Home
メニュー

援交で付き合っていたJ◯が、最後だからと自宅を訪ねてきた

名無しさんからの投稿
----

前回の話:いつも援交していたJ◯が卒業するので最後に思う存分ヤッてやろうと思った

天使すぎるJ◯と最後になるであろうセックスをしてからもう1ヶ月が経とうとしていた。

もう3月の下旬になり、結菜は高校を卒業してしまったと思われる。

無職だった俺はそろそろ仕事を探さないといけないと思っていた矢先に前の職場から連絡があった。

もう一度会社に戻って来る気はないか?と社長から直々に言われ、俺は復職願いを出して4月から再び働き出すことになったのである。

仕事も決まった俺が日々考えることといえば結菜のことばかりだった。

「結菜・・・会いたいよ・・・」

そんなある日、俺の携帯の着信音が鳴った。

画面を見るとアドレスに登録されていない番号からの電話である。

たまに運送屋が荷物の配達前に連絡してくることもあるが、何か届くような物があったかな?と思いながら電話に出てみた。

俺「もしもし・・・」

??「・・・」

俺「・・・もしもし?」

??「・・・あ・・・私です・・・結菜です・・・」

!!

俺「え!?結菜?なんで?えっ!?」

俺はなんで結菜から電話がかかってきているのかしばらく理解できないでいた。

俺「ほ、ほんとに結菜?てかなんで俺の携帯・・・あっ!?」

結菜「前に勝手に私の携帯に番号登録したの誰ですか?w」

そっか、俺わざと結菜の携帯に自分の番号登録してたわ!

でもあれは結菜の彼氏へのあてつけみたいなもんだったから、まさかこんな形で結菜から電話が来るとは夢にも思っていなかったのである。

俺「久しぶりだね、なんで電話くれたのかな?何か用事?」

結菜「あ・・・私ね・・・彼氏ともう別れたよ・・・」

俺「そうなんだ・・・まああんなやつとは別れて正解だと思うよ?てかそれをわざわざ報告するために電話くれたの?」

結菜「それもあるけど・・・私もうすぐ東京に行っちゃうから・・・」

俺「別に電話なら東京行ってからでもできると思うけど?」

結菜「・・・あの・・・東京行く前にもう一回家に遊びに行ってもいいですか?」

!!

俺「えっ!?ほんとに?いいに決まってるじゃん!いつでも来ていいよ!」

結菜「明日とかでも大丈夫ですか?」

俺「ああ、大丈夫だよ、でもお金ないよ?」

結菜「もうお金はいりません!てか誰も明日エッチしに行くなんて言ってないですよ?」

俺「あ、そうかー、わかったよ、じゃ待ってるから!」

まさに夢のようだった。

あの天使がまた俺の家に来てくれるなんて・・・結菜はエッチが目的ではないように言っていたが、俺は絶対にまたやってやろうと思っていた。

そして翌日、俺の家のチャイムが鳴ったので玄関のドアを開けた。

そこにはもう春らしい薄手のハーフコートに赤いチェックのミニスカートにニーハイソックスを履いた、天使のような結菜が立っていた。

髪型もあのトレードマークともいえるハーフツインにしていた。

ちょっと化粧が濃くも感じた。

俺「やあ、よく来てくれたね、上がってよ」

結菜「お邪魔します」

俺はとりあえずソファーのある部屋に結菜を招き、隣に座った。

俺「結菜、今日は何しに来たんだい?」

結菜「もう来週東京行っちゃうから最後に会っておこうと思って・・・」

俺「別れた彼氏も一緒に東京行くんじゃなかったの?」

結菜「ほんとは同じアパート借りて一緒に住もうかと思ってたけど辞めたよ」

俺「よかった、あんなやつと一緒に暮らしてたら結菜がどうなっていたか心配だったよ」

結菜「あなたのおかげで別れることができてよかったと思う・・・ありがとう」

俺は会話をしながらミニスカートとニーハイソックスの絶対領域に見える白い太ももを凝視していた。

たまらず俺は太ももを触り始めた。

結菜「ちょっと!今日はそういうことしに来たんじゃないですよ?」

俺「ふっ、そう言いながら全然嫌がってないじゃないか?ほんとはしたくて来たんでしょ?」

結菜「そ、そんなことないし!」

俺「結菜はわかりやすいなあ・・・そんなんじゃ東京行ってからも俺は心配だよ」

結菜「私そんな尻軽女じゃありませんよー!」

俺「じゃ、俺ならいいってことかな?w」

結菜「・・・」

俺「結菜、ほんとは俺にして欲しいんだろ?いっぱい気持ちよくなりたいんだろ?」

結菜「ば、ばかっ!」

俺は結菜に思い切りキスをした。

舌を入れてかなり濃厚なキスをしばらく続けながら太ももを触った。

そして太ももを触っていた手をミニスカートの中に入れ、パンツの上から割れ目を触るとやはりもう湿ってきていた。

俺「やっぱり結菜はいやらしい子だ。今日はまたここを洪水にさせてやるからね」

結菜「・・・いっぱい気持ちよくしてくれる?」

俺「結菜も俺のこと気持ちよくしてくれなきゃダメだぞ?」

結菜「う、うん・・・」

俺「今日はどんなプレイがいい?」

結菜「えっ・・・なんでもいいよ・・・」

俺「そっか、じゃちょっと待ってて」

俺は別室から色々な道具を持ってくるとまずは結菜の両腕を背中にまわし、手錠をかけた。

結菜「またこういうのですか?」

俺「俺は知ってるんだよ、結菜はどMだろ?こういうの絶対好きなはずだよ」

結菜「ち、違うもん!?」

俺はズボンとパンツを脱ぎ、勃起したチンポを結菜の顔に近づけた。

俺「じゃ、口だけでいかせてもらおうかな?今日は手を使えないよ?」

結菜は最初舌を使って亀頭から棒の部分を舐め回すとパクッと咥え、前後にグラインドを始めた。

俺「ああ、いいよ、結菜、上手だよ」

時折よだれを垂らしながら結菜は一生懸命咥えていた。

結菜は10分くらいフェラをしていたが、それでも俺がイクには至らなかった。

俺「結菜、もういいよ、ありがとう。でもまだいかせることができないんじゃダメだな。これからお仕置きだw」

結菜「ごめんなさい・・・お仕置きって?」

俺は結菜のスカートを捲るとピンクの水玉模様のパンツをずり下ろした。

あそこの毛はだいぶ伸びてきていた。

俺「なんだ結菜、もうここの毛は剃らないのか?俺はパイパン大好きなんだけどなあ?」

結菜「剃ってくればよかった?」

俺「じゃ、俺がこれから剃ってあげるよ」

俺は髭剃り用のジェルと剃刀を持ってきて結菜のあそこの毛を剃ってやった。

俺「結菜こんなにツルツルになって恥ずかしくないのか?」

結菜「恥ずかしいけど人に見せるとこじゃないし・・・」

俺「俺には見られても平気なんだな?」

結菜「べ、別にそういうわけじゃないけど・・・」

俺「よし、じゃ尻をこっちに突き出して!」

結菜は手錠をかけられた状態でソファーにうつ伏せになると、そこから膝を立てて尻を突き出す体勢になった。

結菜の可愛い肛門と割れ目が丸出しになっている。

俺「結菜、いやらしいな」

俺は割れ目を軽く開いたり指を入れてから電マを割れ目に押し付けてスイッチを入れた。

結菜「あああっ!ああんっ!はああああっ!」

クリトリスに電マを押し付けると声はさらに大きくなっていく。

俺「結菜気持ちいいか?また潮噴いちゃうのか?ソファーを汚しちゃダメだよ?」

結菜「はああっ!あああっ!だ、だめぇっ!いっ、いくっ!!」

生挿入のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング