Home
メニュー

生保レディの仕事で知り合った社長が私の舐め犬に…

千葉県/さつきさん(20代)からの投稿
----

初めて投稿します。

生保レディをしている27歳既婚者です。子供は居ません。

以前キャバクラに勤めていてランキング嬢だったこともあり、見た目にはそれなりに自信があったため、生保レディを勧められた時は自分の見た目と話法が使えればなという気持ちで始めた仕事でした。

先日、法人を回って営業をした会社の社長さんから

「前に進めてくれた法人向けの保険入りたいんだけど、設計書作って持ってきてくれないかな?」

と連絡があり、休日だったのですがすぐにオフィスに向かい、設計書を打って持って行きました。

「ありがとう、これで契約するよ」

と言っていただき、

「今日は休日だったので設計書しか打ってこられなかったので、後日改めて申し込み書作成して伺いますね!」

と言って帰ろうとしたら

「もうご飯は食べた?まだならご馳走するよ!」

「いぇ!お気になさらないで下さい。お仕事ですから」

「そぉ言わずに、美味しい所紹介するよ!いこう!」

といって社長の車に乗せてもらい、食事に行きました。

どうやら主人の事が気になるようで、ずーっと主人の話をしていたのですが帰りの車で

「旦那さんには悪いけど本当に綺麗だよね。こんな人を連れて食事が出来たなんていい思い出になるよ」

と私の膝に手を置いてきました。

契約をいただけるという思いもあり、キャバクラの接客に近い相槌をうち、置いてある手を振り払わずにいました。

会社に到着し、休日出勤をしていた従業員も帰ってしまった駐車場を見て

「誰もいないから寂しいな」

と言いながら内ももを触ってきました。

急だったのでビックリして

「ひぁ?!」

と言うと

「ごめんごめんw綺麗な足だったから触っちゃった」

と言いながら割れ目に沿って指を軽くなぞってきたんです。

思わず「ぁっ…ん」と声が漏れ私の体がビクッ…と震えたのを見て

「あれ?気持ちよかった?…こんなに色気のある人を目の前にしてそのまま帰すなんて出来そうに無いな」

と社長が車を降りて私のいる助手席のドアを開けてしゃがみこみました。

「嫌なら言ってくれて構わないから」

と私の足を外側に向けてストッキングをずらそうとしたのですが、私はガーターストッキングだったので

「ぅわ…まじでエロイな。最高」

とパンツをズラしてきました。

主人以外の男性と関係を持つなんて事なかった私は興奮してきてしまい、抵抗はおろか脱がされる新鮮さに腰を上げてしまいました。

社長は私の股に顔を埋めて

「Tバックにパイパンってどれだけエロいの?もぉ我慢できないな。犬になってやるよ」

とクリトリスをペロペロ…チュパチュパ…舐めたり吸ったりし始めました。

…もぉ頭が真っ白になるくらい気持ちよくて、あぁっ…んっぁ…はぁぁっ、声が抑えられないほど感じてしまって

「濡れ濡れだよ。…美味しい。もっと飲ませて」

クチャッ…ピチャッ…

「んぁあ、美味しいよ、綺麗だね…はぁ…はぁ」

そんな社長の言葉や膣にかかる吐息でもっと気持ちよくなって、

ぁんっ…イイっ…きもちぃですぅぅ

「はぁ…気持ちいいの?ぁあ…可愛い。もっと感じて」

…チュゥ…チュゥ…ペロペロ…

「どぉしてほしい?どぉ舐められたい?もっとマン汁飲ませて」

…チュパッチュパッぃ

あぁん…もっと吸ってっぇ…もっとぉ!

と…敷地内だといっても外なのに感じちゃってる自分にも興奮してきて、頭の中が社長のチュゥチュゥ…チュパチュパと吸うイヤラシイ音しか入ってこなくなっていました。

もぉ少しでイクっ!って時に社長の携帯が鳴って

「ぁ、はい。スグに伺います」

「ごめん、もぉ一時間近く舐めてたんだね。痛く無い?」

…はい、大丈夫です。

「もぉ俺行かなきゃダメだから、次はもっと時間かけて舐めさせて」

…え?

「俺のこと、舐め犬として使ってくれる?次はホテルで…舐めながら手コキしたい。もぉ我慢汁出すぎて恥ずかしいくらいだから(笑)」

…ぁ、はい。

「ほんとに?!じゃぁ次!楽しみにしてる♪」

これは今日の事だったので次が楽しみです♪

今日は旦那を襲って眠りたいと思います(^_^)(笑)

拙い文章で申し訳ありませんでした。

読んで頂きありがとうございました。

抜ける
投票数:29
面白い
投票数:24
続きが見たい
投票数:35
詳細が見たい
投票数:20
面白くない
投票数:2
雑・読みにくい
投票数:5

    主婦のタグを含む体験談


    新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

    他サイト新着記事

    人気体験談ランキング(月間)

    こちらの体験談の評価をお願いいたします

    上へ

    アクセスランキング