エチ研TOP
Home > 体験談 > 誕生日が同じで、大学で凄く仲良くな…
投稿:2014-12-01(月)06:00

誕生日が同じで、大学で凄く仲良くなった女友達

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:5,675回)
名無しさんからの投稿

大学生の僕には、同じ誕生日ということで仲良くなった親友Mがいる。

お互いかなり信頼し合っている。

Mには年上の彼氏がいるが社会人のため、学校ではいつも一緒にいる。

その仲の良さは友人から

「付き合ってるの??」

と言われるほど。

ある日、お互い授業が休講になって暇だった。

「俺の部屋来る??」

「うん♪行く!!」

部屋についてしばらくお喋りしていたら、Mが

「寒いなぁ」

と一言。俺は

「じゃあ布団敷いてお昼寝しよっか??(笑)」

と軽く冗談を言った。

「いいよ♪」

付き合ってもないのに1つの布団でイチャついた。

だか、この日の俺はいつもと違っていた。

「俺・・・Mが好きだ・・・付き合えなくてもいいからさ・・・俺の気持ちを感じていて欲しい」

「・・・分かった」

俺は彼女を力強く抱き締めると目が合い、目が離せなくなった。

・・・気付いたらキスしていた。

最初は唇を合わせ、だんだんいやらしいキスになった。

耳と首を愛撫しながらゆっくりブラを外した。

いつもは気付かなかったがMはFカップらしい。

とにかく優しくしないと、と思い、ゆっくり舐めまわしていると

「噛んで・・・」

と彼女が呟く。

えっ?と思いながらも軽く地首を噛んでみる。

「もっと強く・・・もっと!!」

Mの息遣いもかなり荒くなってきた。俺はMの下の方が気になった。

「いい?」

「いいけど、見ちゃダメ」

彼女のジーンズをおろす。下着の上からでも濡れているのが分かった。

彼女のアレを見れないままそこを弄る。

ゆっくり中に指を入れると見せかけ、穴の入り口で指を止めて抜いてを繰り返していると

「いじわるしないでよ」

顔を赤くした彼女が言う。

「いじわるって?」

「だから・・・奥まで・・・入れてください・・・」

「仕方ないなぁ」

やっと指を奥まで入れてやった。

「はぁっ・・・!」

俺のシャツの袖を強く掴む。

「いかがですか?」

「気持ちいいです」

とことん彼女の中を掻き回した。

でも残念な事に、初めての俺に彼女をイカせる事は出来なかった。

彼女を見ると涙を流していた。

「ごめん、こういう事はやっぱまずいよね」

「違うの。気持ちよかったの・・・」

気持ちいいと泣くクセがあるらしい。

「てか・・・してほしくないの?」

「いいの?」

「うん♪」

俺のジーンズとトランクスが一度に脱がされ、それと同時に彼女の舌先が先を舐め、そしてアソコが温かくなる。

彼女の柔らかい舌が絡みつく。

かなり気持ちよかったのだがなかなかイケない。

その時、

「疲れた(笑)」

彼女がそう言って俺の太ももに頭を乗せた。

「もういいよ、ありがとう」

彼女の頭を撫でた。

彼氏と彼女本人の事を思い、その先はしなかった。

「これが俺の気持ち」

「うん」

物凄い力でMを抱き締め、その後抱き合ったまま眠った。

周りから見ればいくじなしってやつですが、俺はこれでいいと思ってます。

今もいつも通り彼女と仲良くやってます。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告