エチ研TOP
Home > 体験談 > 援交の話をしてきた沢尻エリカ似の女…
投稿:2016-02-18(木)04:45

援交の話をしてきた沢尻エリカ似の女が中出しを強要してきた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:31,183回)
大阪府/優馬さん(20代)からの投稿

前回の話:【レイプ】利息も払わない篠田麻里子似のキャバ嬢にお仕置きの生中出し

金貸しをやっていると、「女」を武器に金を稼ごうとする者を良く見かける。

特にパチ屋には多く居る。

いつも通り、パチ屋で顧客を探して居ると、肩を叩かれ、振り向いて見ると、

「お兄さん!私と気持ちいい事しない?」

と援交を持ち掛けて来た。

女優の沢尻エリカを幼くした美人系の女だった。

余談になるが、俺は、女優の中で沢尻エリカが一番、タイプだ。

見た目20才くらいだろうか!アイドルが着ている様な制服?で、胸元を大きく開けて、男を誘惑する様な格好だった。

女は、いきなり

「お兄さんだったら、大2(2万円)でいいよ!」

と言って来た。

セックスするだけなら愛結(セフレの女子大生)が居るが、目の前には、沢尻エリカ似の女が居る。

俺は、2万を女は渡し、女を車に乗せ、ラブホに向かった。

ラブホに向かう途中、お互いの素性の話になり、俺は、金貸しをやっていると

「優馬」

と言って名刺を渡した。

女の名前を聞くと、「梨華!」と言って、俺が、「何歳?」と聞くと、「17!」と答えた。

「え?17?」

思わず急ブレーキを踏んだ!俺が、

「本当に17?」

と聞くと、梨華は、おもむろにカバンの中の財布から1枚のカードを取り出し、

「はい!」

と俺に渡した。

カードを見ると、

「名前は、岡崎梨華、生年月日は、平成10年10月30日」

と書いてある健康保険証だった。

本当に17だった。

女子大生の愛結より若い!梨華は、

「ね?本当だったでしょ!」

と言って、ニッコリ笑う。

俺が、

「笑い事じゃねぇよ!高◯生と援交して、バレたら俺もお前も捕まるじゃねぇか!」

と言うと、梨華は、

「大丈夫だって!私が言わなかったら、バレないよ!それに、学校は中退して、高◯生じゃないし!」

と言って、特に気にしていない様子。

そんな話をして居ると、ラブホに到着した。

部屋に入ると、梨華はいきなり、

「ねぇ〜、お風呂、一緒に入ろうよ!」

と言って俺の腕に掴み、風呂へと引っ張った。

慣れた感じで、次々と服を脱いで、全裸になった梨華の透き通る様な綺麗な身体に見とれて居ると、梨華が、

「早く、脱いで!」

と言うので、俺は、慌てて服を脱いだ。

お互い全裸になり、風呂に入ると、いきなり梨華がキスをして来た。

俺もキスをしながら、梨華の張りのあるDカップはある胸を触ると、

「もっと触っても良いよ!」

と言って、俺の両腕を掴み、胸へと押し当てた。

我慢出来なくなった俺は、梨華の胸を揉んで居ると、

「あ〜、もっと揉んで!」

と色っぽい声を出し、身体をクネクネとくねらせた。

次にオメコを責める。

俺は、梨華のオメコを舐めながら、穴に指を入れ、出し入れすると、

「あ〜!気持ちいい!」

と言って、梨華は、自分で胸を掴み出した。

自分で胸を掴む梨華を見ながら、オメコの穴を激しく出し入れして居ると、

「クチャクチャ」

と音をたてながら、

「イッちゃう!イッちゃう!イッちゃう!ダメ!イクッ〜」

と言って、身体をガクガク震わせた。

グッタリする梨華だったが、俺のチンポを握り、シコシコとしごきながら、

「オチンチン、大きいね!」

と言って、ペロペロと舐め始めた。

暫く舐めて居た梨華だったが、やがてチンポをくわえて、ゆっくりと動き始めた!俺が、

「梨華、気持ちいい!」

と言うと、梨華は、ニッコリ笑い、自分で胸を揉みながら、フェラを早くした感じやがて、梨華のフェラに気持ち良くなり、

「梨華、ダメだ!出そう!」

と言うと、梨華は、フェラを止め、

「まだ、イッちゃダメ!」

と言ってチンポを抜いて、

「オチンチン、入れたい!」

と言って俺を寝かし、俺を跨ぎ、梨華は、チンポを握り、オメコに入れると、

「あ〜ん!オチンチン、大きくて気持ちいい!」

と言って、腰を動き始めた。

ゆっくりとした動きから次第に激しくなり、

「また、イッちゃう!」

と言って俺に倒れ込んだ。

今度は梨華を寝かし、オメコにぶち込んで、突いて居ると、イキそうになり、

「梨華、イキそうだ!」

と言うと、

「いいよ。このまま出して!」

と中出しをせがんだ。

「梨華、イキそう!イクッ」

と言って、17才のオメコに精子を流し込んだ。

ドクドクと流れ出す精子。

射精が収まり、俺がチンポを抜こうとすると、

「ダメ!抜かないで!」

と言って、腰に脚を絡ませてきた。

俺、チンポは萎える事なく、梨華のオメコにぶち込んだまま、再び腰を動き始めた。

やがて!二回目の射精感が来たので、

「梨華、中に出していいよな?」

と言うと、梨華は、

「いいよ。中出しして!」

と言った。

チンポを抜いてオメコを見ると、二回分の精子が、流し出して来た。

お互い、身体を洗い、ベットの上で朝までヤリ続けた。

次なる獲物は、母親の身代わりになった女子高◯生

続き:ホストにハマっている沢口靖子似の美人妻

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告