物にならないほどドキドキ興奮している自分がいた。

知らぬうちにボクは勃起したチンコを触り始めていた。

PCの画面にはデカチンをシゴきながら恐らくキスをしている彼女の姿。

トランクス男は当然のように巨乳を揉みまくっている。

ノーブラの巨乳をTシャツの上からムギュムギュ揉みまくり。

『シャワー浴びてくるから待っててね』

彼女はそう言うと突然しゃがみ、上を見上げながら裏スジをツーッと舐め始めた。

この時の胸の高鳴りは、多分今までの人生でダントツだったと思う。

彼女がボク以外の男を見上げながら裏スジを舐めてる姿。

何度か裏スジを往復した後、亀頭を舐め始める彼女。

時々男を見上げる姿を見て、ボクは無我夢中でシゴきまくっていた。

男は彼女の頭を撫でたりしていた。

亀頭を舐めカリを舌の先で舐め、デカ過ぎる亀頭をしゃぶり出した彼女。

ボクとは比べ物にならないほどの大きさに、悔しくて情ない気分になった。

それでもボクは彼女がデカチンを舐めている姿を見てシコりまくり。

ホホを凹ませながら亀頭をチュポチュポしゃぶった彼女は、男を見上げながらニコっとして口から離した。

そして足早に部屋から出てった。

男だけになってボクの興奮も落ち着いてきた。

男は冷蔵庫から新しいビールを持ってきて、勢い良く1本目を飲み干した。

連続で2本目に口を付け、TVに見入り始めた。

足だけしか見えなかった男だったけど、初めて顔が見えたのはベランダに出る時だった。

コイツがあの煙草の本人らしく、ベランダで男は煙草を吸ってたみたい。

戻ってきた男がカメラの方に近付いてきて、今度はハッキリとその顔がアップで映った。

その顔を見てまた絶句。

冒頭でも書いたんだけど、あの彼女の5つ年上の同僚だった。

なんでこんな男と…と一瞬思って、すぐにデカチンを思い出した。

あのデカチンに彼女は負けたのか…。

信じられない気持よりも、少し納得してしまった自分がいた。

実は彼女、ボクが開発したと言っても過言ではない。

出会った頃は『イク』なんて経験も無く、まだ未開発の女だった。

元彼達が下手だったのか自分勝手だったのか、全然開発されてた無かった。

もともと素質はあったみたいで、まずはイク事を覚えた彼女は、中イキまでも習得。

子宮口でイク最高の絶頂を、22歳になる前に知ってしまった。

ポルチオでイキ始めると信じられないほどイキまくり、最後は意識がぶっ飛ぶらしい。

セックスの良さを知った彼女は積極的になっていき、寝ていると彼女の方から誘ってくるほどにまで成長。

調子にのったボクはオモチャも使うようになり、彼女の体にあったオモチャを見つけてしまった。

クリトリスに当たるベロもないチンコ型のバイブ。

亀頭部分がグリングリン動くタイプで、少しボクのチンコよりも太いタイプ。

前戯で寸前まで追い込んで、最後にそのオモチャを使う。

すると亀頭部分がポルをダイレクトに刺激し、狂ったようにイキまくる。

見てて怖くなるほど体を震わせ、何度も何度も昇天する彼女。

そんな激イキを経由すると、ボクのチンコですらイキまくる。

ただ出し入れをしてるだけなのにイキまくる。

途中から声が出なくなり、悶絶しまくりで失神寸前。

完全に彼女は狂ったような状態になる頃、ボクがイッて終了する。

初めの頃は楽しくてヤリまくってたけど、ちょっと怖くなって頻度を落とした。

どっと疲れが押し寄せてくるらしいので、月に1回だけにしようって。

でも彼女は我慢できなかったんだと思う。

渡しておいたバイブを夜な夜な使ってたらしく、使おうとした時壊れてた。

だからバイブは捨てて、ちょっと物足りなくても普通のセックスをするようになった。

物足りなさを感じていた彼女に、ボクは気付いてやれなかった。

初めは半ば無理やりだったりしても、デカチンを味わった彼女がまた悦びを感じてしまったのか。

あんなに蔑んでいた相手なのに…。

男の顔を見てから思わず動画を止めてしまった。

シラフじゃ見てられないと思い、バーボンを何杯も一気呑み。

いつもならすぐ酔うのに、その時は酔う気配すらなかった。

気を取り直して再生し始めると、しばらくして彼女が現れた。

なんと彼女はバスタオル1枚のままベッドに座った。

髪をドライヤーで乾かしながら、男と談笑している光景が10分ほど続いた。

アルコールが効き始めたのか、妙に落ち着いた気分で見始めたボク。

乾かし終わったのを待ってましたと言わんばかりに、男がベッドに乗ってた。

斜め後ろからの撮影だったので、この時初めて2人がキスをしている光景を目の当たりに。

彼女は男の首に腕を巻き付け、積極的に激しく舌を絡ませてる。

男が口を離し舌を突き出すと、それにしゃぶりつくほど積極的だった。

あの激イキしてた頃のエロ過ぎる彼女がそこにはいた。

2人はもつれる様に体をくねらせ、男はTシャツを捲り上げて巨乳を揉み出した。

カメラから見ても分かるほど乳首は勃起していて、それを摘ままれて転がされると彼女の喘ぎ声が聞こえ始めた。

そこから始まった男のセックスに、ボクは度肝を抜かれた。

乳首を舐め始めてから下半身へと愛撫を移すまでに、かれこれ30分ぐらい費やしてた。

執拗に乳首や胸を愛撫していて、途中から彼女が我慢できなそうに動くのが分かった。

そしてクンニが始まり、これがまた長時間だった。

彼女の事は好きでクンニはボクもしてるけど、こいつは20分30分どころじゃない。

途中早送りしてしまったんだけど、なんと50分近くもクンニしていた。

最後の方でやっと指を入れ始めたらしく、それだけで彼女はイッてしまった。

長時間愛撫して焦らしまくり、やっとイカせるという男のプレイスタイル。

1回昇天した彼女は男を押し倒し、むしゃぶりつくようにフェラチオを始めた。

男を後ろに押し倒したお陰で、カメラからフェラをしている彼女が良い角度で見えた。

大き過ぎるので彼女が奥まで咥えても、半分ほどしか咥えられないらしい。

それでも根元付近を手コキしながら、必死にしゃぶりあげる姿にまたしても興奮してしまった。

また自分のチンコをシゴき出した自分。

あんなに必死にしゃぶる姿は久し振りに見た。

あの激イキを繰り返していたあの頃以来かな。

大き過ぎてキツいのか、フェラは数分で終わった。

その代わりそのまま男の体を滑る様に移動し、キスをしながら自ら入れ始めた。

ムカつく事に男は両手を広げて何も動こうとしない。

彼女は上から男にキスをしながら、そのまま挿入していった。

そこから始まった彼女の騎乗位。

男に胸に手をつき、狂ったように腰を振りまくる彼女の姿があった。

途中からやっと動き出した男は、巨乳を強く揉み出し乳首を引っ張ったりしてる。

それに連動して彼女の喘ぎ声と腰の動きが激しくなっていった。

聞きたくなかった彼女の喘ぎ声。

『んんんぅっ、あはぅぅっ!はぁっ、はぁっ…いっちゃうよ、いっちゃう!!』

とうとう彼女は勝手に腰を振りまくって、デカチンでイッてしまった。

ガクンと倒れ込む彼女を男は抱き締め、何やら変な動きをし始めた。

腰をバンバン突き上げる動きでは無く、押し込んでグリングリンと動かすような動き。

それをし始めて数十秒後、見覚えのある彼女の狂ったような感じ方が目の前に。

デカチンで子宮口を攻められているらしく、悲鳴に似たような喘ぎ声を発し始めました。

『あっ、あっ、あーっ!!イキそうっ!いっちゃうっ!イッちゃうぅ〜っ!!』

『だめ、あたしっ、あんっ、ああっ、イクっ、ねぇ、また、またイッちゃ、イクッ、イクぅーーっ!』

『あぁんっ、やばいよ、気持ちイイっ、ねーっ、おっきいから、あっあっ、イクっ、イクっ、あんっ…あんっ…!』

何度も何度も昇天する彼女を、男はガッチリと抱き締めてた。

『あっ、あっ、ハァハァ、イク、またイクぅぅぅぅっっっ、おまんこイクぅぅぅっっっ!!』

最後の淫語を言いながらの昇天で、彼女は失神したのか死んだようにグッタリしてた。

でも男はそのままダランとした彼女を抱き締めたまま動かない。

しっかりチンコも突き刺さったまま。

そのまま数分が経過。

突然男がパン!と腰を1回突き上げた。

その瞬間、彼女が一気に覚醒したらしい。

『んはぁぅんっっ!』

仰け反る様に反応した彼女は、数秒男を見下ろしまたキスをし始めた。

『もう凄過ぎっ…またおかしくなっちゃった』

『まだ足りないんだろ?お前変態だから』

『なによぉ〜もう…』

キスをしながらイチャイチャ喋る2人は、どう見ても恋人同士だった。

そんなイチャイチャが10分ぐらい続いた後、またさっきと同じ動きを男がし出した。

そしてまたデジャブのように、彼女は狂ったようにイキまくり。

そしてグッタリしてまた覚醒してイキまくる。

3回目の激イキでさすがに限界だったらしい。

彼女が滑り落ちる様に上から横に落ちて、男は正常位でハメ始めた。

ボクみたいに激しく出し入れをするような正常位ではありません。

奥まで突き刺してグラインドさせる動き。

彼女はまたのた打ち回るんじゃないかってぐらい感じまくり。

乳首を引っ張られてイキ、男の差し出す舌をしゃぶりながらイキ、何度も何度も昇天してた。

でこの時彼女の携帯が鳴った。

タイミングを見計らったように彼女がグッタリしている時に。

その電話はボクで、彼女は気だるそうに

『もう寝るよぉ…』

と言ってた。

この時目頭が熱くなり吐き気まで込み上げてきた。

ボクとの電話をしている時も、男がチンコをブッ刺したままだった。

しかも電話をしながら男を見上げて顔を振ったり何かを男に伝えようとしている彼女の姿。

多分男が腰を動かそうとしていたんだろう。

それを必死に拒絶しているように見えた。

そりゃ〜あんなに狂ったように喘ぎまくってたわけだから、動かれたらボクにバレるもんね。

電話を切った彼女は上半身を起こして、吸い付く様に男の唇にしゃぶりついてた。

そしてグラインドが再開され、また狂ったように喘ぎまくる。

朦朧としてきたボクはそこで動画をストップした。

吐き気を覚えるほど悲しい気分なのに、なぜかチンコはギンギンに勃起してた。

シゴきたくなりまた動画を再生し、今度はシゴきながら見てしまった。

正常位の後バックでもグラインドされ、彼女は枕に顔を埋めて喘ぎまくり。

四つん這いにさえなれなくなった彼女はうつ伏せになり、でも男はデカチンを突き刺したままグラインドし続けてる。

何度イッたのか、気が付けば2時間近くも入れている。

そして男が彼女を起こし、正常位で入れ、初めて腰を叩きつける様に振り出した。

『あーっ!あーっ!もうダメっ!もうダメっ!』

聞き取れたのはこれだけ。

その後は何を言っているのか分からない喘ぎ声を発しながら、時々脱力しながら正常位が続いた。

そしてより一層腰の動きが激しくなり、男が『イキそうだ』と呟いた。

『イッてっ!イッてっっ!!おねがいっ!イッてっっっっ!!!!』

彼女が叫ぶように言うと、男はお腹に向かって射精したっぽい。

彼女の手はベッドからブラリと垂れ下がり、胸だけが激しく上下に動いているだけ。

男はティッシュで精液を拭きとり、トランクスを履いてベランダに出ていった。

男が5分ぐらい煙草を吸っていた間、彼女はずっと動かずまるで寝ているのかと思った。

男が戻ってきてから彼女がやっと動き始め、男に抱き抱えられながら部屋を出ていった。

シャワーを浴びたらしく、その後20分ぐらいで裸の彼女が戻ってきた。

彼女は気だるそうにTシャツとパンツを穿き、男は後に出てきて着替えてた。

スーツ姿になった男と終電の話をし、その後10分ぐらいで帰っていった。

男が帰ってから彼女は電気を付けたまま寝てしまい、途中で撮影が止まった。

次の撮影が始まったのは彼女が起きてから。

いつも通りの支度をして手で行き、また撮影がストップ。

次はボクが取りに行って撮影が少し始まって切られた。

彼女の浮気をカメラ越しに見てしまってから5ヶ月ほど経つ。

まだボクは彼女と付き合っていて、今まで通りの付き合いをしてる。

彼女は週に1回か2週に1回あの男を部屋に入れて、狂ったようにセックスしまくってる。

それをボクは毎回撮影してて、今では相当な量の動画をPCに保存してる。

なぜ別れないのか。

何度も彼女と別れようかと悩みました。

でもダメだった。

彼女の浮気している盗撮動画を見ると、今まで感じた事の無い興奮を覚えてしまう。

大好きだとか愛してるとイチャイチャしてくる彼女が、デカチンに狂わされて淫語まで言いまくる姿。

AVとは全く違う次元の興奮に目覚めてしまった。

まさか寝取られ好きの気持ちが分かる日が来るとは思ってもみなかった。

毎回SDカードを回収するのが楽しくなり、何度も見てシゴいてしまう情ない男だよ。

週末に彼女と会ってセックスしないと、浮気相手とのセックスが激しくなる淫乱な彼女。

いつかこの関係はダメになると思うけど、しばらくは続けて行けたらと思ってる。

この話は『私の妄想』なので、ご了承ください。

盗撮は絶対にしたらダメだよ。

- 終わり -

前後の話
次の話(2011-10-24 13:00:00)酔った勢いでぽっちゃりな女をナンパ

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告