Home
メニュー

【混浴】女子◯生の生着替えと生おっぱいが見れた

名無しさんからの投稿
----

露天から洞窟風呂に向かうと、着替えをしようとしている女の子がおり、その子が私に声をかけてきました。

「すみません、中におじさんとかおばさんは入っていますか?」

私が中に入って見回したところ、30代半ばの女性だけでした。

その事を彼女に伝えると、安心した顔をして服を脱ぎ出すのです。

いくらなんでもおじさんがそこに一緒に居るのは何だか気まずいので、湯船に入ってしまいました。

でも扉は閉めずにいたのは言うまでもありません。

先に入っていた女性からも、その子の姿が見えます。

そのため私が一緒の客だと思ったのか、入っていっても安心しているのか、そのままです。

挨拶をして、私の目線は扉の方につい行ってしまいます。

やっぱ男だね。

薄暗い湯船から見ると、脱衣所は照明で明るいため彼女の身体は浮き上がって見えます。

凄いですねー。生脱衣です。

彼女、あまり私を気にしないで脱いでいきます。

ブラジャーを取ると、大きくて張りのある胸が私の目に飛び込んできました。

残りは一枚だけです。

ごくっ!

こんなに若い娘はなかなか混浴温泉で一緒にはなれません。

それが今、私の目の前で服を脱いでいます。つい興奮!

彼女はどこも隠そうとしません。

ついに最後の一枚が下ろされています。

何だかドキドキ・・・もしかしたらこちらが暗いので気が付いていないのかな?

でもそんなに離れてはいません。

いつもなら隣に入っている女性が気になるはずですが、今はそれどころではありません。

彼女がタオルで前を軽く隠すような隠さないような持ち方をして入ってきました。

つい屈んで入る彼女の股間部分が気になってしまいます。

でも見るにはここは暗いんです。陰りしか分かりません。

私が先客の女性のそばにいたためか、彼女も私のそばへとやってきました。

私「こんにちは、家族と一緒に来たの?」

彼女「うん、でも一緒に入るの嫌なんだ」

これで納得です。中に親がいたら入りたくなかったんですね。

でもついつい私の視線は彼女の身体に。

そしていやらしいおじさんはつい

「胸大っきいねぇ、何カップ?」

おいおい、そんな事聞くなよ。

彼女「うん、大きいでしょ。Fカップ以上あるよ」

なんていい娘なんでしょう。

でも、触ってもいい?なんて事までは言えません。

私「ところで、歳聞いてもいい?」

彼女「17歳、高◯生だよ」

う〜ん生きててよかった。今日はなんていい日なんだ。

それを聞いていたんでしょう。

先にいた女性が、

「本当に綺麗で大きいおっぱいだ事、羨ましい。若いっていいなぁ」

と言いました。

今、私は女性2人と3人で混浴です。他には誰もいません。

そのうちの1人は17歳の高◯生。

世のおじさんからは死刑だ!って言われそうです。

お湯の中でもぷかぷかと浮くような事もなく、潰れる事もな未だ固さが残っていながら、大きくて綺麗なおっぱいが目の前40センチくらいのところに見えています。

彼女も見られている事は判っています。

私「恥ずかしくないの?」

彼女「うん平気、でも親には見られたくない」

こんなもんなんですかね。

判ったような判らないような・・・このお風呂はちょっと暗いんです。

明るければもっとアッチやコッチも見えるのに、股間は黒っぽい部分があるなあってくらいしか見えないんです。

オバサン「なあんだ、一緒に来た人じゃないんだ」

さっきからの会話で分かるだろ。

でも、この人もよく見りゃ美人、身体だって美味しそうなんです。

でも目の前の17歳が・・・温まってもう出るっていうんで、おじさんも出るよーって事で女子◯生と一緒に脱衣所へ。(なんて幸せ!)

灯りの下で見る彼女の胸はそりゃあもう綺麗で美しいものです。

乳輪は大きいのですが淡いピンクでトップも小粒です。

我慢できずにいやらしいおじさんは見惚れてしまいました。

私「見られて恥ずかしくない?」

彼女「知らない人だから、どうせもう会う事もないだろうし」

やっぱりね、それでもいいんだ。今日はいい思い出ができた。

そこで彼女と別れました。

中に残っている女性の事はもう忘れてしまうほどです。

これだから混浴はやめられない。これも同じ温泉です。

この温泉は、昔は露天風呂の作りが違う形だったのを改修して2つあった湯船にもう1つ露天を追加して、内側にあった湯船との間に仕切を付けて別のお風呂場を作ったのです。

同じ温泉の常連の方だと判っていただけると思うのですが、自分のお気に入りの場所って自然に出来るんですね。

頭を載せる石とか、足をおく場所とかです。

私もお気に入りの場所があるんです。

そこは少し薄くらい場所で露天ではなくなった風呂場の奥の方にあります。

元々は露天でしたが、今洞窟風になっても自分のねぐらのように感じるその場所がお気に入りで、露天に比べあまり人気は無いのですが、私にはそこが最高の場所なんです。

今ではもう照明が明るくなったのですが、その当時は本当に暗い場所でした。

暗くて、馴れない女性だとちょっと恐かったんじゃないかなって想い出しています。

でも私の昼寝にはちょうど良い明るさでした。

その日も私は昼寝をしていました。

物音に気が付いて目を開けると、脱衣所に続く扉が開いていて、人影が見えます。

2人いるようですが、どうやら私に気が付かない様子です。

そのまま2人は服を脱ぎ始めました。

よく見ると、女性の2人連れです。

友達でしょうか?でも雰囲気が違います。

姉妹でしょうか?何だか似ています。

それとも・・・全部服を脱ぐまで薄くらい私の居る場所から、明かりのある脱衣所の2人はよく見えています。

おっぱいの形やお尻の形も丸見えです。

そして、お腹から下に下がってそこの陰りも私の目に飛び込んできました。

最初は眠気が勝っていた私の視神経も今ではすっかり正常になりました。

火事場のなんとかっていう事で、普段よりよく見えます。

スケベパワーデス。

2人が湯船に近づいてきて、湯掛けをしてお湯に浸かります。

そしてこちらに近づいた時に私に気付きました。

びっくりした様子です。

そこで私は、

「こんにちは、すっかり眠ってました」(嘘つき!たぬき眠りしてたくせに!)

女性1「びっくりした〜誰もいないと思ってたから」

私「ごめんなさい。すっかり眠ってたんで私も気付きませんでした」

・・・

私「すみません。ちょっと嘘ついてます。入ってくる時には気付いてました」

女性1「でももう見られちゃったからいいか」

なんていい人なんでしょう感激!

美人のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング