Home
メニュー

【お勧め】プレゼントのお礼に何でもすると言った同じ大学の女友達

名無しさんからの投稿
----

女友達の名前は仮に彩夏としておく、俺はAで。

彩夏は身長155cmぐらいで、普通体型色白Cカップの大学3年生。

顔はよく知らんのだが、乃木坂48の生駒って子をもっと丸顔にした感じ。

大学1年の時テニスサークルで知り合った。

テニサーって言うと名前だけの飲みサーに聞こえるけど、うちのサークルは飲みは月2-3ぐらいで大人しい部類だった。

かと言ってテニスもガチな感じじゃなく、普通に楽しくやる人達が集まってた。

同学年の部員は男7女10で、割と可愛い女の子が揃ってて恵まれてたと思う。

その中でも彩夏は男から人気があった(特に先輩から)けど、1年の時から付き合ってる同中学の彼氏がいたので、サークル内では男関係で浮いた話は出てこなかった。

俺は彩夏と1年の夏過ぎ辺りから一気に仲良くなり、普通に宅飲みとかもするようになっていった。(もちろん2人きりではないが)

3年になってすぐに彩夏が俺に彼氏と別れた事を告げてきて色々相談に乗ったんだけど、どうやら彼氏は趣味の車関係に夢中で、興味のない彩夏にしたら面白くなくて喧嘩別れしたらしい。

お金も掛かる趣味だからバイトばっかりしてて、余計に遊ぶ時間もなくなったそうだ。

相談されたはいいが、彼氏に趣味辞めろと言うわけにはいかないし内心どうしようもないだろうと思ってた。

結局彩夏は彼氏と復縁する事なく、半年ほど経って9月になった。

俺と彩夏は2人とも誕生日が9月なんだけど、ある日彩夏が

「あぁー今年は誰も誕生日プレゼントくれないんだー」

と言い出した。

俺「何か欲しいもんあんの?俺も9月だしプレゼント交換でもするか?」

彩夏「いいね!やろーやろー欲しいのは沢山あるよ!」

俺「で、何が欲しいん?」

彩夏「それ言ったら面白くないじゃーん。予算1万ぐらいで交換ってのはどう?」

俺「分かった。じゃ今週日曜に俺ん家で誕生日会な」

彩夏「オッケー」

当日彩夏は1人で現れたので、

俺「あれ?誰も呼ばなかったん?」

と訊くと

彩夏「由美とか誘ったけど、用事あるんだってーそっちは?」

俺「こっちも何人か誘ったけど、バイトとかで無理っぽい」

彩夏「まぁいっか、祝おう祝おう!」

彩夏が買ってきてくれたケーキを食べつつ酒を飲みながらしばらく談笑してた。

そしてプレゼント交換で、俺は彩夏から就活用にとネクタイ、ハンカチを貰った。

俺は何を贈ろうか迷ってたんだけど、1ヶ月ほど前に彩夏がドラえもんのDVD-BOXで1989〜1997年の映画の奴をネットで見ながら

「いいないいなぁーこれ欲しいなぁードラえもんかっちょいいなぁー」

と言ってるのを思い出した。

価格は2万で予算超えてるけど、まぁいいだろと思ってプレゼントした。

DVDBOXを見た彩夏は

「わぁドラえもんだーこれ目茶苦茶欲しかったやつだー!これ凄いんだよー私の好きな映画全部入ってるんだよー!ありがとー!」

と大はしゃぎで喜んでくれた。

彩夏「でもこれ1万円よりずっと高いよ?何か悪いよ」

俺「いやいいよ、彩夏が喜んでくれたなら」

彩夏「本当に?ん〜でも何かお礼したいなぁ、何か私に出来る事ない?」

俺「えー何かあるかなぁ?」

彩夏「のび太君、ドラえもんに任せなさーい!」

飲み始めてから2時間以上経っててかなり2人とも酔ってる状況だったので、俺は冗談半分で

「じゃあおっぱい触らせて」

と言ってみた。

彩夏「…え…おっぱい?」

俺「うん、駄目?」

彩夏「駄目って言うか…私の触りたいの?」

俺「まぁ…嫌ならいいよ」

彩夏「うーん…少しならいいよ」

俺「マジで!?ホントに触るぞ?」

彩夏「いいよ」

俺は彩夏の後ろに廻り込み、両手でゆっくり服の上から彩夏の胸を揉んだ。

彩夏の胸は服の上からでもめっちゃ柔らかく、良い匂いもしてくるので、揉んでるうちに我慢出来なくなってしまい、首筋に吸い付いてしまった。

彩夏「ん…いゃ…A君そこチューしちゃ駄目だってば…」

俺「ブラ外して直接揉んでもいい?」

彩夏が頷いたので、光速でブラを外して服の中に手を突っ込んで彩夏の生乳を堪能した。

生乳をよく見てみたい衝動に駆られ、今度は正面に回り、服をたくし上げた。

俺「彩夏、何これ?超綺麗じゃん乳首ピンクだし」

彩夏「もぅあんまり見ないで恥ずかしい…」

我慢できずに乳首に吸い付いておっぱいを存分に味わった後、彩夏の顔見てみると真っ赤で超可愛かったのでそのままベロチューしまくった。

彩夏も積極的に舌絡ませてきてくれて俺のチンコはビンビン。

もう出したくて堪らなかった。

俺「彩夏…エッチしたい」

と言うと、

彩夏「駄目だよ…エッチは…絶対駄目…」

俺「何で?」

彩夏「…駄目」

彩夏は理由は言わずに駄目の一点張り。

俺「じゃあさ、口でしてくれない?もう我慢出来ないよ」

彩夏「口?うーん…A君辛そうだし口ならいいよ」

マッハでパンツを脱いで、俺が寝て彩夏に横からフェラしてもらった。

されてる最中ずっとおっぱいを好き放題にしてたから最高だった。

フェラ自体は竿の下からカリに向かって舌を這わせてきたり、先っぽチロチロしながら手こきしてくれたりでマジ気持ち良かった。

俺「彩夏…やばい、めっちゃ上手くない?元カレに教わったの?」

彩夏「うん…いっつもフェラしてって言ってくるから…」

俺「マジか…いつもって変わった所でフェラした事とかあんの?外とかさ」

彩夏「うん…車とか公園とか…」

それを聞いた俺は余計興奮してしまい、一気に射精感が高まってしまった。

彩夏「A君気持ち良い?どういうのが好き?」

俺「気持ち良すぎてもうイキそうだよ…唾沢山垂らして手でしごいてみて」

とリクエストすると、チンコ全体を舐め回してから手に唾をつけてヌチャヌチャと手こきしてくれた。

俺「あぁぁ彩夏!それヤバいって!」

彩夏「ヤバい?もう出ちゃう?」

と手こきを続けながら聞いてきた。

彩夏「どこに出したい?このまま出しちゃう?それとも口が良いの?」

俺「最後は口に出したい…。たくさん音を出しながら激しくしゃぶって!」

彩夏はジュポジュポと音を立てながら手と口で最後の抜きにかかり始めた。

ついに我慢も限界に来た。

彩夏は一度チンコから口を離し、手こきしながらベロチューしてきて

「いいよ、お口に出して?」

と言った。

俺「もう駄目だ!彩夏、口に出すよ!イクよ!」

俺は彩夏の生乳を右手で鷲掴みにしながら最高の状態でドクドクと口に射精した。

物凄い快感で、全部出し終わるまで彩夏は口を離さず、亀頭を舌で一周舐めてから精液を吸いとるようにチュポンと音を立てて離した。

俺「はぁはぁ…彩夏…気持ち良かった…ありがと」

彩夏「ホントに?A君スッキリした?笑」

俺「うん。彩夏がこんなフェラ上手いなんて知らなかったわ」

彩夏「絶対皆に内緒だよ?言ったらもうしてあげないから」

俺「え?って事は内緒にしてたらまたしてくれるって事?」

誕生日のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング