エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 【博多弁】福岡であった友人の結婚式…
投稿:2016-03-19(土)21:08

【博多弁】福岡であった友人の結婚式でめっちゃレベルが高い新婦友人達と乱交

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:1,862,627回)
埼玉県/名無しさん(30代)からの投稿

俺は31歳の普通のサラリーマン。

先日、地元の友達が結婚式を福岡で挙げるというので行ってきた時の話。

新郎は俺の地元埼玉県出身で同い年。

新婦は福岡出身で、なんと地元の大学生で21歳。

10歳の差があり、しかも嫁さんは学生結婚。

色々障害は多かったが、お互いの両親の理解と、妊娠が発覚した事もあり、入籍&挙式へと至った。

新婦の家族・友人達に配慮して福岡で挙式を挙げる事になったらしく、俺ら地元友達は俺・ヒロ・ヒロシ・タカシ・ナオキの5人で飛行機で福岡へ向かった。

新郎・新婦の列席者のバランスを考え、双方とも親族と親しい友人のみしか呼んでいないとの事。

少しこじんまりとした挙式だが、全員で楽しんで欲しいと、新郎から言われていた。

しかも俺らの泊まるホテルは中洲のど真ん中。

「おい、ラストは風俗だなw」

「でもよぉ、新婦って女子大生だろ?てことはその友達もだろ?んで新婦可愛いじゃん、てことはその友達も可愛いじゃん?いいことあんじゃね?」

「バカじゃねーの?可愛い子の友達は大抵ブスなんだよ。あんま期待しすぎんなって」

「でも21歳だろ?それだけでブスでもかまわん」

なんて感じで、俺らは会場への道のりで盛り上がった。

会場に着いたのは式開始直前。

女の子達をチェックする暇もなく。

「では間もなく式が始まりますので、ご列席の皆様どうぞこちらへ」

俺らはチャペルへと入り、新郎側の長椅子へ座った。

すると、地元友達の1人であるヒロが

「おい!新婦側レベル高くね!?」

と言ってきたので、俺らは全員で一斉に新婦側を向いた。

中にはブスもデブももちろんいたが、総じてレベルが高い。

てか、超高い。

顔もスタイルも抜群。

「おっ、パンツ見えんじゃね?」

膝上のスカートのドレスを着た可愛い子が席に着くと、スカートが上がって太ももまでめくり上がる。

「あの太ももやべぇな、うまそ〜w」

「声でけぇよw」

「おっ!見えた!白ゲット!」

「だからうるせーよwてかお前、盗撮すんなって!」

「うわっ、あの子超可愛くね!?」

新婦側の可愛い女の子達の中に、一段と可愛い女の子を発見した。

「ホントだ!相武紗季に似てね!?しかも巨乳!」

相武紗季似の巨乳を発見し、俺らは極力小さな声で盛り上がりまくった。

「てか、あの3人ヤバイ」

その相武紗季似に並んで、ハーフっぽい顔立ちの子に、小柄でお水っぽい女の子。

この3人はめちゃくちゃ可愛い。

だがやはりダントツは相武紗季似。

俺らは式そっちのけで、この3人ばかりを見ていた。

そしてそれは披露宴へ移っても同じ。

披露宴では何とか話しかけようとチャンスを伺うものの、なかなか隙がない。

そうこうしている間に、新郎・新婦はお色直しで中座。

俺はその隙にトイレへ。

用を足し終えてトイレから出ると、新婦側の友人にバッタリ出くわした。

そう、相武紗季似ちゃん。

向こうもちょうどトイレから出てきた所。

俺はチャンスとばかりに話しかけた。

「新婦のお友達?」

すると

「はい、みんな中◯校からの同級生なんです」

と少し警戒しながら返事が返ってきた。

「そうなんだ!?みんな超可愛いよねー」

「そんなことないですよぉ〜w」

「いやいやマジで。てか、今日二次会行くの?」

「うーん、どうしよっかって悩んでるんですけどね〜」

「来てよ〜。俺らおじさん達が盛り上げっからw」

「おじさんって、まだ若いですよね?w」

「いやいや、31だし。おじさんだよ」

「うっそー!あっ、そっかぁ新郎のお友達ですもんね。でも全然若いですよぉw」

「笑ってんじゃん!」

「あはっ♪じゃあみんな二次会誘っておきますねっ♪」

「うん、よろしく〜」

俺が席に戻ると、連れ達が

「お前!相武紗季似と話してただろ!」

会場に入るまで会話をしていたので、バッチリ見られていたみたいだ。

「やべぇ、近くで見るとマジで超可愛い。谷間見まくっちった!w」

「ふざけんなよ〜!」

「でも二次会誘っておいたから」

「マジ?来るって?」

「みんな誘ってみるってさ」

「しゃ!!」

俺らのテーブルは大盛り上がり。

そして披露宴も無事終了。

二次会は1時間後に近くのBARでとの事。

近くのドトールで時間を潰し、いざ二次会会場へ。

着くとまた遅いくらいで、ほとんど人が集まっている。

俺らは入り口近くのソファーへと陣取った。

周りを見渡すと、男女比は半々くらい。

女性陣は大学生っぽい子ばかり。

新婦の友達だろう。

男性陣はというと、新郎の同僚っぽいグループと、これも新婦の友達かチャラチャラした大学生っぽい男性陣もあり。

総勢50人くらい。

「あの子達は・・・」

探すと違うソファーでさっきのチャラチャラした大学生っぽい男性陣に囲まれていた。

「出遅れたか・・・」

俺らはガックリと肩を落とす。

よく考えればここは福岡。

来ているのは新婦側の友人ばかりの完全アウェー。

しかも世代が違うときた。

だが福岡まで来ておとなしく引き下がるわけにはいかない。

何かしら成果を残さなければ。

しかしチャンスはなかなか巡ってこない。

大学生男子達はあの子達の席をガッチリキープして、ガンガン飲ませている。

そりゃそうだ。

逆の立場だったら同じだ。

二次会も半ばにさしかかったところで、トップ3の1人、ハーフっぽい女の子が俺らの横を通ってトイレへと入っていった。

そして出てきたところで、俺らの1番イケメンであるヒロが声をかけた。

「めっちゃ飲まされてんじゃん。大丈夫?」

「えっ、あっ、はい。そぉなんですよぉ」

「ちょっとここで休んでけば?」

「えっ、でも・・・」

「いいからいいから、ほらほら」

半ば強引に俺らの席に座らせた。

その子の名前はカリン。

目鼻立ちがくっきりとしたマギーっぽい女の子。

「カリンちゃん、超可愛い!」

俺らは全力でカリンちゃんを盛り上げると、それを見て2人女の子が俺らの席へと移動してきた。

「カリン〜。何で1人で抜け駆けしてんのぉ〜w」

「そぉだよぉ〜。もぉあっちやだぁ。めっちゃ飲まされる」

「ごめん、バレたぁ?w」

「ココいいですかぁ?アイリですっ♪」

アイリはトップ3の1人でお水っぽい女の子。

「ランですっ♪」

ランちゃんは・・・普通。でもブスではない。

「はじめまして〜。あっち見てたけど、ノリが若いね〜w」

「男どもが酔わそうとしてるだけですよぉ〜。しかもリナ目的なの見え見えだし」

「リナって?」

「あそこの真ん中に座ってる可愛い子」

見るとさっきの相武紗季似。

「あー、あの子リナちゃんって言うんだ。相武紗季みたいな子でしょ」

「そぉそぉ。あっ、また飲まされてるぅ。ヤバくない?」

「ホントだぁ。そろそろヤバイかも」

「リナちゃんってお酒弱いの?」

「弱くなかよ。でも可愛いから危ないやん」

「あ〜、そうだねー」

「食いつきすぎだからwあの顔とあの身体で甘えだしたらヤバイでしょ?」

「あのチャラ男達にヤられるなw」

「やろ?もぉ、ちょっと連れてくるっ」

ランはそう言うとリナ達の中に入り、半ば強引にリナをこっちへと連れてきた。

「もぉ、リナ飲みすぎだよぉ〜。披露宴でもけっこう飲んでたんにぃ〜」

「らいじょぶらよ〜♪」

「あぁ、ダメだ。酔っ払ってる。ほらココ座って」

ランは自分と俺の間にリナを座らせた。

するとリナは

「あっ、さっきの人だぁ〜♡」

トロンとした目で俺を見て微笑んだ。

マズイ、超〜可愛い!

すぐにでも口説きたかったが、そうならない為にランちゃんがこっちに連れてきた手前、俺は冷静を装った。

ふと向こうを見ると、チャラ男達の目線が痛い。

だが反面、優越感が襲ってきた。

これで俺らの席には男5人に女4人。

俺らは10歳の年の差を埋めようと、必死にトークを繰り広げた。

その甲斐もあり、俺らの席は大盛り上がり。

女の子は笑いっぱなし。

「みんな超面白かぁ〜♪あっちの席より全然いぃ〜♪」

リナはそう言うと、俺にもたれかかってきた。

すると、俺の腕におっぱいの感触が。

「みんな社会人って感じでカッコいいですねっ♡」

「ホントにそぉ。同年代の男と比べると全然違うもん」

「マジで?」

「そぉですよ〜。あいつら下ネタばっかだし。ヤル事しか考えてないとよ」

(俺らも・・・今でもそうだけどw)

俺らは全員そう思ったが、口には出さず

「俺らも大学生ん時はそうだったよ。でも今はね〜」

なんて答えていた。

時折混じる博多弁が可愛い。

しかも俺らと話す時は、極力標準語で話そうとしているのを感じ、さらに好感触。

するとその時、司会者から

「ではここで新婦の友人達からお祝いの余興があります!」

と声がかかった。

するとさっきのチャラ男達がステージに上がるも、完全に大学生の宴会芸&下ネタ。

周りの男性友人達にはウケていたが、女の子達はドン引き。

「めでたい席で下ネタやんなよ」

カリンがめっちゃキレていた。

「まぁまぁ、盛り上げようと頑張ったんだからさw」

俺らは席の雰囲気が悪くならないように必死でフォロー。

「では、続きまして。新郎のご友人から余興を披露していただきたいと思います!」

だが誰も出てこない。

俺らは関係ないとばかりに女の子達と話しをしていたが、

「おいっ!お前らだよ!」

新郎が俺らに叫んできた。

「はぁ!?聞いてねーし!」

「ウソつけ!言った・・・あれ?お願いしてなかったっけ!?」

「聞いてねーよ!」

俺らは一斉にツッコんだ。

だが会場はザワつき、場がシラケそうな雰囲気。

「んだよ、あいつ!しょうがねーなぁ・・・あれやるか!」

「マジかよ〜。酔っ払ってんだけど〜」

俺らはぶつくさ言いながら、新郎を睨みつつステージへと上がり、ミュージックスタート。

「あっ、これ!」

「きゃー!マジでぇ!」

かかった曲は

「R.Y.U.S.E.I」

そう、ランニングマン。

しかも完コピ。

俺はボーカルもつとめ、会場は一気に盛り上がった。

曲が終わり、席に戻ると女の子達は凄まじいお出迎え。

「すごぉい♡カッコィィ〜♡」

「えっ!?なに、すごぃんだけど!?」

「だって即興でしょ!?なんでなんで!?」

「前に一回結婚式でやった事あるからさ」

「へぇ〜、でもすごぉい♡」

なんて嘘。

実は事前に打ち合わせ済み。

ホントは披露宴でやるはずだったが、時間がなく二次会でやる事は決まっていた。

まぁ、しかし女の子の反応が良く気持ちいい。

そして会場の興奮も冷めやらぬ間に、ビンゴ大会スタート。

女の子達はさっきと打って変わって、俺らへの密着度が格段に増した。

リナは酔いも混じってか、ずっと俺に腕組みをし、おっぱいが当たりまくっていた。

なんだかんだでビンゴ大会は大盛り上がりで終了。

そのあとすぐに二次会もお開きに。

するとさっきのチャラ男達が

「すぃませ〜ん!この後、三次会でカラオケ行きますけど、行ける人は集まってくださ〜い!」

と人を集めだした。

「え〜どぉする〜?」

と女の子達は会議を始めるが、すぐに決まらない。

要因としては

・あのチャラ男達が嫌だ。
・お金も終電もない。
・でもチャラ男達についていた残りの4人の女の子達は行くと言っている。
・その女の子達がチャラ男達に何かされそうで不安。

会場からは人がドンドンいなくなっていく。

業を煮やした俺は

「よし!全員で行こう!金は俺らが出す!」

すると

「うっそ〜!ホントにぃ〜♡」

途端に女子達が色めき出す。

「おう!始発まで俺らもいるから大丈夫!ほら、行くぞ!」

そしてチャラ男達に

「俺らも行きま〜す」

と声をかけ、移動開始。

するとナオキが

「おい、中洲の風俗はどうすんだよっ」

と小声で話しかけてきた。

「バカっ、こんな可愛い子達とタダマン出来るかも知んねーんだぞ。もし出来なかったら明日帰る前に行けばいいだろ」

「オッケー♪安心した」

どうやらチャラ男がカラオケを予約した様子。

意外に仕事が早い。

チャラ男グループは男4、女4。

俺らは男5、女4。

その他、二次会から参加の女の子3人が参加し総勢21名。

するとその女の子グループが、俺らに駆け寄り

「さっきランニングマンしてた人達ですよね?超カッコ良かったですぅ〜♡」

「話せなかったから、カラオケ来ちゃいましたっ♡」

おいおい、福岡でモテモテじゃねーか。

しかも結構可愛いし。

俺らは全員鼻の下が伸びっぱなし。

そしてカラオケの前に着くと、何と俺らのホテルの真裏。

こりゃ帰るの楽だわと話していると、タバコがない事に気づいた。

「タカシ、タバコ買ってくっから部屋番号わかったら教えて」

と俺が言うと、リナが

「コンビニ行くの?ウチも行くぅ〜」

「ん、じゃあみんな先行ってて」

俺とリナはコンビニへと歩き出す。

そして曲がり角を曲がった瞬間、リナは俺と腕を組み、思いっきり密着。

そして

「カズさん彼女いるとぉ〜?」

と聞いてきた。

「いないいない」

「絶対ウソ〜。笑っとるもん」

「リナちゃんだって超可愛いんだから、彼氏いんだろ?」

「彼氏?内緒ですっ♪」

「それいるだろ!」

俺らは腕組みをしながらコンビニに入るが、何とタバコが売っていなかった。

歩いて探せば売ってる場所があるのだろうが、なんせ初めての土地。

リナも売ってる場所がわからないとの事。

「じゃあ、一回ホテル戻るわ。部屋にはストックあるんだ。リナちゃん先にカラオケ行ってて」

しかし

「ヤダよ〜。一緒についてってあげる♡」

「ホント?わり」

俺らはまた来た道を戻り、ホテルへと向かった。

ホテルのフロントを通り抜け、エレベーターへと乗り込む。

エレベーターは2人きり。

しかもホテル。

そういう事をするわけでもないのに無駄にドキドキしてしまう。

部屋の鍵を開け、中へと入ると

「あっ、広かぁっ♪いいな〜」

俺らは5人で来たので、ツインとトリプルの2部屋。

俺はトリプルのほうだった。

俺はカバンからストックのタバコを取り出し、すぐに部屋を出ようとしたが

「わぁ〜っ!ベットふっかふかぁ〜♡」

後ろを振り向くと、リナがベットへとダイブ。

スカート丈の短いドレスから、パンツがバッチリ視界に飛び込んできた。

「やばぁい、このまま寝れるぅ〜♪」

俺は襲いかかりたい衝動を必死にガマン。

リナはやる事しか考えてないチャラ男と違う、大人の男性にカッコ良さを感じているはずと、自分に言い聞かせた。

「ほらっ、行くぞっ」

しかしリナはパンチラ全開でベットをゴロゴロするばかり。

俺は頭のほうへと移動し、リナの腕を掴んで身体を起こした。

すると谷間がガッツリ見え、リナの潤んだ瞳と目があった。

その瞬間、これは待ってるなと一瞬で判断した俺は、そのままリナを抱き寄せると唇を奪った。

リナも拒否する事なく俺を受け入れ、舌を絡め合う。

静かな部屋に、チュパっ・・・チュパっとディープキスの音だけが響き渡る。

俺は手をおっぱいへと伸ばし、柔らかいものを感じた瞬間、

「すると・・・?」

と博多弁でリナが聞いてきた。

超可愛い。

「ヤダ?」

「ヤじゃないけど・・・みんな待っとるから・・・」

それもそうだ。

でも、このチャンス。

今日この後ヤレる保証もない。

俺は一瞬悩んだ。

すると

「じゃぁ一回カラオケ行って、抜け出してまた来よっ♡」

リナが最高の提案をしてきた。

「わかった」

俺は同意し、再度熱いディープキスをして部屋を出た。

そしてカラオケへと着き、ヒロからLINEで教えてもらった部屋へと入ると、俺らのグループと二次会から参加の女の子3人しかいない。

「おっせーよ!何してたんだよ」

男からのブーイング。

「ホントぉ〜、怪しぃ〜」

女の子達も疑いの目で見てきた。

「タバコが売ってなかったから探してたんだよ。てかチャラ男グループは?」

「全員入る部屋が取れなかったみたいでさ、2つに分かれた。2時間&飲み放題だってよ」

「2時間!?何でだよ!その後どうすんだよ」

「知らねーよ、あのチャラ男達が勝手に決めやがって」

「絶対終電なくさせてお持ち帰りする理由だけでカラオケきただろ〜。まぁいっか延長すれば」

「だな。じゃあ改めて乾杯しますか!かんぱ〜い!」

まずは自己紹介&一気飲みタイム。

男は俺(カズ)・ヒロ・ヒロシ・ナオキ・タカシ。

全員地元埼玉の31才。

リナグループは全員21才で地元福岡。

新婦と中◯からの同級生。

リナ・・・相武紗季似の推定Eカップでスタイル抜群。大学生。

カリン・・・マギーっぽく、目鼻立ちがくっきりした可愛い子。保育士。

アイリ・・・お水っぽい小柄で目がクリクリとした可愛い子。オッパイ大きめ。大学生。

ラン・・・普通の女の子。ブスではない。美容師。

そしてもう1グループの女の子3人は、新婦のバイト仲間の大学生。

ユナ・・・少女時代にいそうな韓国美女っぽい女の子。スタイル抜群。大学4年。

サクラ・・・茶髪のロングでミニスカート。いかにも遊んでそうな女の子。そこまで可愛くはないが、ヤレるレベル。大学2年。

??・・・もう1人は忘れた。

以上12名。

まずは俺らはカラオケで盛り上げる。

先ほど披露したランニングマンに始まり、社会人生活で培ったスキルを十分に発揮。

女の子達は大盛り上がり。

女の子達のテンションが上がると、お酒も飲ませやすい。

さっきあんなにチャラ男に飲まされるのを嫌がっていた子達が、ガンガン飲みまくる。

俺らも調子に乗ってテキーラショットを注文しまくるがら引くこともなく乗ってくる。

こうなってくるともうパンチラ&セクハラ祭り。

男は全員上半身裸。

女の子のおっぱいを少し触ろうが、全く怒られず笑って済ませてくれる。

しかし俺はリナとの約束が気になって仕方ない。

リナも俺が他の女の子にセクハラをすると、あからさまに睨んでくる。

これはヤバイと思い、俺はリナの耳元で

