Home
メニュー

教育実習先で男女ともに人気のあったボーイッシュの女の子

名無しさんからの投稿
----

もう10年も前の話。

当時の俺の状況を説明します。

俺:一浪後に大学に入学した、大学4年生の教育実習生。あるスポーツでインカレ入賞成績あり。

東北地方のある県の母校で教育実習を行う。

実際に教育実習に行った事のある人なら分かると思いますが、教育実習生はモテます。

でも大学では

「絶対に女子生徒には手を出さないように。君たちがモテるのは一時の気の迷いからなんだから」

と教育されます。

俺ももちろん電話番号を何人かの女子生徒にしつこく聞かれていましたがきっぱり断っていました。(当時は携帯を持ってなかったのでアパート備え付けの電話)

俺は、当時人気のお笑い芸人に似ているという事で、生徒の間ではその芸人の名前で呼ばれていた。

ここでは仮にヒロシとします。

俺も嫌な気もしなかったし、◯学生相手に怒るのも・・・というのもあって、好きなように呼ばせてました。

短い教育実習の期間の中でも生徒の悩み、とりわけ恋愛についてはよく相談を受けました。

ある日、キャラ的には梨花みたいな2年の女子が、昼休みに教育実習生室にやってきました。

「なぁなぁヒロシ!!やばい!今度、彼氏と3回目のデートなんだけど、手とか繋いでいいと思う?」

みたいな話をしてきました。

内心「可愛い事で悩んでるなぁ」と微笑みつつ「うーん、難しい問題だなぁ」と先生ぶってみます。

梨花「でしょでしょ?まだ絶対早いと思うんだよねぇ。あぁ、3年の泉美先輩はもう経験済ませてるのに、私は手も握れないよぉ」

俺「は?泉美先輩ってバスケの?」

田舎な俺の地元では一緒に下校するだけで大騒ぎだったので、正直かなり驚いた。

それに、その泉美という娘はバスケ部のキャプテンでショートヘアでボーイッシュな感じ。

女の子っぽいというより男の子っぽくて、男女隔てなく人気のある娘だったから余計に驚いたのもある。

正直、俺の興味は梨花のデートよりも泉美の話にいってしまう。

梨花の相談に乗るふりをしながら、少しずつ3年の泉美の事を聞いてみる。

どうやら泉美の彼氏は1学年上。

彼女が1年の時から付き合ってるとの事。

その彼は地元でも有名な不良で、学校の先生のみならず生徒の間でも優等生の泉美とその彼氏が付き合ってる事を不思議がるようなカップルらしい。

初体験は2年生の夏、花火大会の夜に橋の下だったらしい。

恥ずかしい話、この時はかなり興奮したのを覚えている。

「絶対に言わないでね!この話知ってるの、バスケの後輩では私だけなんだから」

そう梨花が強く言うので

「聞いてない聞いてない。今の話とか、俺、全然聞いてないから」

と、興味を持ってるの悟られないように、梨花を半ば強制的に教育実習室から追い出した。

それからと言うもの、泉美のクラスの授業を担当する時は彼女の顔を直視出来なかった。

しかし残念というか当然というか、実習期間で何も起こせるわけもなく、泉美もあくまでも俺のいち生徒として、俺の教育実習は終わっていった。

しかし最終日の下校時間、教育実習生室から出ようとすると数名の女子生徒が待っていた。

「ヒロシ先生!!電話番号教えてください!!」

当然、大学での評価などもある俺は

「ゴメン。先生、大学のアパートに電話置いてないんだ」

と適当にあしらう。

「じゃあさ、ヒトミちゃん(もう1人の教育実習生。英語科)の電話番号はぁ?」

「彼女は俺の同級生じゃないしなぁ。(俺、一浪のため)ま、今度教えていいか聞いておくよ」

「え?!!だって明日からもう学校こないじゃん、ヒロシ先生もヒトミちゃんも。ヒトミちゃんかヒロシ先生のどちらか教えるまで、ここ通しませぇーん」

仕方ないので、俺は同性だからいいだろうと判断し、もう1人の実習生の番号を教えて逃げるように学校を去った。

ちなみに、その場に泉美はいなかった。

そして大学に戻って2-3日後に電話が鳴った。

梨花「へへ?!先生のスーパーアイドル、梨花でぇす!!」

俺「え?????何で俺の番号知ってるの?」

梨花「ヒトミ先生に教えてもらった。『どうしても勉強で分からないとこがあるから、ヒロシに聞きたい』って言って」

「こらぁー嘘をつくな。ってか電話するなって。ま、生徒から慕われるのは嬉しいけど。とにかく、もう絶対に誰にも教えるなよ。また冬休みくらいには学校に顔出すから」

「え?ダメなの?もう皆に教えちゃった」

「・・・・・・・まじ?」

それから毎日のように色々な生徒から電話が入るようになった。

もちろん男子生徒もかなりの数いたし、割合としては男子の方が多いくらいだった。

それでも1ヶ月経ち2ヶ月経ち、電話の件数も次第に減っていき、週に2-3回かかってこればいいくらいになっていった。

そのうちの最低1回は梨花からの電話だった。

そうこうするうちに、俺の大学の卒業論文が書き終わる頃には1月に2-3回の電話しか来なくなっていた。

そして3月。

俺は自分の大学卒業と時期を同じくして、中学校を卒業する教育実習先に卒業を祝う電報を打った。

さすがにその卒業式の日は電話が鳴り止む事はなかったけど、それでもそれだけのものだった。

俺はといえば地元の中小企業に就職が決まり、アパートを引き払う準備をしていた。

そして、地元に戻る1週間前。

もうそろそろ電話も契約解除しないといけないなと思っていた頃に、その電話が鳴った。

「もしもし、ヒロシ先生ですか?お久しぶりです、○○泉美です」

なぜだか一瞬、心臓が止まる思いがした。

それまで1回も、卒業式の日ですら電話してこなかった泉美が今、受話器の向こうにいる。

泉美「突然すみません。今度こっちに帰ってくるのいつですか?実は先生に相談があって」

俺「え?電話じゃまずいの?会うのはちょっと・・・」

泉美「電話より会って話がしたいんです。何でダメなんですか?」

俺「いや、ほら、やっぱ生徒でしょ?プライベートってのは色々とあるから」

なんとか、やんわり断ろうとする。

泉美「でも、もう卒業しましたよ?いいじゃないですか、友達としてって事で」

俺「でもなぁ。ってか何について相談なの?」

泉美「彼氏の事で色々相談したくて。知ってますよね?私の彼氏の事」

俺「え?あんまり聞いた事は・・・・」

泉美「ウソだぁ。梨花が先生に話したって言ってました」

俺「あ、そうだったっけ?(どこまでもお喋りな梨花。殺す!!!)」

そんなやり取りで、俺は実家に帰る次の日に泉美と直接会う約束を取り付けさせられてしまった。

当日、車など持っていない俺は親父の農作業用の軽トラで彼女との待ち合わせ場所に向かった。

泉美「すいません。呼び出しちゃって。でもどうしてもヒロシ先生に相談したくて」

俺「別に大丈夫だよ。どう?ここで話し聞いてもいいかな?」

待ち合わせたのは近所の公園。

泉美「え?でも誰か同級生とか、特に先輩に見つかるの嫌だからどっか行きたいです」

俺「別にいいけど・・・じゃ、車乗ろうか」

そうして、俺は車を出した。

俺「ファミレスなんかは?」

泉美「うーん。先輩の溜まり場だし・・・」(俺の地元にはファミレスは1つしかなかった)

俺「えー、でも人気のないとこで車停めて2人でいるのとか、見られたら何言われるか分からないし」

泉美「・・・・先生の家は?」

・・・・やばい、この娘はいつも俺をドキッとさせる。

俺は断り続けたものの、

「じゃあ、私の家にします?」
「先生の家に行ったら襲うから入れられないんですか?」

と言葉巧みに俺を説得し、ほどなく落城。

家に上げて飲み物をあげて、少し雑談があった後、俺からその相談話を切り出した。

俺「で?相談って?彼の事って言ってたけど」

泉美「うーん・・・っていうか、3ヶ月前からもう彼氏じゃないんです」

俺「じゃあ、何を相談したいの?」

泉美「別れても1ヶ月間隔くらいで電話があって『遊ぼう』って。で、行くと、エッチみたいになっちゃう。辛うじて私の都合でエッチはしてないけど」

俺「私の都合?」

泉美「もう!!言わせないで下さい!生理です!!」

口内射精のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング