Home
メニュー

ヤンキーのせいでヤリマンになった幼馴染み

名無しさんからの投稿
----

高校1年の時の話です。

当時、僕は幼なじみの直美と半分付き合っている様な状態でした。

告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり…。

少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。

家は隣で小中と同じ、成績の良い彼女と同じ高校に進学するために必死で勉強したものです。

誕生日に叔父からプレゼントされた双眼鏡で、受験勉強の合間に屋根裏部屋に昇って彼女の部屋を覗き見していた事もありました…。

直美は結構可愛くて、眼鏡がとてもよく似合う女の子でした。

3回くらい告白された事があるとか、彼女の友達が言っていたのを覚えています。

1回目は小◯生の時、2回目3回目は◯学生の時と。

引っ込み思案な彼女は全てお断りしていたそうですけど。

僕と直美が付き合っていた事を知っている人はあまりいなかったと思います。

5月に入った辺りの事です。

放課後、直美とゲームセンターで遊んでいるとAに声をかけられたのです。

「久しぶりだなぁオイ」

Aは近所に住んでいた素行のよろしくない男でした。

僕より5歳年上で小◯生の時から彼を知っていますが弱い者イジメと暴力が大好きで、僕も何度か被害に遭っていたものです。

しょっちゅう警察のお世話になっていたそうで、今はヤクザだかの下っ端をやっているという噂を耳にしました。

つるつるのスキンヘッド、シャツから覗く肩にはタトゥーが。

そして似た様な雰囲気の男を二人連れています(BとCで)。

「それお前の女?可愛いなぁ」

そう言うとAは慣れ慣れしく彼女の肩に手をかけてきたのです。

僕だってした事ないのに…。

固まっている彼女にA達は名前や年齢を聞いたりしていましたが次第に

「もう交尾してるの?」

だとか

「彼氏のチンポで満足?」

などと、とても聞くに堪えない話をふり出しました。

直美は助けを求めるように僕を見ます。

でも生まれてから一度も喧嘩をした事がなかった僕には

「やめてください」

と言うのが精いっぱいでした…。

その様子を見てA達はしばらくニヤニヤしてました。

しばらくするとAに電話がかかってきました。

どうやらこれから用事があるらしく、彼女とアドレスの交換をして帰ってしまいました、アッサリと。

なんとか僕達は解放されましたが、気まずい雰囲気だったのでそのまま帰宅する事に。

その日の夜は情けないやら腹立たしいやらで、胸がムカムカしてなかなか寝付けませんでした。

その後、彼女は何度もA達から遊びに誘われたそうです。

彼女は全て断っていたらしく、一週間ほどでその誘いも無くなりA達は諦めたのだろうと僕はホッとしました。

押しに弱いと思っていたのに

「やるなぁ」

と。

でも、その辺りから彼女の様子がおかしくなっていったんです。

眼鏡をコンタクトに変えたり、髪を茶色に染めたり、制服のスカートの丈を短くしたり、ピアスを開けたり、肌を焼いたり、時にはタバコの臭いがしたり…。

彼女は

「これくらい普通だよ」

と。

また

「友達と遊びに行くから」

とデートを断られたり、たまに約束を取り付けてもドタキャンされる事もしばしば。

売春をしているだの乱交パーティをしているだの噂されているクラスのヤリマン連中と遊んでいると知った時は流石に驚きました。

たまに学校の外で見かけると、今まで縁のなかった過激な(ビッチ系?ギャル系?)の服装も好むように。

その頃になると、趣味の覗きもやらなくなっていました。

何だか、今の彼女の部屋を見るのが怖くて…。

夏休みも近いある日、何度目かのドタキャンでちょっと頭にきていた僕は、彼女の都合を無視していきなり連絡を入れてみたんです。

どうやらその日も友達と遊んでいるらしく、彼女の周りが非常に騒がしかったのですが、女友達の声に紛れて複数の男の声が聞こえてきました。

僕はてっきり女友達だけと遊んでいるものだとばかり…。

彼女が言うには

「友達の彼氏」

もう少し詳しく聞き出そうとしましたが、ロクに会話もできずに一方的に電話を切られてしまいました。

直後に彼女から携帯で撮った写真が送られてきました。

そこには例のヤリマングループと一緒に写っている直美、そしてあのA達の姿が。

訳が分からなくなりました…。

何で彼女とA達が…。

A達の誘いは断っていたんじゃないのか…?

たまたま出会っただけに違いない、今回が初めてに決まっている等と都合の良い方にばかり考えて誤魔化そうとしました。

その日、思い切って久しぶりに彼女の部屋を覗いてみましたが、結局帰って来ないままでした。

翌日、昨日のドタキャンの穴埋めがしたいと彼女からメールがあり、レジャーランド内にあるプールでデートをする事に。

正直煮え切らないままでしたが、前日の事に探りを入れつつ彼女との仲も元に戻したいという気持ちがありましので。

久しぶりの彼女とのデートですが、直美はほとんど半裸に近い様な格好でした。

今時と言われればそうなのでしょうけど…。

軽く動くだけでミニスカートから下着がチラチラ見えてましたし、チューブトップに包まれた90近くある胸は半分以上露わにしていて…。

更にヘソピアスまでしていました。

二ヶ月前までの彼女とは完全に別人な印象で…。

プールに向かう途中、昨日の出来事をやんわりと聞き出すのに成功しました。

ヤリマングループと遊んでいるところにバッタリA達と会った事、ヤリマングループの内の一人がAの女だった事、話してみると意外と良い人達だったという事を。

僕が

「だったらそう説明してくれれば」

と聞くと、

「余計な心配をかけたくなかった」と。

これ以上聞き出しても空気が悪くなるだけだなぁと思い、それ以上は問い詰めませんでした。

高◯生になって初めて彼女と行くプールでした。

久しぶりの彼女の水着姿を想像…。

でも、そこでとんでもない物を目の当たりにしてしまう事になるんです…。

彼女の水着の好みも僕の知っていた頃のものではなく、布地面積が本当に小さい、マイクロビキニと呼んでいいレベルだったと思います。

処理でもしない限りアソコの毛が見えてしまうであろう深いローライズ。

そんな過激な水着を身につけていました。

でも僕の視線は水着には向いていませんでした。

…直美は腰にタトゥーを入れていたんです(トライバルとか何とか)。

それも結構大きめの…。

ビキニボトムから余裕ではみ出すほどのサイズと言えば伝わるでしょうか。

僕の視線に気づいた直美は

「友達(ヤリマングループ)に勧められて彫ってみたの」

とペロっと舌を出してほほ笑みました。

よく見ると舌にもピアスが…。

何かもう、僕の知ってる直美はいなくなってしまったんだなぁ…と軽い喪失感が。

その後は、何をしたのか何を食べたのか何を話したのか、ほとんど覚えていまえん。

完全にうわの空だったと思います。

その晩、なんとなく彼女の部屋を覗いてみたんです。

何の気なしに、ボーっと。

全裸の彼女がいました。

タトゥーの印象は相変わらず強烈でしたが、それ以上に驚きました。

なんと彼女のアソコはパイパンだったのです…。

誰かと携帯で話しているようで、覗いている僕が言うのもなんですが

「不用心だなぁ」と。

もう片方の手に何か持っているらしく、紫っぽい棒状の物が見え隠れしていました。

それが何なのか、彼女がベッドの上に寝転んで明らかになる事に。

それを股間にあてがったと思うやズブリと。

バイブレーターでした。

僕はもう昼間の事もあって思考停止状態に…。

サイズ的に結構大きめバイブで、当然直美はもう処女ではないのは分りました。

声は届きませんが、口の動きからするとかなり大きな声で喘いでいるようでした。

直美の家は共働きで(ともに法曹関係とか)両親が不在な事も多いので、おそらくその晩も彼女以外誰もいなかったのでしょう。

当然、電話相手にも丸聞こえなので、そういうプレイなんだなと思いました。

もうガッチガチになっていたので抜きました。

何回も。

彼女の下半身にばかり集中していましたが、胸に、乳首の辺りにチラチラと写るものが目に入ったんです。

その時はあまり良く見えませんでしたが、後に乳首ピアスだと知る事に。

それから2時間くらいオナってました、お互いに…。

次の日、僕はどんな顔をして彼女に接すれば良いのか分りませんでした。

彼女の方はいつもと変わりませんでしたが。

僕は多分、一度も彼女と目を合せていなかったと思います。

終業式を終え夏休みに入り夏期講習が始まるのですが、一週間経っても彼女は姿を見せませんでした。

成績も良く、こういった事には必ず取り組んでいた彼女がです。

メールをしてみても

「忙しいから…」

と。

その頃になると、僕は彼女と少し距離を置くようになっていました。

8月に入った頃、講習の帰りにクラスメートとゲームセンターで息抜きをした帰り、偶然、直美がA達と一緒に居酒屋から出てくる所を目撃しました。

向こうはコチラに気付いていないらしく、僕は友達に別れを告げてそのまま彼女達を尾行する事にしたのです。

AとBに挟まれる形で彼女が歩き、腰や肩をベタベタ触られながら笑い話をしているようでした。

その内彼女達は繁華街を抜け、住宅街の方へ向かって行きます。

人気も無くなり、尾行するのが困難になってきましたが、運良く日が落ち何とかバレずに尾行を続ける事ができました。

辿り着いた先は一軒のアパートでした。

おそらくA・B・Cの内の誰かの住まいでしょう。

流石に家に入られるとこちらとしてもこれ以上どうしようもないのですが、何とか部屋の中を確認できないものかと周りをウロウロしていました。

時間も時間なので近所の住人に通報されるかも、とビクビクしていましたが。

思い切ってベランダ側に廻り込むと、どうやら狭いながらも子供1人通れるようなスペースが開いているようで、直美達が入っていった部屋をもう一度玄関で確認し、ベランダ側の通路に潜り込む事に。

