エチ研TOP
Home > 体験談 > 近所のおっさんに従姉との青姦を見ら…
投稿:2016-05-16(月)04:51

近所のおっさんに従姉との青姦を見られ、従姉がおっさんに中出しされてしまった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:11,963回)
長野県/石部金吉さん(40代)からの投稿

前回の話:ある同級生と風俗に行くと毎回ヒドい目に遭う

私が小坊の頃、13歳上の従姉と性関係でした。

従姉の家の隣に住んでいたので、毎日顔を合わせます。

とても懐いていた私は、幼い頃から従姉が好きで、二人きりで遊びもしました。

私が幼いせいか、従姉は何をしても叱らなかったので、胸を触ってもスカート捲りしても平気でした。

(二人きりの時だけ)

従姉は一人っ子で、お互いの家は山間部の為、友達が近所に居らず寂しかったでしょう。

だから私を許したと思います。

小坊も高学年になり、性の関心も変わって来ますが従姉とは相変わらず、いえ、更に進みました。

当時、従姉は23歳、大人の女です。

記憶の目測ですが85E位の胸でした。

今では85Eは珍しくないでしょうが、当時はあまり居なかったと思います。

そんなおっぱいを自由に出来た。

下半身の方は従姉に教えてもらい、パンティーの中に手を入れ、ザラザラした陰毛を感じなから更に深く包茎を従姉に剥かれて、初めは痛かったが従姉を信じ、慣らしていき、常にズル剥けになったら、初フェラされた。

チンポ咥えるなんてとビックリ。

でも快感。

病みつきになる!

従姉のマンコも舐めるのを習いました。

躊躇いつつ、従姉の為とやりました。

変な味だけど。

そのうち、挿入もするようになりますが避妊はしてました。

本題の事件は、だいぶ挿れ慣れた頃でした。

家の裏山で立ちバックでしてたら、同じ地域のおっさんに見られてたのです。

しかも私達を止めないで、割り込んできて。

体勢的に二人とも同じ方を向いていて背後に気付かず、私は後ろに引っ張られて倒れました。

従姉も驚いて逃げられず、近親相姦の弱みをつかれ、挿入されてしまいました。

私も小坊で大人には抵抗できず。

気が強かったら、そこらへんの棒でも石でも使って殴ったでしょう。

おっさんは中出しした後、私たちに口止めして去りました。

近所に知れたら住めなくなると、諦めるしかなかったのです。

幸い妊娠せず、時代的に証拠写真など作れないので、後々脅されることはありませんでした。

従姉との関係は続きましたが、もう青姦はやめました。

その従姉も成人した4人の子供がいて、還暦を迎えます。

思い起こせば、剥けはじめの敏感なチンポをフェラされて、いきなり口内射精してしまった快感は忘れません。

以前、青姦を覗いてた女性と姦通したことを掲載していただけましたが、中断された思い出のやり直しのつもりでした。

思いがけない出来事になりましたが、いい口直しと言った所でしょうか。

でも青姦は要注意です。

何が起こるか、解りません。

続き:従姉の第一子は自分の子供かも知れない

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告