Home
メニュー

見た目が若く綺麗で無防備な義母

名無しさんからの投稿
----

名無しさんからの投稿
----
私29歳、妻22歳、義母41歳私は、1年前に結婚しました。

妻は幼い時に父を病気で亡くし、母と2人で暮らしていて結婚すると母が1人になると言う事で、一緒に暮らす事にしました。

義母は若くして子供(1人)を生んだので、とても若くしかもムッチリしたマダムな感じでした。

親子はとても似ていて、街を歩いていると姉妹にしか見えません。

義母は私にも、とても優しく私自身一緒に暮らして良かったと思っていました。

ただ、義母と暮らして数日が過ぎた頃、私は義母のちょっと変わった所に気づきました。

それは、義母が風呂から上がって来ると、いつもタオルだけ巻いていて目の行き場に困る時がありました。

嫁もいつもの事なのか、気にもしていない感じでした。

義母はその格好で、俺の晩酌に付き合ってくれます。

それに、義母は普段から常にスカート(短め)の格好が多く、階段掃除の時は、下から下着が丸見えです。

俺が来ても気にする事なく、掃除を続けるのです。

ある休日、俺はリビングでTVを見ていました。

義母は庭の花壇の手入れをしていました。

もちろんスカート姿で屈んでいる為、時よりパンツが見えたりしていました。

私はその様子を覗っていました。

その事を知っているのか?義母が庭に出ると決まって、隣の爺さんが出てきます。

爺さん「おはようございます。今日も手入れですか?」

義理母「放っておくと草が、一杯生えるから大変なんですよ」

爺さん「奥さんの手入れが良いから、いつも庭が綺麗で羨ましいですよ」

義理母「そんな事ないですよ」

爺さん「大変そうだから、手伝いますよ」

義理母「すいません」

そう言うと、爺さんが来て草取りを手伝っているのですが、どう見ても義母のスカートの中をじっと見ているだけでした。

それにも気づかず、一生懸命草取りをする義母でした。

そんな時、爺さんが動き出しました。

爺さん「奥さん、今虫がスカート中に入りましたよ」

義理母「えっそうなんですか!嫌!」

爺さん「ちょっと中見て見ましょう」

義理母「お願いします」

そう言うとスカートを捲りました。

爺さん「ん〜居ないなぁ。この中に入ったのか?」

義理母「居ないんですか?どこかしら?」

爺さん「下着の中に入ったのかもしれないなぁ」

義理母「えっそんな!私虫駄目なんです」

爺さん「ちょっと、下着下げて貰えます。見てみましょう」

義理母「ん〜じゃお願いします」

義母はパンツを下げた。

爺さん「凄いなぁ!ここ辺りに居るかな?」

そう言うと手で触りまくっていました。

爺さん「居なくなったよ、奥さん」

義理母「ありがとうございます」

義母が下着を上げると、ニコニコしながら爺さんは帰っていきました。

義母は鈍感なんだか見せているのか?

買い物もよく3人で出かけるのですが、出かける時の義母はさらにセクシーな格好(タイトスカートミニに胸元が開いた服)なんです。

(妻も派手目なんですが)

エスカレーターに乗ると必ず、男たちが少し下に乗り義母のスカートから見えるパンチラを楽しんでいます。

俺が1人本屋で立ち見していると、若い男2人が話しているのが聞こえました。

男1「さっきの姉さん見たか!凄いエロかったよな!俺もう遣りたくなったよ。」

男2「また、後からつけてみるか!」

そう言うと、その場から居なくなりました。

嫁と義母と待ち合わせた場所に行くと、ソファーに座っている義母…パンツ丸見え状態、周りは男がわんさか!

その中にさっきの男2人も居ました。

中には、携帯で撮影している人もいました。

義母も妻も全く気づいていません。

私は、ちょっと悪戯したくなり2人を連れてゲームコーナーに行きました。

男達も付いて来ています。

俺は、嫁と一緒に行動し義母は、ブラブラ歩いていました。

嫁がちょっと買い忘れた物あるからと言い、居なくなったので俺は義母を離れた場所から見ていました。

男達は、直ぐに行動に出たのです。

義母の後ろをすれ違いさまにお尻にタッチです。

何度も触っても義母の反応が無いと分かると、今度は明らかに撫でています。

ゲーム機の陰に義母が行くと、遂にはスカートを捲くり上げパンツが見える様にされていました。

それには義母も気づき、

"あれっ捲くれちゃった"

と直していました。

男達は懲りず、またスカートを捲り中には、しゃがんで間近で見ている人もいました。

義母は自分が邪魔で、男がしゃがんだと勘違いし、

"すいません、邪魔でした"

と言っています。

男がヨロけた振りをして義母のパンツを掴むと、下に下げ

"すいません、ヨロけてしまい…"

それでも義母は

"大丈夫"

って。

男はニヤリしながら、

"奥さんそこのゲームも良いですよ"

ってプリクラ機を指差しました。

義母「そうなの?入ってみようかな?」

男「じゃ、操作教えますよ」

義理母「本当、ありがとう」

そうして2人はゲーム機に入りました。

私も近くに行きました。

男「ここでは、裸になって写真を撮ると、着せ替えみたいに色々な服を自分の写真に出来るんですよ!若い子に人気なんです。是非やってみて下さい」

義理母「ここで脱ぐの?若い子はやるんだ」

男「周りは隠れていて、外からは足しか見えないですよ」

義理母「確かにそうね!やってみようかな」

男「俺外で、見張っていますよ」

義理母「じゃ、お願いします」

そう言うと男は外で、男達に声をかけプリクラ機の周辺は、男達で一杯です。

俺もその中に入って見ていました。

義母は、中で全裸になって写真を撮っていました。

その時、もちろん下から男たちは代わる代わる中を覗き見です。

俺も中を見てビックリ!!!

本当に義母は全裸で写真を撮っていました。

撮影が終わる頃、男は中に入っていきました。

義母「あっまだ着替えて…すいません」

男「あ〜ちょっと早かったかな!まぁ気にしないで…綺麗ですね奥さん」

義母「そんな、もうおばさんだよ。ごめんね、直ぐ着替えるから」

しばらくして2人は出てきました。

義母は丁寧に男にお礼を言うと、その場から離れました。

撮った写真を取る事も忘れ…その写真を持って男は、イソイソとその場からいなくなりました。

こんな感じの生活が、毎日続くのでした。

義母はスケベではなく、無防備な人なのかも知れません。

嫁もちょっと似た所があるので、将来が心配です。

去年の夏、家族3人で海水浴に出かけました。

義母は"何年ぶりかしら"と張り切って、水着も新しく購入していました。

海水浴場に着くと、義母と妻は車内で着替え初め、私がいてもお構いなしです。

着替えも終わると、早々に2人は海水浴場へ直行!私は後をついて行きました。

私が、浜辺に着く頃には、2人はもう海の近くにいました。

私は、シートを引きパラソルを立て場所を確保した後、シートに横になりながら、2人の様子を伺っていました。

しばらくすると、義母が戻ってきて"浮輪どこだっけ?"と言うので、膨らましてあげました。

義母を見ると、白のビキニでVゾーンも結構凄く、それでいてぽっちゃり体系の義母は、凄くエロく見えました。

しかも、良く見ると義母はサポーターを付け忘れた様で、白いビキニは透けていました。

今は、濡れていないので、まだいいですが濡れた時には、かなり透けると思います。

私は、教えるか悩みましたが、見てみたいという心理から黙っていました。

膨らました浮輪を渡すと、義母は喜んで嫁の所に向かっていきました。

義母が妻の所に着くなり2人は海に入り始め、バチャバチャと水を掛け合い、とても楽しそうでした。

2人が海に入って10分もすると、若い男5人が妻達に近付いていました。

初めは近くにいて2人を見ているだけでしたが、やがて、1人の男が話しかけていました。

話しも終わったのか、その後、嫁と義母は男達と岸に上がると、1人の男が小走りに子供がいる所に向かい、2人の子供を連れて戻って行きました。

子供が合流するなり、妻と義母は子供に話しかけていて、やがて砂遊びを始めたのです。

そんな光景を見ていると、男達の怪しい行動に気付きました。

男達は、何故か四つん這いになって遊ぶ義母の後ろ側に集まって見ているのです。

妻の近くには誰も居ません。

私は、ピンときました。

多分、義母の水着は海に入った為、スケスケ状態なんでしょう!それを男達は見ているんだと思いました。

その時、妻が戻って来て"ちょっと疲れたから休憩!"ってシートに寝転がりジュースを飲んでいます。

私は

"お母さん1人大丈夫なの?"

すると妻は"お母さん一番楽しんでいるんだから・・大丈夫!"

私は

"俺が見て来る"

と言うと、妻は

"お願い〜"

って寝ていました。

私は、こっそり近付き様子を見ていました。

義母は子供と砂山を作り、四つん這いになってトンネルを掘っています。

義母の後側に向かい、男達と同じ目線にしてビックリです。

義母のビキニは完全に透けてマンコの形が分かる状況でした。

男達はニヤニヤして

"凄ぇ〜な、マジ遣りて〜よ、触っても大丈夫じゃね?"

と話しています。

すると、男の1人が、お姉さん大丈夫と体を近づけて、手でお尻に触れていました。

義母「大丈夫よ。応援?ありがとう」

男「お姉さん、トンネル掘るの上手いんだね!」

義母「そう。もっと掘るからね」

男「押さえてあげるね。頑張って」

そう言うと、尻を両手でわし掴みし始め、仲間達も手を差し出していました。

そのうち、ビキニの中に指を入れビキニをズラし始めました。

義母は全く気にしていない様です。

(夢中なのか?)

義母のビキニはTバック状態で、毛がはみ出していました。

男の1人が

"もう少し"

と言うと、もう1人の男が

"見ようぜ"

そう言って、ついにマンコがお披露目です。

義母のマンコはとても40歳には見えない位綺麗なピンク色でした。

さすがに男達は

"すっごぉい〜"

義母は、

"ちょっと何してるの?戻して!"

と手でビキニを元に戻しています。

男達は

"あっごめんなさい!手が滑って"

何とも嘘くさい、いい訳をしていた。

しかも

"お姉さんに頑張って貰おうと一生懸命だったから・・・"

すると義母は

"そ・そ〜なの、ありがとうね!また、お願いするわ!"

って完全に信用している。

男達にスイッチが入った。

また、尻に手を置くなり直ぐにビキニをズラし、またマンコは丸見え状態。

しかも今度は、マンコに指をいれ始めた。

そして

"この方が、手に力入るからお姉さんいい?"

って聞いている。

義母は

"え〜、何か気になる〜、でも一生懸命押さえてくれてるんだよね"

直ぐに男は

"そうだよ"

義母は

"じゃ、我慢するね"

って・・・ヤバいでしょ!

流石に見ていられなくなったので、ちょっと離れた所から、

"メグちゃん!アイスでも食べようか!"

って呼んでみた。

メグちゃん(義母の名前:恵)に聞こえたみたいで、

"連れが呼んでるから"

って砂遊びを止め、戻って来ました。

義母「あ〜楽しかった!子供になった気分」

嫁「お母さん、夢中になり過ぎ!」

俺「かき氷食べよう!何がいい」

義理母「私、イチゴの練乳がいいな」

嫁「私、じゃーブルーハワイ」

3人でかき氷を食べながら歩いてシートの場所に戻って行きました。

私は、ふと男達の方を見ると、ずっと義母を眺めていました。

シートで話しをしながら、昼食を食べ横になっていたら眠くなり、ちょっと寝てしまいました。

気がつくと(30分位だったと思う)隣に嫁の寝ていて、義母の姿は見当たりませんでした。

気になって、探してみると砂浜の端の方に男達に交じって義母の姿がありました。

泥酔のタグを含む体験談

体験談月間ランキング

こちらの体験談の評価をお願いいたします


上へ