「もう少ししたら気持ち悪いって言って。ホテルで寝かせるふりして抜け出すから」

するとリナは黙って頷いた。

5分後、リナが

「飲みすぎた・・・気持ち悪いっ」

すると

「大丈夫?吐いてくれば?」

「少し横になる?」

周りが心配しだす。

「ちょっと無理かも。横になりたい・・・」

すかさず俺が

「じゃあ、俺らのホテルこの裏だからさ、部屋で横になるか?ついてってやるから」

「うん・・・」

すると

「カズさんゴメンねぇ〜、ウチもついていこうか?」

アイリが気遣い声をかけてきたが、

「大丈夫大丈夫。横にさせて、落ち着いたらまた戻ってくるから。みんな盛り上がってて」

「ありがと〜。じゃあお願いしますっ」

作戦成功。

グッタリしたふりをしたリナを抱えながら部屋を出て、エレベーターへ向かう。

その途中、違う部屋のチャラ男2人にバッタリと遭遇。

お互い何も声はかけなかったが、すれ違ったあと、後ろから

「絶対あれヤルよな〜」

「マジ羨ましい。ヤられたぁ〜」

とチャラ男2人が悔しがる声が聞こえてきた。

俺は優越感に浸りながら、エレベーターに乗り、下へと降りると

「もぉ〜、カズさん他の子ばっかり見とったぁ〜」

リナが若干怒り気味だ。

「ゴメンゴメン」

俺は何とかリナのご機嫌とりをしながら、再度ホテルへと入っていく。

そして部屋へとリナを招き入れた。

じっくりと真近で見ると、やっぱり超可愛いし超イイ身体をしている。

「もぉ〜、見過ぎぃぃ〜w」

「可愛いすぎてw」

「バカっw」

俺らはゆっくりと唇をかさね、お互いの舌を絡ませていく。

チュパッ、チュパッ、チュパッ・・・極上の21歳の大学生とのディープキス。

最高。

俺はそのまま、リナのドレスの胸元から手を突っ込み、胸を揉んでみた。

「んっ・・・」

反応が超可愛い。

「おっきぃね〜」

「んっ♡Eカップw」

この顔でEカップ。最高。

ディープキスをしながら生乳を揉みしだくと、乳首はドンドン硬くなってくる。

その乳首をつまむと

「あんっ!!乳首弱かっ・・・」

上目遣いで俺を見つめてくる。

超可愛い。

俺はすかさず耳にしゃぶりつく。

「はぁっっんっ!!耳だめぇっ・・・」

リナはビクビクっと身体を震わせた。

それに俺はスイッチが入り、リナをベッドに押し倒し、乳首を刺激しながら耳・首を舐めまくった。

「あっっっ・・・んっ、んっ!!はぁっっんっ!!」

かなりの敏感で、反応が最高。

その間に背中へと手を回しブラのホックを外していた俺は、今度はドレスとブラジャーをまくり上げ、おっぱいとご対面。

さすが21歳のEカップ。

弾力抜群。

形もイイ!両手で存分に味わいながら、乳首を交互に舐めまくる。

「んんっ・・・あんっ!!やっ、カズさん・・・舐め方、エッチ♡」

「そぉ?じゃあこんなのは?」

イジリー岡田ばりに高速レロレロ。

「やっ、やっ、いかぁぁんっっ・・・!!」

リナはまた更に身体をビクつかせた。

そしてその間に俺は手をスカートの中へと潜り込ませ、パンツを触ると既に濡れているのがわかる。

「リナちゃん、もぉ濡れちゃってんじゃん」

「だってぇっ、あぁんっ!!気持ちいぃんやもんっ♡」

顔もスタイルも感度も抜群。

ッチな広告

ッチなPR

ッチなPR