埃や汚れが酷いうえにとても狭かったのですが、何とか目的の部屋のベランダに到達できました。

エアコンの室外機にしがみつく格好になった後に気付きました。

冷房付けたらコレ熱くなるよな、マズイよな…と。

その部屋だけ明かりが付いていて、中の様子を窺ってみると、窓を全開にし網戸にしているらしく、エアコンは使用していない事が分かり安堵しました。

首が痛くなる角度でそ〜っと部屋の中を覗いてみると、そこには一番想像したくなかった光景が…。

直美がベッドで横になり男達の前で裸を晒していました。

隣でへばりついているAとCが彼女の太ももを掴んでM字開脚状態に。

彼女が照れ臭そうにA達に笑顔を振りまいてる傍で、Bがビデオカメラで撮影していました。

彼女はカメラに向かってピースしています。

Aが顔を引き寄せキスを迫ると、彼女は僕にも見せた事がないいやらしい笑顔でそれに応えます。

ベランダの僕と室内のA達とは2メートルも離れていないので、その生々しいキスの音がしっかり耳に響いて…。

5分間はディープキスをしていたと思います。

しばらくするとAが唇を離し、口の中をモゴモゴさせ溜めに溜めた唾をどろりと垂らすと、彼女はそれをしっかりと口全体で受け止め本当に美味しそうにゴクリゴクリと飲み干します。

次はCとのキス。

クッチュクッチュと激しく音を鳴らしネットリと唾液交換を行い、彼女は

「んふんっんふっ」

とくぐもった声で呻き、それをまた美味しそうに飲み下します。

AVとか洋画の中でしか見た事のないような濃いディープキスをその後も、AとC相手に交互に繰り返し繰り返し…。

ひょっとしたら直美のファーストキスはこいつらの内の誰かだったのかな…と思いました。

Cが彼女の大きな胸を揉みます。

その乳首にピアスが付いているのが見えました。

やっぱりピアスだったんだ、と。

Aが彼女のアソコをいじっているらしく、彼女が

「あっ…あぁっ!」

と喘ぎ声を上げます。

Bの頭が邪魔で彼女のアソコが良く見えなかったのですが、カメラの位置を変えると同時にBが移動し、Aが局部を広げているのが見えました。

A:「マ○コピアスも安定したっぽいな〜」

直美:「んっ…恥ずかしい…です…!」

C:「次はクリトリスに開けようぜ」

なんとなく予想していましたが、そこにもピアッシングが施されていました。

両ラビアに左右一つずつ…。

本当に彼女は遠い所に行ってしまった気がしました。

でもそれだけじゃなかったんです…。

パイパンだったアソコには毛が生え揃っていましたが、よ〜く見てみるとそれは違ったんです。

B:「マジでさぁマ○コのタトゥーもっとでかくしようぜ、腰のもよぉ」

タトゥーが彫られていたんです、毛があるハズの部分に。

時期的に僕が彼女と最後にデートした後に彫りに行ったんでしょうね。

彼女の耳を舐めながらAが

「洋物でケツ穴の周りにタトゥー入れてる女優いんだけどよ、直美も入れてみようぜ?絶対似合うからよ」

C:「おぉいいじゃん、肛門タトゥー!」

直美:「…はい、Aさん達が言うなら…」

B:「マジで!?おっしゃ!」

そこのタトゥーのデザインはサイズがサイズなので遠目でちょっと分かりにくかったんですが、Aの肩のタトゥーのデザインと似ていた気がします。

直美が四つん這いになってA達を迎え入れます。

当然、コンドームなんか付けずに…。

最初に彼女に入れたのはA。

Bから受け取ったカメラ片手にバックからハメ撮りしているようでした。

「あ!あぁっ!あんっ!」

とかなり大きな声で喘ぎを洩らします。

窓も開けてるし、近所に丸聞こえだろうなぁ…。

Bが彼女の前に仁王立ちになり咥えさせます。

後ろからAに突かれているせいか、何度か口から飛び出していましたがBが彼女の頭をしっかりと掴んでイラマチオ状態で腰を動かします。

Cは彼女とベッドの間に潜り込み、乳首ピアスを引っ張ったり舐めたり弄んでいます。

Aが

「どうだ、気持ち良いか直美?」

と聞くと、Bのモノを咥えながらも

「うんうん」

と何度も頷きます。

Bの動きが小刻みになり

「出すぞ!」

と口からモノを引き抜いた瞬間、射精が始まり彼女の顔をビュルビュルと汚していきます。

チラ見えした彼女の表情はウットリとしていました。

B:「マジこいつの口マンコ最高だわ」

高校時代のタグを含む体験談

体験談月間ランキング

こちらの体験談の評価をお願いいたします


上へ