Home
メニュー

高◯生の妹の方と付き合い始めたのに姉の結菜と援交を続けることになった

名無しさんからの投稿
----

前回の話:援交を辞めたいと言ってきたJ◯との最後のセックスで中出しした

俺は今まで援交をしてきたJ◯1年生の綾菜と付き合うことになった。

歳も離れているし、身体と金の関係でしかないと思っていたのにまさか綾菜から告白されるとは夢にも思わなかった。

可愛い綾菜が彼女になってくれたのは正直嬉しいが、どうやって付き合えばいいのか戸惑いもあった。

だが、これで綾菜とは金を払わなくても思う存分セックスができるようになるのは嬉しかったし、金銭的にも助かる。

週末になると綾菜と映画を観に行ったりしてごく普通のカップルがするようなデートをした。

街を一緒に歩いていても可愛い彼女を連れているのは嬉しくて自慢したくなるが、いかんせん歳が離れているせいで周りから変に見られないか気にしてしまう。

俺はもう30歳を超えているが、幸い見た目は若いのでさすがに親子に見られることはないだろう。

だがもし知り合いにでも一緒にいるところを見られたら、あまりにも若い女の子を連れているので絶対に変な目で見られることは間違いなかった。

デートをした後はだいたい俺の家に来てセックスをするのだが、綾菜がこんなことを言い出したのである。

綾菜「ねえ、お願いだからこれからエッチする時は必ずゴムつけてね?」

俺「えっ!?今までつけてなかったのに何で?俺たち今は付き合ってるんだしいいでしょ?」

綾菜「私まだ高◯生だよ?やっぱ今妊娠とかしたら大変なことになっちゃうし・・・この前中に出されてちょっと怖くなっちゃった・・・」

俺「そ、そうなんだ・・・じゃ中に出さないって約束するから生でやらせてよ」

綾菜「ダメ!だって気持ちよくなってきたら中で出したくなっちゃうでしょ?私もそうなると正常な判断できなくなって中に出して!とか言っちゃいそうだし・・・」

俺「確かに勢いでそうなりそうかも・・・」

綾菜「私が高校卒業するまでは我慢してね?卒業したら思う存分中出ししていいよw」

俺「それって高校卒業したら子供作ろうってこと?」

綾菜「うん、子供できたら結婚しようねw」

綾菜は本気なのか冗談なのかわからないことを言っていたが、綾菜は高校を卒業するのにあと2年はある。

2年もゴムセックスをするのは正直嫌だったが仕方ないとも思っていた。

そんなある日、東京にいる姉の結菜から電話がかかってきた。

結菜「こんにちは、久しぶりです」

俺「やあ、久しぶりだね、どうしたの?」

結菜「綾菜とは上手くいってるんですか?」

俺「あ、ああ、おかげさまで順調だよ」

結菜「よかったですね。綾菜、運命の人と出会えたって喜んでましたよ」

俺「そんな大袈裟なw」

結菜「ねえ・・・その・・・綾菜とはもうしたの?」

俺「えっ!?あ、ああ、したよ?」

結菜「付き合ってるんだから普通にしますよね・・・どうでした?」

実際は付き合う前から援交をしていたからもう既にセックスは何回もしていたのだが結菜は知らないのだろう。

俺「どうでしたって・・・普通だよ」

結菜「気持ちよかったですか?」

俺「そんなこと聞くんだ?wもしかして気になるの?w」

結菜「綾菜は私より胸も大きいし、絶対よかったんじゃないかと思って・・・」

俺「そ、そうだね・・・でも綾菜ちゃんとする時はゴムつけてるからその辺はあまり気持ちよくないかな?」

結菜「普通高◯生くらいの子とする時はゴムつけるのが当たり前ですよ。ちゃんとつけないとダメですよ?」

俺「あ、ああ、わかってるよ・・・」

結菜「・・・私とのエッチならつけなくてもオッケーですよ?」

俺「はっ!?それってどういう意味?」

結菜「私は付き合ってる訳じゃないから、するんならお金が必要ですけどね?w」

俺「まさか結菜、まだ援交続ける気なの?」

結菜「もう可愛い彼女がいるから私の需要はないですか?」

俺「需要って・・・結菜さえよければ俺は構わないけど・・・」

結菜「あー、綾菜が可哀想だよ?」

俺「何言ってるんだよ、結菜から言い出したくせにw」

結菜「綾菜には悪いけど、私東京で暮らすにはあなたの支援が必要なんですよ。だからこれからも綾菜には内緒にしてるからお願いします!」

俺「わかった、絶対内緒だからね!」

結菜「今週末、東京に来てくれないですか?」

綾菜には悪いとは思っていたが、結菜とはこれまで通り援交ができることは凄く嬉しかった。

何よりゴムセックスが嫌いな俺にとって、結菜との生セックスは楽しみでしょうがない。

週末になり、俺は結菜のアパートへと向かった。

アパートに着くと、玄関先にお出迎えしてくれた結菜は、あのかつてのトレードマークだったハーフツインの髪型にしていた。

ミニスカートに細い脚にはニーハイソックスを履いていた。

俺「あれっ?結菜もうハーフツインにはしないんじゃなかったの?」

結菜「・・・たまにしてみたくなっただけです!」

そして俺は結菜の部屋へと入った。

結菜「てか本当に来たんですね」

俺「またそういうこと言うしw」

結菜「綾菜に悪いと思ってないんですか?」

俺「罪悪感はあるよ、でも結菜とは今までずっとしてきたことだしね。結菜だって妹に悪いとは思わないの?」

結菜「うーん、そうだね・・・」

そんな会話をしている結菜がなんだか凄く幼く見えた。

俺「結菜、なんかすごく幼く見えるんだけど?」

結菜「スッピンだとよく◯学生に見られるから」

スッピンでもくりっとした大きな目で凄く可愛い。

俺「なんか初めて結菜に一目惚れした時を思い出すよ」

結菜「彼女がいるのによくそんなこと平気で言えますね?w」

俺「正直言うと、綾菜ちゃんと付き合うようになったら結菜とはもう会えなくなると思ってたから、ほんと嬉しかったよ」

結菜「だからそういうこと言わないでください、私だって罪悪感はあるんだから」

俺はたまらず結菜を抱きしめてキスをした。

綾菜も細いが結菜はさらに華奢で細い身体をしているが、思い切り抱きしめて舌を入れる。

しばらく濃厚なキスをしたところで結菜は俺の服を脱がし始めた。

俺はされるがままに全裸にされると結菜のベッドに仰向けになった。

結菜は俺の横に座るとチンポを握り上下に摩りだした。

半勃ちだったチンポがみるみる大きくなってくる。

すると結菜は何も言わずにチンポを咥えフェラを始めた。

俺「結菜、今日は積極的だね」

結菜は一生懸命俺のチンポをしゃぶり続けた。

俺はフェラをされながら正座をしている結菜のミニスカとニーハイソックスの間に見える太ももを触る。

少し脚を開かせるとピンクの水玉パンツが見えた。

俺はパンツの上から割れ目を摩った。

フェラをしながら結菜は時折ビクンっと身体を震わせていた。

フェラを一旦やめさせ、俺はベッドから降りて立ち、結菜を立ち膝にさせて再びフェラをさせる。

結菜の小さな口に俺の太くなった黒い肉棒を腰を自ら振って出し入れする。

俺「ああ、結菜、いきそうだよ、どこに出して欲しい?」

結菜「んん・・・んぐっ・・・」

チンポを咥えたままなので何か言いたそうだが言葉にならない。

俺「俺の精子飲みたいか?」

結菜「んんんっ」

結菜は軽く顔を横に振ろうとしていた。

俺「ダメなのか?綾菜ちゃんは喜んで飲んでくれたのになぁ」

結菜「んんんっ!」

俺は結菜のハーフツインの髪を根元から握り腰を思い切り振ってフィニッシュを迎えた。

腰の動きを止めた俺は結菜の口の中に大量の精子を放出した。

口からチンポを抜くと結菜は顔を歪めていたが、一呼吸置いたところで精子を飲み込んだようだった。

俺「飲んだの?口の中見せて」

結菜は口を開けるとその口の中には俺が放出した精子はなく、間違いなく飲んだようだった。

結菜「うう、やっぱ飲むのはキツいですよ・・・てか綾菜のことは言わないでください」

男性(30代)のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング