Home
メニュー

M先輩が旅行に行っている間、H先輩とした話

名無しさんからの投稿
----

前回の話:学校でM先輩とヤッているところを先輩の友達に見られた

前回、M先輩とH先輩とヤッテから数週間後M先輩は家族で旅行に出かけてしまった。

「お土産買ってくるから楽しみにしててね」

との事だった。

特にすることなく家でスマホをいじっていると、H先輩から連絡が入った。

「突然だけど、これから会えない?頼みたいことあって」

俺はOKの返事を出すとH先輩の家に向かった。

「ごめんね、急に呼び出しちゃって」

「大丈夫っすよ、どーせ暇してたから。ところで用ってなんですか?」

「頼みにくいことなんだけど、、またしてくれない?こないだみたいに、今日は私だけだから、、」

なんとなく察しはついていたが案の定だった。

「一応、彼女いるんすけどw」

「Mなら旅行でしょ?それに許可は取ってあるから」

(いくら何でも準備よすぎでしょ)

「こんな真っ昼間からってのもあれだし、ひとまずデートでもしますか?」

「え?いいの??じゃあ、準備してくるから待っててねー!」

と、元気に駆けていった。

少し待つとH先輩が家から出てきた。

Tシャツに少し短めのスカート、H先輩は足が細いからよく似合ってた。

「可愛いっすね、いつもより」

「も、もう///早く行こ?」

「ほんとかわいい人だな」

「ん?なにか言った?」

などとくだらないやり取りしながらこの日のデートは始まった。

まぁ、少ししたら悪戯するけど俺とH先輩は近くのショッピング・センターに向かった。

二人で歩きながら話してるとあることが気になった。

「先輩、流石に今日は上下してきてるでしょ?」

「うん、、当たり前じゃんw」

「じゃあ、少しこっち来て?」

俺はH先輩をひと目につかないとこに連れて行った。

「少しスカートをめくって?ここならひと目につかないだろうから」

「え///ここで??」

H先輩はそう言いながらもスカートをめくった。

H先輩の下着は黒色で少し大人な感じだった。

俺はH先輩の下着を少しずらすと遠隔性のローターを入れた。

「あっ、、、」

入れた瞬間、H先輩からエッチな声が漏れた。

「もうおろしていいよ?」

「なにこれ?なんか変な感じする、、出したい」

H先輩が下に手を伸ばした瞬間俺はローターのスイッチを強にした。

「え、、あぁ、、、なに、、えっ、、んんっ、、」

「出そうとするとこうするからね?」

「わ、、わかったから、、んん、、あっ、、、と、、止めて、、、あぁ、、、」

俺はスイッチを切った。

「はぁ、、はぁ、、人前ではつけないでね、」

俺はそう頼まれたからなるべく人前ではつけないようにしたが、時々スイッチを入れると

「あっ、、、ぁぁ、、んっ、、」

とかすかに声を漏らしていた。

しばらく遊んで飽きたので帰ることにした。

帰り道、ずっと弱で電源を入れていた。

H先輩は歩き方がぎこちなく、時々止まったりしていた。

「こーゆーの興奮するでしょ?」

俺はそう言いながら、H先輩のパンツに触れた、下着はグショグショになっていてた。

「結構興奮してるんじゃん」

「◯◯のバカ、こんなことするからじゃん」

俺はその言葉を聞き電源を強にした。

「あっ、、、んん、、あぁぁ、、、、あっ、、あぁん、、ちょ、、だめ、、、いま、、は、、ダメだって、、んんっ」

「何がダメなの??気持ちいんでしょ?」

「そ、、んんっ、、そうだけ、、ど、、、ダメなの、、漏れちゃう、、、あぁぁ、、、、」

「さっき生意気いうからだよ?イクまで止めないからw」

「あぁん、、あぁぁ、、、、んんっはぁん、、っんん、、あぁん、、ほんと、、漏れちゃう、、、あっ、、ああん」

あいにく今通ってる道は人がほとんど通ることないから、H先輩がいくら声だしても心配なかった。

「あぁぁ、、、、だめ、、もう、、イキ、、そう、、んんっ、、漏れるぅ、、あっ、、あぁん、、あっ、、、あっ、あぁぁ、、、、あぁぁぁ〜」

H先輩が身体をビクビクさせるとその綺麗な足を液体が流れた。

その量は徐々に増えていき、終いにはびちゃびちゃ音を立てて下に、あふれ出した。

「あっ、、、ぁぁ、、漏らしちゃった、、、」

よく見るとH先輩は涙目になってた。

「あ、、ごめん、、、やりすぎたかな?」

「大丈夫、、、けど、、外ではあまりこんなことさせないでね、、漏らしてるとこらなんか、◯◯以外に見られたくないから」

俺とH先輩はそのまま家に向かった。

H先輩の部屋に上がると

「シャワー浴びてくるから待ってて」

と言われたためスマホをいじって待ってた。

少しするとH先輩がタオル一枚を巻いて出てきた。

「H先輩、相変わらずエロいねwwタオルとって?」

H先輩は言われるままにタオルを取り俺の前で恥じらってた。

「ねぇ、、◯◯の咥えたい、、」

H先輩にそう言われたためおれはパンツとズボンを脱いだ。

H先輩は早速加えてきてフェラを始めた。

「んっ、、、チュッ、、んんっ、、はぁ、、」

「H先輩、ローターを入れながらして?そのほうが興奮するでしょ?」

「分かった、、」

H先輩はローターを自分のマンコに入れるとフェラを再開した。

俺はひとまず弱で電源を入れた。

「んんっ、、あっ、、、チュッ、、あぁ、、」

俺は徐々に強さを上げていき、MAXまでもっていった。

H先輩はしばらくは咥えていたが我慢できなくなり口を離した。

「んんっ、、あっ、、あんっ、、あぁぁ、、、ああ、、ずるい、、って、、いまは、、、、、また、、漏れちゃう、、出ちゃ、、、、いそう、、んんっ、、んんっ、、あっ、、んー、、だめ、、、もう、、出る、あっ、、、ぁぁ、、あっ、、あんっ、、ああああ〜!」

H先輩は小刻みに震えだしたそしてまたお漏らしをした。

H先輩の下には大きなシミができていた。

「はぁ、、はぁ、、また、、漏らしちゃった、、、」

H先輩はしばらく放心状態になっていた、が急に俺のを咥えると激しくフェラをしはじめた。

「チュッ、、んんっ、、ジュル、、チュッ、、チュパんー、、」

あまりにも強かったのですぐ射精感がこみ上げてきた、そしてH先輩の口の中に大量の精液をぶちまけた。

H先輩は最後まで精液を絞り出しのみ込んだ。

すると、急に俺の亀頭をこすりはじめた。

俺は今まで味わったことのない感覚が襲いただ、悶えるしかなかった。

すぐ射精感に似たものがこみ上げたかと思うと、いきなり潮のようなものを吹き出した。

しかも、結構な量が出た。

「わぁー、ほんとに吹いたー!」

クンニのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング