Home
メニュー

憧れのアキさんと初体験

名無しさんからの投稿
----

中一の夏休みに、俺は初めてセックスをした。

場所は地元のスナック2階。

相手は確か26歳で、昔から知ってる女の人。

アキさんと初めて会ったのは小◯生の頃。

覚えてないけど多分1年とか2年の時。

うちの地元は田舎町だから、近所の人は全員知り合いみたいなもん。

アキさんはそこに家族で引っ越してきた。

確か両親と弟が1人いたかな。

年齢が違うから遊んだことは無かったけど。

小◯校の高学年になると、アキさんは美人姉さんとして有名だった。

高◯生だった頃、何度か農道で彼氏らしき男とチャリで2ケツしてるのをよく見た。

「昨日また違う男といたぜ!」

なんて、学校でよく喋ってたもんだ。

会えばペコリと会釈するぐらいの知り合いだったから、もちろん会話した事すら無い。

アキという名前も、友達が言ってたから知ってただけ。

俺が小6の頃、アキさん家族は引っ越して行った。

うちの地元は、◯学生になると夏祭りに強制参加させられる。

神輿を担がされたり、大人たちのパシリが仕事内容。

要するに、祭りを楽しむ大人たちのパシリだね。

集まるのは◯学生と高◯生で、やっぱり一番下の中一は1番キツいわけで。

神社横でビールとか日本酒とかをケースで運んでた時、突然後ろから声を掛けられた。

振り返ってみるとそこにはアキさんがいた。

「ねぇ〜マサ君だっけ?伊藤さんとこの」

「あ・・・はい」

「里見さんてどこにいるか知ってる?」

「里見さんなら多分集合場所にいると思うけど」

「それがいないのよ。どこ行ったんだろ」

「じゃ〜消防団の方かも。池の近くの米屋にいるかもよ」

「そうなんだ、ありがとね」

久し振りに会ったアキさんは、かなり垢抜けて見えた。

噂だと都内に引っ越したって聞いてたから、田舎もんとは違うって感じ。

一緒に作業してた友達はアキさんを見て、テンション上がりまくりで喋ってた。

なんで俺には話し掛けてこないんだとか、こっちに引っ越して来たのかなとか。

夏祭りだから遊びにでも来たんじゃね〜かって俺は言ったけど。

夕方になって大人たちが集まり、夏祭りの前夜祭が始まった。

そこには同級生に混じったアキさんも参加してた。

やっぱり1人だけ目立ってた。

俺達は一応子供だから、20時には作業が終了する。

その頃になると大人たちはみんな酔っ払ってて、境内は凄い騒ぎになる。

俺の家は神社の裏を抜けると近道だから、1人で裏へ周った。

細くて真っ暗な道に、木でできた階段がある。

そこを100mぐらい降りて行くと、裏門があって路地に抜けるってわけ。

いつも昔から歩いてた道だから、怖いとかそんな感情も無く俺は1人で階段を降り始めた。

「ちょっと!マサ君待ってよ〜!」

ん?と思って振り返ると、アキさんが小走りで近付いてきた。

「どうしたの?」

「ちょっと家に戻りたいからさ。こっちの方が早いじゃん」

「昔の家に引っ越してきたの?」

「そうだよ。昨日掃除してたの知らない?」

知るわけもない。

だって祭りの準備に朝から夜まで駆り出されてるんだから。

「みんなも一緒?」

「アタシだけ。ちょっと怖いから先行かないでよ」

息を弾ませながら、俺の背中を手で触れながら、アキさんは階段を降りてきた。

何を喋ったら良いのか分からず、俺はただゆっくり無言で歩いてた。

「ちょっと〜怖いから何か喋ってよ〜」

「えぇ〜・・・う〜ん・・・」

「何困ってんのよ!もしかしてマサ君て女と喋るの苦手?」

「苦手っていうか・・・」

「あはは、可愛いね〜マサ君。それにしても大きくなったよね?」

「そうかな?」

「だってアタシが知るマサ君て、こんな感じだったじゃん」

小◯生の時は確かにちっちゃくて155cmしかなかったが、今じゃ170cm近くある。

アキさんは背が高い方だったけど、さすがに今は俺の方が大きかった。

身長の話や中学校の先生の話をして階段を下りた。

「ねぇ〜ちょっとお願いがあるんだけど・・・」

アキさんはいったん家に戻るが、すぐにまた境内に戻るという。

だからまたその階段を付き合ってくれという。

どうせ暇だし「イイよ」と言った。

「ちょっとそこに座ってて」

初めて入るアキさんの家の玄関で俺は腰掛けて待っていた。

奥から戻ってきたアキさんは、両手にたくさんの紙袋をさげていた。

「これ全部お土産。えっと〜13人分あるかな・・・」

一応男の俺が10個持って、また裏階段へ向かった。

話によると、アキさんは地元でスナックをやるらしい。

確かスナックをやってたおばさんが倒れて、2年ぐらい空き家だった店で。

同級生の女の子3人でやるんだって。

荷物を運んでお礼を言われ、今度は1人で階段を降りて家路に着いた。

夏祭りが終わって数日後、友達と海で遊んでる時にまたアキさんと出会った。

堤防で横になっているウトウトしてると、いきなりアキさんの顔が目の前に現れた。

「寝てんの?」

ウトウトしてたがビックリして跳ね起きた。

「寝てないよ。どうしたの?」

「そこをちょうど通りかかったら見えたから。はい、ジュース」

「ありがとう・・・」

「相変わらず喋らないのねぇ。そうそう、この前のお礼するから店に来てよ」

「俺酒飲めないよ?」

「飲ませませんよ!そうじゃなくてご飯作ってあげるから」

その晩、と言っても夕方、アキさんの店にチャリで行った。

店の前には小さな花輪があって、オープンは3日後と書いてあった。

中に入るともう準備は整っていて、カウンターの中にアキさんがいた。

俺はカウンターに座らされて、出された料理を食べた。

喋る内容は当たり障りのない地元の話。

ここ数年間の人の出入りとかそんなもん。

アキさんは店で出すオツマミみたいな料理をドンドン出してきた。

それを食べた感想を聞かせてくれと言われ、正直に

「甘いかも」

とか言ってあげた。

そんな事をしているといきなり女の人2人が入ってきた。

「あれぇ〜?もしかしてアキの新しい彼氏ぃ〜〜?」

お勧め/抜けるのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング