Home
メニュー

ヤンキーのせいでヤリマンになった幼馴染み

C:「口は俺がたっぷり仕込んでやったし」

などと彼女の調教を自慢しています。

Aは相変わらずバックから責めていますが、彼女の喘ぎ声が少し変化しました。

A:「ケツは俺が開発してやってんぞ。お前らハメてみっか?」

どうやらアナルも既に開発済みのようで…。

彼女の喘ぎ声が変わったのは、お尻にAの指を入れられていたからだったんです。

B:「マジで!?やるやる!」

C:「いつの間にケツでハメてたんだよー」

Bがオイル?みたいな物を持ってくると、Aが彼女から離れBから渡されたオイルをお尻の穴にたっぷりと垂らし始めました。

オイルが冷たかったのか、彼女のお尻がビクンと跳ねました。

A:「まずは手本見せてやっから」

と言い指を二本挿入して前後に動かし、じっくりと慣らしています。

「ぁっぁっあっあぁっ!」

彼女の嬉しい悲鳴が響きました。

僕にとってはただただ辛いだけでしたが。

そのままAは彼女に覆いかぶさり腰を振り始めました。

直美もAに合わせて自ら腰を振り出します。

A:「おら、ケツいいか直美!」

直美:「はあぁぁいいですっ、きもちいいぃ〜」

Aと自分が繋がっている部分を見ようと振り向いた彼女は満面の笑みを浮かべ、とても幸せそうでした…。

B:「ギャハハ!こいつマジでケツでヨガってる!」

C:「スゲェな直美」

体位を変え、正常位でアナルセックスを再開すると、彼女の太ももがAの腰に絡みつき、さらに腕をAの首に巻きつけ激しくキスを求め、Aもそれに応えます。

まるでAと直美が本当の恋人同士の様に…。

次に後背位になるとピアスで彩られた局部が露わになり、そこにCが挿入してきました。

C:「ピアスが擦れて超気持ちいいわぁ〜」

上から下から突き上げられ、彼女は今までで一番大きな声で喘いでいます。

Bは撮影に専念しています。

たまに自分で手コキをしたり。

グッチャグッチャと、もう彼女のどこの穴から音が出ているのか分らないくらいに…。

「うぅっ」

Cが先に果てた様で、何度も彼女に腰を打ちつけては痙攣を繰り返しています。

カメラマンのBが接合部に廻り込みOKサインを出すとCが彼女から離れ、局部から大量の精液がドロッと溢れてきました。

C:「あ〜出た出た、搾り取られたし」

B:「次俺ね〜」

避妊はしているのだろうか?と思いました。

その後も直美はA達に穴という穴を使われ続けました。

彼女はもう僕の知っている彼女ではなくA達の女にされてしまったんだ…。

「ガコンッ」

とエアコンの室外機から嫌な音がし、心臓が止まるかと思いました。

Cがクルリとこちらに振り向いたので、急いで顔を引っ込めました。

重みで室外機のどこかを壊してしまったらしく、もう僕はその場にはいられなくなりました。

気付かれたのもあるけど、これ以上彼女を見ていたくなかったので…。

その晩、直美とA達のセックスを思い出して何度もオナニーしました。

次の日、夏期講習にも行かず家でゴロゴロしているとAから携帯に連絡が入り(番号は彼女が教えたらしい)

「お前、見たろ」

と笑いながら言われました。

思わず

「えっ、なんでそれを・・・」

と呟くと

「あ、本当にお前だったんだ。ハハハ」

Aにカマをかけられた事に気付きました…。

そしてAからこの夏、彼女に何があったのか全て聞かされました。

・誘いのメールを送り続けていたら、彼女が仕方なく「一度だけなら」と誘い乗った。

・その日の内に酒とドラッグで酔わせて彼女を喰った。(処女はAが貰った)

・彼女の変化(コンタクト・パイパン・ピアス・タトゥー云々)は全てA達の趣味によるもの。

直美自身もA達好みの女になれて喜んでいる

・ヤリマングループとA達は元々セフレ仲間で、彼女もその輪に加える事に

・お前(僕)とのデートはA達と乱交するからキャンセルしていた

・夏休み中もずっと乱交していた。

A達以外の男とも何度もセックスさせていた。

命令すれば売春もやる。

頭の中が真っ白になっていました…。

携帯を持つ手も震えていたと思います。

A:「始めてヤった時、アイツ自分から腰振ってきたんだぜ。」

Aが説明している最中、携帯からAの他に女性の喘ぎ声が聞こえていました。

まさか…。

A:「おい、お前んトコから直美の部屋見えっか?」

言われるがまま彼女の部屋を双眼鏡で覗いてみると、そこには窓に胸を押しつけバックからAにハメられている彼女の姿が。

A:「こいつはお前にゃもったいねー女だよ。これからは俺達がちゃ〜んと面倒見てやっから。なぁ直美」

返事の代わりに

「あぁん、あぁぁん!」

という喘ぎ声だけ響きました。

部屋の中には他にもBとCがいました…。

その後、彼女とほとんど会話をする事もなく関係は自然消滅しました。

学校でもお互いを意識していない感じで…。

僕の方は平静を装っているだけでしたが。

しかし携帯で撮られたと思われる彼女の乱れた姿が、その後何度もA達から送りつけられてきました。

深夜のファミレスでセックスする彼女、マイクロビキニを着て海で遊ぶ彼女、カーセックスをする彼女、A達の小便を笑顔で飲む彼女、スタジオでクリトリスにピアッシング施術&胸にタトゥーを入れている彼女、大型犬と交わる彼女、黒人達と乱交している彼女。

そして、自分の部屋でA達とセックスする彼女…。

聞いた話では、彼女は外国人とのセックスにハマってA達とは疎遠になったと聞いています。

夜な夜な外国人が集まるクラブに入り浸っていたとか。

実際、彼女の部屋で何人もの黒人を見かけていたので、おそらく本当だと思います。

高校卒業後はアメリカに留学したらしく、今現在彼女がどうしているのかは分かりません。

A達から送られてきた写真&動画の数々、そして昔の彼女の写真がつまったアルバム、この二つは今でもオナニーのネタとしてお世話になっています。

抜ける
投票数:26
面白い
投票数:26
続きが見たい
投票数:30
詳細が見たい
投票数:12
面白くない
投票数:8
内容が雑
投票数:0

ヤリマンのタグを含む体験談

体験談月間ランキング

こちらの体験談の評価をお願いいたします


上へ