Home
メニュー

【援交】美人すぎる姉妹2人と同じ日にセックスをすることになった

名無しさんからの投稿
----

前回の話:【援交】天使のように可愛いJ◯にテニスウェアを着せてエッチなことをした

結菜の妹である天使すぎるJ◯1年の綾菜と2度目の援交をしてから数日後、東京にいる結菜から電話がかかってきた。

俺「やあ、どうしたの?」

結菜「あれからまた綾菜と会ったんですか?」

俺「えっ!?あ、あぁ会ったよ」

結菜「そうなんだ、仲いいんですね?まあ2人が何しても私には関係ないけど?」

俺「色々相談に乗ってるだけだよ?」

結菜「ふーん・・・そんなことよりお願いがあるんですけど・・・」

俺「なに?」

結菜「私東京でお金ないから何にもできないんですよ・・・だからお金欲しいんです・・・」

俺「バイトとかしないの?」

結菜「だからでバイトしようと思って電話したんじゃないですか」

俺「なるほどねwでもどうするの?まさか俺が東京まで行かないとダメなのかな?」

結菜「私今度そっちに帰るから交通費プラスしてくれればいいですよ」

俺「ちゃっかりしてるなぁ・・・で、まさかまた10必要とか言わないよね?」

結菜「さすがにそんなにお願いしませんよ・・・交通費込みで5じゃダメですか?」

俺「うーん、わかったよ・・・」

結菜「ありがとうございます!」

俺「まさかお金は口実でほんとはエッチがしたくてたまらないんでしょ?w」

結菜「ち、違いますっ!じゃまた行ける日決まったら連絡します!」

そう言って結菜は電話を切った。

正直なところ、妹の綾菜と会う為のお金も必要なので5はちょっとキツいが、たまには姉の結菜とやるのもいいだろうと思ったので了承したのである。

ある日、俺は家のパソコンでネットをしていた。

綾菜が前に言っていたテニスをしているところを撮られてネットに出ているというのが気になり、見つからないか検索をしてみた。

すると昨年の、「○○県中学女子テニス大会」を検索するとベスト8の綾菜の名前が載っていた。

さらにある個人のサイトに

「美人すぎるテニス界のJ◯を発見!」

なる見出しとともに、綾菜がテニスをしている姿の画像が載せられていたのである。

何枚か画像があり、テニスをプレイしている時の綾菜は可愛いには違いないが、凛々しい顔つきをしていた。

背の低い綾菜はそれをカバーするためにあの「エアK」のようにジャンプをして空中で打ち返している画像もあり、その辺の選手とは違うという風格が感じられた。

こんな女の子が影では援交をしているとは誰が思うだろうか・・・それから数日後、綾菜から電話がかかってきた。

綾菜「今週の日曜日は部活がないので会えませんか?」

俺「ああ、大丈夫だよ。そうだ、今度は俺ん家に来てみない?」

綾菜「えっ?大丈夫なんですか?」

俺「俺ん家一軒家で独り暮らしだし、変なことしないから大丈夫だよwこれから毎回会ってホテルでしてたらホテル代もバカにならないからね」

綾菜「そうですよね、わかりました!」

俺は家の最寄り駅で綾菜と待ち合わせることにした。

するとその直後、今度は姉の結菜から電話がかかってきたのである。

結菜「この前の話ですけど、今度の日曜にそっちに帰るんで会えませんか?」

俺「えっ!?日曜!?」

結菜「ダメですか?」

俺「い、いや、時間によっては大丈夫だけど・・・」

結局俺は日曜に妹の綾菜と姉の結菜と援交をすることになってしまった。

時間さえずらせば問題ないし、なによりこんな美少女姉妹と同じ日にセックスができるなんて滅多にできることではない。

ただの援交なのに、俺は30歳を過ぎて最高のモテ期が来ていると勘違いしてしまいそうだった。

そして日曜日、まずは昼過ぎに駅で待ち合わせをしたのは妹の綾菜である。

俺は駅で待っていると後ろから声がした。

「こんにちは!」

俺は振り向くとそこには初夏を思わせる可愛い水玉のシャツにピンクのフワフワしたフレアのミニスカートを履いた女の子が立っていた。

髪型はハーフツインにしていた。

俺「ゆ、結菜!?」

綾菜「違いますっ!綾菜ですよ!」

俺「あ、あれ?綾菜ちゃん?」

俺はハーフツインにした妹の綾菜を初めて見たのだが、一瞬見ただけでは姉の結菜と区別ができなかったのである。

俺は内心約束の時間より早くに結菜が来てしまったのかと思い、ちょっとドキッとしてしまった。

「こんなところで姉妹が鉢合わせたら大変なことになってしまう」

そう思った。

俺「じゃ俺ん家に行こうか」

2人で歩いていると。

綾菜「やっぱりハーフツインにするとお姉ちゃんに似てるかな?」

俺「凄い似ててビックリしたよwやっぱり姉妹だよね」

綾菜「てかお姉ちゃんのこと結菜って呼んでるんだ?なんか彼女みたいな呼び方だね?」

俺「あ、ああ、いつの間にかそう呼んでたね・・・」

綾菜「ねえ、お姉ちゃんとは本当に相談とかするだけの仲なの?」

俺「そ、そうだよ・・・」

綾菜「お姉ちゃん、前の彼氏と別れたってもしかしてあなたのこと好きになったからなのかな?」

俺「な、何バカなこと言ってるんだよ、そんなことありえないよ・・・」

実際そんなことはないとは思っていたが、結菜も綾菜も俺とセックスで気持ちよくなりたいと思っているのは間違いないと思っていた。

そして俺は綾菜を家に招き入れた。

綾菜「綺麗な家なんだねー」

結菜と同じような事を言ってきた。

ベッドがある部屋に入った途端、俺はもう一緒に歩きながら我慢していた欲求を爆発させた。

俺「綾菜ちゃん・・・」

俺は後ろから綾菜に抱きつき髪に鼻をつけるとシャンプーのいい匂いがした。

その瞬間、俺のチンポはズボンの中で一気にフル勃起状態になった。

服の上から膨らんだ俺の股間を綾菜の尻に擦り付ける。

俺「もう我慢できないんだ、とりあえずフェラしてくれる?」

俺はいきなり綾菜にお願いした。

結菜「いいけど、服汚したくないから脱いでいい?この服貰ったお金で買った高い服だから・・・」

そう言うと綾菜は服を脱ぎ、ブラジャーとパンツだけになったが今まで白い下着しか身につけていなかった綾菜は、今日はピンクに白いフリルがついた可愛い物をしていた。

俺「可愛い下着だね」

綾菜「これも貰ったお金で買ったんだよ、週末限定の下着かな?w」

俺「そっか、似合ってるよ」

すると、綾菜はお得意の高速手コキを始めた。

綾菜「フェラしなくてもこれでいっちゃうでしょ?」

俺「ああ、気持ちいいよ・・・でもまだまだ・・・」

俺は痩せ我慢をしていた。

いつもテニスラケットのグリップを握っている綾菜の手は今は俺のチンポを握っている。

別に握力があるからという訳ではないが、綾菜の手コキは最高に気持ちいい。

俺はみるみる射精感が込み上げてしまい、落ち着きがなくなってきていた。

俺「ああ、ああっ」

綾菜「あれ?なんかいきそうじゃない?w」

俺「そ、そんなことないよ、まだま・・・うっ!」

俺のチンポから勢いよく精子が飛び散った。

そろそろいきそうだと予感していた綾菜だったが、不意打ちを食らって綾菜の身体中に精子が飛び散った。

綾菜「やっぱりいっちゃったじゃん!w」

俺「ご、ごめん、もう限界だったw」

相変わらずJ◯1年生にまんまと手コキでいかされてしまった自分がちょっと情けなく感じた。

俺も綾菜も全裸になると俺は濃厚なディープキスをした後、大きな胸を舐め回し、アソコをクンニしてやった。

綾菜「あんっ!気持ちいいっ!」

アナルのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング