Home
メニュー

本当に普通のおばさん

今から5年前に在籍していた会社の話です。

当時の僕は某出版会社の下請けとして昼夜問わず働いていました。

忙しい時はそれこそ会社で寝泊まりなんて当たり前でした。

特に給料が良い訳ではなく、労働条件も良くはなかったのですが会社の雰囲気だけは

抜群によかったから頑張って働いていたんです。

小さな会社だったので従業員は僕を含めて6人でした。

その中でパートで来ていたタカノさん(仮名)と関係を持ったんです。

タカノさんは当時52歳だったと思います。

タカノさんは4年前にご主人さんをなくされていたんです。

どこにでもいるようなごく普通のおばさんです。

スタイルが良いわけでもない、顔が綺麗でもカワイイ事もなかったんです。

その辺にいるおばさんのぽっちゃり体型です。

ただ、性格はものすごく優しくて、とても気がきく方でした。

その日は珍しく落ち着いていた日でもあり、社長と専務は打ち合わせに出ていて、他の先輩達も納品に出かけたりしていて、事務所にいたのが僕とタカノさんだけだったんです。

先輩からの指示で地下室にある資料を纏めておいてくれとのことだったので1人地下室へ。

しかし、探しても探しても見つからなかったんです。

仕方なくタカノさんに聞いてみると、一緒に探してあげると言ってくれました。

5分くらい一緒に探していて、ふとタカノさんを見るとおもいっきりスカートを広げてパンツが

丸見えでした。

一瞬ドキッとしましたが、僕の視線に気づいていないようなのでもう少し見る事に。

よく見ると、ベージュのストッキングの下に光沢のある水色のパンティーをはいていたんです。

「タカノさんも女なんだなぁ」

と考えていたらタカノさんがこっちを向いたので驚きながら探すふりをしたんです。

「ん?どうかしたの?」

とタカノさんが僕に聞いてきました。

少し顔が赤くなりましたが

「いえ・・・なにもないですよ」

と答えました。

それからもお互い探していて、暫くするとタカノさんが

「あーあったあった」

「田中君(僕仮名)あったよアソ\コの棚の上にあったよ」

「ありがとうございます助かりました」

「取ってあげるから、その脚立支えていてね」

そうタカノさんが言ったので脚立を支える事に。

何気なくタカノさんを見上げると、私の目に入ってきたのがタカノさんの下着でした。

「Tバックじゃん・・・」

思わず口に出してしまい、慌てましたがタカノさんには聞こえていませんでした。

「はいこれね見つかってよかったね」

「さっきからどうかしたの?顔が少し赤いけど熱でもある?」

と聞いてきたんですが、まさかTバックを見て興奮しましたなんていえませんでした。

しかし、なんてことない普通のおばさんがTバックを穿いているのを見て内心はどうにかしたいと考えていました。

1階に戻り、今まで通りに業務をこなしていたんですが、どうにも頭からタカノさんのTバックが離れない。

どうにかしたいけど、どうにもできない状態で悶々としていたんですが、タカノさんが不意に

「あちゃ〜しまったぁ」

と呟いたんです。

「タカノさんどうかしました?」

「ん?ああ、さっきね地下室へ行った時に発注書を置いてきたみたい」

「じゃあ僕が取ってきますよ」

「いいよ田中君は仕事していて」

「じゃあ一緒にいきますか?」

「うふいいわよ1人だと怖いしね(笑)」

と願ってもない状況になりました。


再び地下室へ行き、発注書を探したんですが、僕はタカノさんのお尻を見るばかり。

「田中君、悪いけどもう一回脚立を支えてくれる?」

と言われその通りに行動しました。

再び同じ状況になり、脚立を支えます。

AVとかならバランスを崩してその後・・・みたいな展開になるんですが、実際にそんな事になったらお互いが怪我をしてしまいますからね。

ムチムチした太もも。

大きなお尻。

そんな事をしてはいけない自分と今すぐにでもしたい自分が居ました。

タカノさんがありがとうと言いながら、脚立から降りてきました。

何気なくタカノさんへ手を差し伸べると、僕の手を握ってゆっくりと降りてきました。

タカノさんの少し荒れた手に触れると、もう駄目でした。

降りたにも関わらず手を離さない僕と少し戸惑うタカノさん。

「どうかし・・・・」

タカノさんが言いかけた時に僕はタカノさんを抱き締めました。

「ちょっちょっと田中君・・・何してるのよだめだってば」

「ごめんなさいもう少しこのままで居させてください」

「ダメだよ・・・人が来たらまずいから・・・ぁあ」

僕はタカノさんの首筋にキスをしました。

吸いついたり、舌を這いずりまわしたり・・・タカノさんの首筋は僕の唾液まみれになったんですが、おかまいなしに続けました。

「たっ田中君・・どうしたの・・・ぁだっダメよ」

「人が・・・来たら・・・ぁぁまずいから・・・ぁん」

聞こえないふりをして、今度は首筋から耳へ舌を這わせ、タカノさんの胸を触り始めました。

「んっんっ・・・ダっダメ・・・お願い、田中君やめてぇ」

タカノさんは言い続けましたが無視をして続けます。

「イヤだ・・・ァんァァん・・・お・お願い・・・だから」

「んんんん」

今度はタカノさんの口にキスをして舌も入れました。

初めのうちは全然だったのですが、暫くするとぎこちなく舌を絡ませてきました。

タカノさんの服の中に手を入れ、ブラの上からおっぱいを触り、さらに激しくキスをしたんです。

それから、背中に手を回しブラのホックを外し直接おっぱいを触りました。

「ぁ・ぁ・ぃやだ・・・ぁぁダメよ」

と小さな声で僕に囁くタカノさん。

余計に興奮してきて、今度は乳首を摘まみました。

乳首は既に固くなっていたんです。

観念したわけじゃないんでしょうが、タカノさんも僕の背中へ手を回しキスも少し激しくなってきたんです。

半ば強引に押し倒し、タカノさんが着ていたシャツを脱がせようとボタンを1つづつはずしました。

「ダメ・・・恥ずかしいから・・・お願い」

タカノさんの懇願も無視をして全てのボタンをはずしました。

僕の目の前には、少し出たお腹と割と大きなおっぱいと黒くなった乳首が現れたんです。

無我夢中でタカノさんのおっぱいに吸いつきました。

乳首を舐め、たまに噛んだりすると

「あああ・・・ダメダメ・・ぁぁん・・・ぁぁん」

「たっ田中君だめよ今なら誰にも言わないからやめてねっ」

「タカノさん・・・ごめんなさい」

「でもどうしてもタカノさんを抱きたいんです」

「え!?ちょっそこはダメ!お願い!」

僕はタカノさんのスカートの中に手を入れストッキングを破りパンツの上からオマンコを触りはじめました。

既にグチョグチョになっていたタカノさんのオマンコ。

「タカノさんのオマンコ、すごいイヤらしいですよ」


精飲を含む他の体験談

デリへルで働くのでその前に練習がしたいという人妻
小6の時に17歳の女子高生3人のおっぱいを揉む機会が巡ってきた
中学校の頃にペッティングした同級生と再会
姉と行った沖縄旅行で恋人らしい事をお願いしてみた
小学生の時からおっぱいの大きかったキョウコとの移り変わり
バイト先のスポーツジムで知り合ったおっぱいの大きい32歳女性
中学時代、沢山の男達に輪姦され続けた
彼女と喧嘩別れして4ヶ月後に復縁したけど
中学の時代、クラスの女子ほぼ全員に精液飲ませるのに成功した
彼女がヤリチン先輩に…
【寝取らせ】ゴミ箱の中に見たことのない薬のゴミを見つけた
ガソリンスタンドでバイトしてたら凄く綺麗なお姉さんと仲良くなった


上へ