Home
メニュー

女子高生に痴漢出来た最高の日

あの後俺はその子にもう一度会ってしまった、同じ部屋で働いていたからだった俺はもうダメだと本気で思った。

だけどその子は酔いが酷かったので全く覚えていないようだった。

普通に

「おはようございます」

と言ってきた。

良かった、本当に良かったと胸を撫で下ろした。

そして最後の仕事の日になった、俺はもう一度中出しした女子高生に痴漢したかった、だから毎日探したが見つからなかった。

半ば諦めてるとあの女子高生がいた、しかし各駅停車の女性専用車両の列に並んでいた。

ただ運が良かったのは列が反対側の方まで伸びている上快速の方が速く来て、しかも女子高生は快速の列に重なり気味だった。

だから俺はかなり強引だが女子高生を見づらいようにお腹を持って列車に引きずり込んだ。

女子高生も驚いてはいたが周りに仲間らしき人が手助けしてくれたから簡単に押し込めた。

前と同じように席の無い窓の横に引き込むとぴったり密着して逃げられないようにした。

満員を超えるような人が入るとさすがに逃げる事は出来なくなった。

しかも今回は正面から痴漢が出来たので顔を観察しながら出来た。

女子高生が脅えているのははっきりわかった、その上抵抗もあまりしないと前回で分かっていた為、中出しは感じてからすれば問題ないと俺は思った。

仲間は周りに7人くらいで、俺含めて3人くらいが触っていた。

今回はペースが速かった、女子高生の体を仲間の3人くらいで触っていたら一駅もせずパンツを下ろして手でマンコの中身を堪能した、女子高生は正面を向いていた為俺は女子高生にずっとディープキスをした状態でいた。

周りはあまり聞こえていないようだったが、俺は直接口を通じて

「う、う、う、いや、、、い、うう」

という声がはっきり聞こえていた。

それと同時に感じているような声も出始めていた。

俺は息子の調子が上がってきた為、女子高生のパンツを足から落とし少し開かせた。

すでに女子高生は感じ始めていた為、いけると思いそのまま挿入をした、

「あう!いや、いや!やだ、やめ、て、やあ!」

女子高生は結構大きい声を出したように聞こえたが周りにはそうでもないようだった。

俺はその後ピストン運動をし始めた今度は全方位守られてるから結構激しくしても大丈夫だった、女子高生は

「あ、あ、あ、あ、あ、いやあ」

と言うばかりだった、ディープキスした状態では実際声はほとんどもれてなかったんだと思う。

周りも大して気にしたいなかったようだし。

俺は射精感が強くなってきた、速くすると女子高生が

「いや、いや、いや、いや」

と言い始めた、察しはつくみたいだがどうにもならない体制ではどうにもならなかった、俺は根元までしっかり入れて中出ししてやった。

「いやあ!あん!あん!やめ、て、あ、あ、あ、あ、あ」

口を通じて俺にははっきりとこう聞こえた。

当然まだまだ時間はあった為二度目の射精の準備に入った、女子高生は一回出されて涙がぼろぼろ出ていたが、二度目のピストン運動を始めると怖がった顔に戻った、その顔に俺は余計に興奮してさらに強く突いた。

「いや、や、や、あ、あ、あ」

と声を出していた、明らかに感じてきている状態だった。

俺はますます興奮して射精感がますます強くなってきた。

しかし今度は長くしてから出したかった為我慢してしばらく突き続けた。

女子高生はだんだん力が無くなってきたのか俺に体を抱えてもらっていた、周りの仲間も遠慮なく触っている為女子高生は感じ過ぎてよく分からなくなっていたのかもしれない。

ただそれでも怖がっていたのは顔に出ていたから良くわかった。

その怖がった顔と強いピストン運動でついに息子が限界に来たので、俺は根元までしっかり入れて思いっきり射精した。

女子高生は

「あう!、いや!、いや、いゃ、あ、、あ、あ、あ」

と言っていた。

正直本気で気持ちが良かった。

女子高生もイッたみたいで体がビク、ビクとしてた。

まだ駅は三つあったがかなり出た為もう一回やれるかどうか微妙だったがとりあえずもう一回やる事にした。

女子高生はもう力が完全に抜けていた、だから俺が完全に抱えている体制だった、もう一度腰を振り始めると女子高生は観念したのか、それともイッて気持ちよくなったのか自分から俺のしやすいように体勢を変えてくれた。

それがまた気持ち良くて好きなように突かせてくれるからどんどん射精感が強くなってきた。

俺は降りる駅が近づいていた為ベットで押し倒しているかのように強く突いた。


女子高生も

「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ」

と気持ち良さそうな声を上げた。

俺は息子が出せる体制が整った感じがした為、今までで一番深く突いてそこでイッた。

「あん、あん、あん、あ、あ、あ、あああ」

女子高生も気持ち良さそうな声が口の中からきこえた。

駅に着くと俺はまたパンツと今度はブラも取って降りた、するとドアを降りたとたん急に電車の中から

「わああああああああん」

という女の子の声が聞こえた。

振り向くとさっきの女子高生が思いっきり泣いていた、あれだけ感じていた子がまさかこんなに速く泣くとは思っていなかったから俺は急いで逃げた。

その後何とか無事に実家に帰ってきた。

ただあれだけ女の子に中出しするとまたしたくなるので帰ってきてすぐに彼女に無断で出しました。

怒られましたが何度もしているうちに許してくれました、女ってよくわからない、あれだけ嫌がっていた中出しを何度もすると

「いいよ」

言うからホントよくわからん。

抜ける!
投票数:2
面白い!
投票数:0
続きが見たい!
投票数:1
面白くない
投票数:4
読みにくい
投票数:1

泥酔を含む他の体験談

酔っ払ったスケベな姉
酔い潰れた妻が公園でイタズラされている所を目撃
電車内でゲロった泥酔女性を介抱した
以前から目をつけていた後輩が酔い潰れたので
黙ってると可愛いと評判の後輩が酔いつぶれたので家に連れ帰った
職場の仲良し組と新年会して妻が
妻の留守中に新入社員とヤリました
【寝取られ】自分が酔い潰れてる間にサークルOBに輪姦された彼女
【睡姦】職場の打ち上げでめっちゃ酔っ払った先輩を家まで送ってった
以前から狙っていた美人の同僚を酔わせて…
昔自分を虐めてた同級生のヤンキー女をレイプした
【お勧め】挑発的で生意気な目つきをした、物凄く美人でスタイル抜群な女性

女子高生を含む他の画像集

パンツ脱ぎかけの女子高生画像
JKの太もも・パンチラ画像
厳選したJKのけしからん太もも画像
薄着な夏服のJK達
【エロ含む】ヤリたくなるJK画像
JKギャル達のエロプリクラ
段々とムラムラしてくる画像
JK制服を着た子とヤッてる画像
最近の外国の女子高生達
見掛けたら思わず覗き込みたくJKのミニスカ
見たらドキッとするJKのパンチラ
電車の中の絶対領域写真



上へ