エチ研TOP
Home > 体験談 > オナニーする感覚で嫁の手こきで抜い…
投稿:2014-11-25(火)11:00

オナニーする感覚で嫁の手こきで抜いてもらってる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:26,221回)
東京都/ichiさん(20代)からの投稿

俺:28歳、中肉中背、ルックス中の下。
嫁:26歳、やや巨乳(Dカップ)、ルックス中の中(テレ東の狩野アナ似)。

結婚して2年が経つ夫婦ですが、俺の嫁は手コキがうまい。

俺がオナニー感覚で嫁に手コキをお願いしてかれこれ1年が経つ。

セックスよりも手コキの方が好きで、フェラよりも手コキが好きな俺。

とある休日のお昼、テレビを見ていた俺たち夫婦。

ふと俺が、

「手コキしてくれない?」

と呟く。すると嫁は

「えっなに?急に?」

みたいに動揺する。

自然な流れで、冷静を装った俺はそのまま押し切った。

「お願いだよ」

「えっ・・・・・・まぁいいけど」

「マジで!?」

ソファーの上でズボンを脱ぎ、俺の左にいた嫁が正面のテレビを見たまま少し右斜め下に視線を送り、勃起していないチ○ポを握る。

「ふにゃふにゃだけど、本当に手コキされたいの?」

「いや勃起したから、手コキされたいともならんけどな(笑)」

そんな会話をしながらスタート。

シュ、シュ、シュ、シュ、シュ・・・・・・何度か握り直しながら俺のチ○コをシゴイていく嫁。

しかし、なぜか視線は「テレビ7」「チ○コ2」「俺の顔1」の割合。

会話はほぼ皆無だった。

「もっと気を利かせて喋るとかしないの?」

「てか、それこっちのセリフだし!急に『手コキして』って言ったの自分なんだからそっちが気を利かせて」

「じゃあ・・・・・・乳首も触って!」

「会話とか関係ないじゃん、それ(笑)」

と言いつつも、正面姿勢から若干右に姿勢を移行させる。

左でチ○コを握り、右で俺の左乳首を触る。

「あっ、すごい勃起してきたね(笑)」

「男の乳首は女のクリトリスだからな」

「はいはい」

ふざける俺に対して多少は笑うけど素っ気ない態度な嫁。

嫁はSであるが、何でも言うことはきくし、押しに弱い一面がある。

「俺君にはローションいらないよね」

我慢汁が既に大量分泌。

「もっと必要だと思うからオッパイ触るね」

左手で嫁の右乳にタッチ。

「んんっ」

と言いながら軽く抵抗するも、しっかり触らせてくれる。

Dカップで美乳、俺としてはもっと欲しいと思うが十分な乳だ。

「そろそろイク」

「えっ、もう?」

俺はティッシュを要求したが、なぜかシゴくのをヤメない嫁。

慌てる俺。冷静を装ってシゴくスピードを上げる嫁。

「待て、あと10秒ももたないと思うが・・・・・・!!」

悶絶する俺に対して

「多分、俺君の右にあると思うよ」

とやはり冷静な嫁。しかし、顔は若干イタズラな笑みを浮かべている。

チ○コを握られているため、行動範囲が限られる。

右側に上半身を倒すと、ソファーの下にティッシュ箱が!

少し伸ばせば取れると思い、ティッシュ箱に手を伸ばすがあっちの方は暴発5秒前!

「ドクドクしてる〜」

と言いながら、いつの間にか両手でチ○コを包み込んでいた嫁。

「バカ、一回やめー!!」

盛大に射精!

「ちょっと何してるの!?」

理不尽にも嫁から叱られた俺は、上半身を倒したまま射精した。

手がべとべとになった嫁にティッシュを渡し、嫁は自分の手を、俺は自分のナニについた精子を拭き取った。

「何か面白かったねw」

と嫁。

以降、俺はことあるごとに嫁に手コキをお願いした。

オナニー感覚で嫁にシゴいてもらう、時に背徳的なシチューエーションも欲しくなり、嫁が友人と電話中にシゴいてもらうことも。

その時は、怒り顔+高速手コキで約2分くらいで暴発した。

射精したあとはシッシッと、あっちに行けと俺のことを追い払った。

最近では嫁も俺のツボを知ってきて、勃起していない状態から約30秒で射精させられるようになった。

そんな嫁がいるからこそ、結婚してから風俗に行ってません。

- 終わり -
コメントを書く

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告